2007年12月 6日 (木)

東京

風に手指をかばう
待つとも待たないともいえぬ朝まだき
冷え切った空気が
空高くから透明に降りて
ちいさな公園の
遊具に残る最後のぬくもりを絶やす
ほぅ、と湿った息を吐く


団地の側面上部に凍える
番地表記の数字を
低い陽射しがゆっくり
ゆっくりと撫でる
融かしていく
暖色の白
どこかで鳥はみつめる


ゆうべりんごをむいたら
蜜がたっぷりだったよ
毎晩 死んで
毎朝 生きる
とても正しいと思う
そんなことも たしかに
あった気がする


滲ませてしまおう ラインなど
いくつもの
忘れられないものごとで
この体はできている
眠れない夜のあいだに
凝り固まった背中を
眼から
耳から ゆるめて


冷たく真新しい空気は
胸の途中までしか吸えず
血のかよわない指先までは届かない
遠く かすかに電車の音が聴こえる
額やこめかみで
脈打ちつづける記憶
早朝の陽射しをあびて
黄金色に輝く木々の
どこかで鳥がさえずり
わたしは暖かく湿った息を吐いて
忘れていたものごとを
ほんのすこし 思い出す


そういうふうにできている
たぶん
それでもいいのだと思う


Kibana_cosmos
Cosmos

++++++++

8月に撮った黄花秋桜(きばなこすもす)と、10月に撮った秋桜。
cosmosはギリシャ語で 「秩序、飾り、美しい」という意味だそうで、星が綺麗に揃う宇宙を、花びらが整然と並ぶこの花を、ともにcosmosと☆

黄花のほうも可愛らしいなぁ。ほかに橙色や朱赤色もあるとか。普通の秋桜のほうも、色味は濃い紅色から淡い黄色までさまざま。チョコレート色でしかもチョコレートの香りがする、その名も”チョコレートコスモス”なんて種類もあるそうです。嗅いでみたい…。

花言葉は「繊細な愛(黄花)、美麗、調和、愛情、乙女の純潔、真心」。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月16日 (金)

がんばって…!

シム監督、助かってほしい。一命をとりとめてほしい。どうかどうか。回復を祈っています。

Ageratum

アゲラタム。別名”郭公薊(かっこうあざみ)”。撮影は8月です。

暮れ始めた時間帯に写したので、ちょっと色味が実際と違うかも。明るいラベンダー色でした。色は白、ピンク、濃紫などもあるみたい。小さい花がふわふわっと。
別名は、葉が郭公に、花が薊に似ているからだそうです。

花言葉は「楽しい日々、幸せを得る、信頼」。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年11月11日 (日)

紫雲

こしの未来から
この腕の中へ
孕みきれずに通り抜ける風
逡巡の末に口をついた言葉は
よるべなく
冷えた石畳へ滲み込んでいく
たった十五センチの命


声が 風にのるのは
あとすこし
空気が澄んでからのこと
知らぬ間にしなやかに射抜かれた
僅かな胸の血で木の葉は紅く染まり
一枚ずつ色づいて
それもまた
ひらひら、と風に舞う

そのいさぎよさが欲しい


ふたりになる
ことで
いつしか色彩を帯びはじめた孤独
一秒とて同じ色はない
日暮れの空の低いところに
飲み込んだため息のような
うすい半月が
放たれて


はるか遠く あるいは近く
紫にたゆたう雲
その下に降る雨は
永らえた なけなしの冷静に似て
視界の隅に 執拗に馴れ親しみ
見送りつづけてきた時間の発露


とても静かな
とどまる景色のはずれで

濃縮されたしずくが滴り落ちる

草木の、アスファルトの、灯りの、その気配の、


燃え残る夕日に透けた
ちぎれた胸の
今はない輪郭を見ている
流れてしまった半身のわたし
浮かび上がるもう片方の影が
いずれ降りつもる宵闇にとけて
思うだけは自在でいさせて、と
ただそれだけを
口にする間さえもたないとしても



Torenia4
Torenia3
Torenia2
Torenia5

++++++++

あー、気がつけば今年も残すところ1ヶ月半 (゚o゚☆) ナント! あんまり体調もすぐれず、ぼちぼちいくしかないようです。
べつにね、いーんだよね、大富豪になりたいわけじゃなし。人に崇められるような名誉を特に得たいわけでもなし。

8月に撮影したトレニア。別名は”夏菫(なつすみれ)”とか”花瓜草(はなうりくさ)”。可愛い花。去年も今年も何枚も撮っちゃいました。
花言葉は「温和、可憐、愛嬌」。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月24日 (月)

暑さ寒さも彼岸まで

いぶ涼しく過ごしやすい気温になってきました。朝晩は特に。ということで早速風邪気味です。ノドやられたー(>_<) けど梨が旨い♫ 今日も午後はちょっと蒸したけど、ときどき降る雨ですぐに解消。いよいよセミの声が終わり、徐々に虫の音のほうが勝ってくる頃ですね。

さて、今日は千日紅(せんにちこう)を。

長い時期咲き続けることと、長く色褪せない為によくドライフラワーで使われることがその名の由来とか。
別名”ゴンフレナ”。色は白、薄桃、紫、朱など。”ストロベリー・フィールド”なんていう可愛い名前の園芸種もあるそうです。そういえばイチゴっぽい♥

花言葉は「不屈、不朽、変わらぬ愛、終わりのない友情」。

Sennichiko

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007年9月20日 (木)

主演オーランド・ブルーム♡

帯機種変しました。auのW52P、色はジュエルゴールド☆ もう夏割は終わっちゃってたけど、ポイント使って3,000円ちょっとでした。
カメラ機能が高いCASIOのEXILIMケータイとぎりぎりまで迷った。うーん、でもまぁ総合的な雰囲気がとにかく好みでW52Pに軍配が。

これ、キーの部分がシームレスっていうんですか? 普通にひとつひとつのボタンを組み込んであるんじゃなくて、ボタンの骨組みの上を柔らかい素材のシートが全面的に覆っているんです。つまり、ボタンの隙間にほこりとかが入っちゃうこともなく、清潔に使えそうでとても好印象♫

おサイフケータイ機能も付いているけど、使わないからロックしちゃった。万一、失くしたりしたら怖いし。メインディスプレイはワイド壁紙のサイズ(240×400)。

まだ新しい機種で花を撮りに行ってはいません。夕焼け空は撮ってみたんだ。そして画像変換でいろいろ遊んだり。まぁとりあえず、まずはmicroSDに好きな音楽落として楽しんでます。

音楽といえば! 今流れてる
資生堂unoのCM
オーリー可愛いですなぁ♥ やっぱり短髪がイイ。懐かしい "Ai No Corrida"unoバージョンの着うた、資生堂のサイトからDLしちゃいましたよ。
♪Ai No Corrida ~ の箇所が ♪uno I need it ~ になってるやつ。サイトではCMのロングバージョンも視聴できます。オーリーの甘いマスクと、意外に下手なウィンクを堪能 (^.-)☆

着うたDLは今日9/20までの期間限定! チェケラ!

++++++++

さて本日は、今年も登場クレオメです。

別名は”西洋風蝶草(せいようふうちょうそう)”とか”酔蝶花(すいちょうか)”、”針風蝶草(はりふうちょうそう)”、ほかには”スパイダーフラワー”なんてのもあるそうです。
針のように長いのはおしべだって。見かけると絶対写したくなる容姿ですねー✿ 

花言葉は「あなたの容姿に酔う、小さな愛、舞姫」。

Cleome1
Cleome2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月17日 (月)

よさこいの友

休はの~んびり。友人とご飯食べたり。
親子で”よさこい”にハマっている友人がいて、「こないだ3位入賞したの♥」
って言ってた。規模がよくわかんないけど、とにかくスゴイじゃん!

本場・高知から全国に広まった”よさこい”は、今あちこちで密かなブーム
という記事を、最近新聞で読みました。
うちの近くの商店街の広場でもたま~にやってる。
何がキッカケで”よさこい”を始めたのか、訊いてみたことはないんですが
まぁなんでも楽しんで取り組める趣味があるっていいですよね。
ましてや親子揃って、なんて。

あーそれにしても、もはや週休3日がスタンダードでいいんじゃないかと
思う今日この頃。

++++++++

さて、今日は夾竹桃(きょうちくとう)を。

一重咲きと八重咲きのものがありました。鮮やかなピンク色☆
公害などに強いそうで、よく街路樹として植えられています。
色は白もあるみたいだけど、見たことないなー。
葉が竹に似て、花が桃に似ていることからこの名がついたとか。

綺麗な花だけど、なかなかどうして有毒だそうです。
だからかな、花言葉は「友情、恵まれた人、用心、油断大敵」。

Kyochikuto1
Kyochikuto2
Kyochikuto5

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月 7日 (金)

台風上陸

やぁ~台風直撃。雨風がすごくて、ほとんど傘差してる意味がない。
びしょぬれだわ、傘はおちょこになっちゃうわ。
こういうときはダメになってもいいビニ傘にすべきでした。
直撃って東京はあんまりないから、ちょっと怖いくらいです。

まっすぐ帰ってきたけど、駅前のバス乗り場は長蛇の長蛇の長蛇の列で
タクシー乗り場も長蛇の長蛇の長蛇の列、さらにはマイカーのお迎えが
長蛇の長蛇の長蛇の列で (しつこい)。

明日電車止まっちゃえばいいのにぃー!

++++++++

さて、今日は悪茄子(わるなすび)です。

なんかヒドイ名前ですけど…繁殖力がとても強く、おまけに葉や茎に
トゲがあることからこんな名がついたらしい。
茄子の花に似てるんだそうです。別名も”鬼茄子(おになすび)”。
…NOVAウサギに見えるのは私だけでしょうか。

花言葉は「悪戯(いたずら)」。

Warunasubi

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月 5日 (水)

屋久島の森

曜夜の 『世界遺産』を録画しておいた。
今回は、2週に渡る屋久島特集の第1弾。
だ~いすきな屋久島とあっては、こりゃ見ないわけには。
この番組、余分な演出とか一切なくて見やすいよねぇ♥

屋久島は暖かい黒潮の海域と高い山々を抱き
なんと亜熱帯~亜寒帯に及ぶ気候と植物分布が見られる
とても珍しい場所だそうです。
海の水温は夏場は30℃にもなるんだって! 暑っ!
一方、山々の頂は雲に隠れて見えず、雪が積もる。
すごいところだね。作ろうったって作れないよ、人工的には。

動物にも屋久島の固有種が多い。ヤクシカ、ヤクザルなど。
さらに 「月に35日雨が降る」と言われるほどの多雨。
年間降水量は全国平均の5倍だとか。
もののけ姫の森はほとんど常に潤っているわけだ。

翁杉、大王杉など、樹齢1000年以上の杉を屋久杉といい
荘厳な巨木には、それぞれ個別の名前がついていたりします。
ほかには、弥生杉、夫婦杉、紀元杉、三代杉など。

通常、杉の寿命は300年程度だそうですが、なんで屋久島の杉は長寿
なのかというと、屋久島は岩石でできていて養分が少ない為に
杉の成長速度がゆるやかなんだそうです。
すると年輪が緻密になって、より多くの樹脂(栄養)を溜めておけるみたい。
白骨杉なんて名前のもあって、まさに骨みたいな、とても生きているとは
思えないほど折れて裂けてしまった杉なんだけど
腐って朽ちることなく生き続けている。

場所がら、毎年のように台風の被害を受けるけれど
暴風雨によって杉の巨木が倒された後には、太陽の光が差し込む
スペースができ、森に新たな命を芽吹かせることにもなるんだそうです。
循環してるっていうか、輪廻を思わせるというか…
冷徹だけど希望がある自然のシステム。地球ってすごい。

そして、なんといっても1966年に発見されたという縄文杉。
古い言い伝えを信じた島民が7年間(!)かけて探したんだって。
ってか、どんだけ奥地なの。
推定樹齢7200年ともいわれる縄文杉は、現代科学をもってしても
その正確な樹齢は計測できないんだそうです。

赤みがかった透きとおる樹脂が幹から染み出している様は
まさにこの木の生きている証というか、まるで血液みたいに見えました。
屋久島の杉は、幹に他の植物が芽吹いて育つ”着生(ちゃくせい)”
という現象が多く見られるのも特徴らしく、この縄文杉の幹にも
杉の幼木などが着生していました。

あるがままを受け入れる佇まい。
中村勘太郎さんのナレーションの 「杉そのものが大地であり~」と言うのを
ほんとにそうだなぁ…と思いながら聞いていました。
なんかもう、気安く 「心洗われる」とか 「癒される」とかいうのもおこがましい
幽玄、荘厳、雄大な…。うーん、上手く言えない。
厳しい自然は一見、人を拒絶しているようでもあり
けれども、神々の森はたくさんの命を抱いて、ただそこにある。
太古の昔から  

何時間もかけて登るだけの意義は十二分にあるでしょ、と。
ぜ~ったいいつか行くんだっ!という決意を新たにしたのでした。
次回の第2弾も楽しみ☆


Nichinichiso1
Nichinichiso2

++++++++

日々草(にちにちそう)。別名”日々花(にちにちか)”。
いろんな色がありますね。
暑さや排気ガスなどにも強く、とても丈夫な花だそうです。
白花も汚れたり変色したりすることなく、綺麗に咲いていました✿

花言葉は「生涯の友情、優しい思い出」。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年9月 2日 (日)

4×400男子惜しかったねー

っきダイジェストで見たんだけど、世界陸上の男子競歩決勝ですか?
トップ争いにかんでいたニッポンの山崎選手が、係員の誘導ミスによって
なんと1週足りないままスタジアムに入ってしまい、そのままゴール。
途中棄権とみなされて失格なんだって…?

ひ  ど  い  !!! (怒

どーしてくれんの、バカ係員。
靴が脱げちゃって遅れたとかいうレベルじゃないのよ。
取り返しつかないじゃんか。失格はアンタだよっ!

…と憤りのため息をつきつつチャンネル変えたところ、BSでやっていた
『秋田大曲・全国花火競技大会2007』なるものを発見。ラストちょこっと見た。

すご~い綺麗でした☆ なんだ、知らなかったよ、最初から見たかったよ。
毎年全国の花火師が新作を披露する有名な大会らしいです。
圧巻。色も大きさも種類も高さも時間も数も、本当に様々。
あんなの近くで見たら泣いちゃうかもなぁと思いました。


Sunflower
Sunflower2

++++++++

ザ・サマー✿サンフラワー、向日葵(ひまわり)。
ギリシャ語でもまさに 「太陽の花」という意味が語源だそうです。
別名には”日車(ひぐるま)”とか”日輪草(にちりんそう)”などがあり
ロシアの国花。

いろんな品種が作られているらしく、チョコレート色とかレモン色のものや
下の写真のように八重(万重?)咲きのものも。
名前も”ゴッホの向日葵”とか”ゴーギャンの向日葵”、
”モネの向日葵”なんてのがある。実物見てみたーい。

花言葉は「憧れ、熱愛、あなただけを見つめる、愛慕、崇拝、光輝」。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年8月31日 (金)

夏の終わり

日はこっち涼しかったです、東京。なんか急に秋めいちゃって。
秋は一番好きな季節なので嬉しいです。
キッズはもう夏休みもおしまいだねー。

転職活動中だった知人が、面接やら検定やらを無事乗り越えて
結果うまくいったようです。よかった、よかった!
泊まりがけの研修を受けてから実務が始まるそうな。

新しい環境に直面すると、習慣も常識も異なったりして驚くことが多いし
戸惑いやストレスは絶対ついてくるんだけど
それでも個人的に思うのは
鎖で繋がれたような閉塞した環境にいることに比べれば
未知なる新しい環境でたとえゼロからでも始めることのほうが
まだ耐えうるストレスというか、紛れるんじゃないかって気がするんです。

…でもまぁ、人それぞれ違うんだろうな。状況にもよるだろうし。
見知った人たちと一緒のほうが安心、ってのはもちろん
うまくいっていれば、そりゃそのほうがいいんだろうし。

どうも私自身は”知ってる人のいない国へ行きたい症候群”なのかな、と。

そして何かっちゅーと ”1からやり直したい病”を併発するわけです。

++++++++

今日は白粉花(おしろいばな)を。

別名”夕化粧(ゆうげしょう)”。英名”Four O
'Clock (4時)”。
夕方頃から咲き始めるんだそうです。
これ撮ったのはまだ昼間だったけど…素敵な名前ねぇ♥
熟した実(種?)をつぶすとおしろいのような白い粉が出てくるらしいです。
一株にいろんな色の花を咲かせるので、遺伝の研究などにも使われるとか。

花言葉は「不思議な、慎重、内気、あなたを思う」。

Oshiroibana3
Oshiroibana1

| | コメント (2) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧