健康

2007年12月12日 (水)

眠りにまつわるあれこれ

ッズ対ACミラン、楽しみですねー☆
いいんですいいんです、けちょんけちょんに負けたって。練習試合ではなく、本気と書いてマジと読む試合でいったいどんだけの力の差があるのか、身をもってそれを味わうのはニッポンのサッカー界のこれからにとってすごく大きな意味があるんじゃないかと思うのです。

ところで、今日まで 『ほぼ日刊イトイ新聞(ほぼ日)』で連載されていたコラムを毎回楽しみに読んでいました。
ほぼ日の睡眠論 <ねむりと記憶。>ってやつ。
あまり眠れないことが日々の悩みのひとつで、少なからず悩んでいる身としては、とても興味深いテーマ。海馬の研究者・池谷博士
と糸井さんの対談コラムです。

やっぱねー、生き物は寝ないでいると死んじゃうんだ、とか、深い眠り、すなわちノンレム睡眠のときに脳は記憶の圧縮をする、とか、寝ずに勉強したグループとたっぷり眠ったグループとでは、テスト結果が後者のほうがよかった、とか、どこかで見聞きして頭では知っていたことも、改めて専門家の口からわかりやすく語ってもらえるのは非常にためになる。なるほど。
やっぱり徹夜のお勉強はよくないわけですよ。

そして個人的に目からウロコだったのが、もしも眠れなくても、最悪、部屋を暗くして情報を遮断した状態でジーッと過ごせば、こと”記憶”という機能にスポットをあてた脳的な意味では睡眠をとったのと同じ効果が得られる、という話。そーなんだ!
まぁただこの先生も言っているように、それは”記憶”という側面に限った話のようですが。

そう、眠れない時間って何もしないで何も考えないでいることができない。人にもよるだろうけど、私は怖い想像、悪い想像が止められなくて苦しいし、脳も体もちっとも休まらないまま空が白んでいくあの焦り。眠れていないから当然、昼間の作業効率は明らかに悪いし、断続的な睡魔には襲われるし、とにかく現実的に困る。

連載コラムがすごく面白かったので、この池谷さんの著作を読んでみたくて早速 amazonさんで注文。
いつもノンフィクションのこれ系の本はお風呂で読みます☆

今回の<ねむりと記憶。>のひとつ前のコラムでは、味の素(株)でアミノ酸と睡眠に関する研究を行なっている人が登場。
「ねむり」に満足してますか?> こっちも面白かったです。
グリシンというアミノ酸の一種が、質の良い眠りに効果的という話。ちょっと前からいろんなメディアで見聞きして興味があったんだけど、味の素から発売されている 「グリナ」っていう粉末サプリみたいなのが、これがエラい高いんだよなー。とても続けられっこない価格。

ってことでほかのメーカーから出てないのかと調べたらあるのね、あった。楽天で安く買えるみたいだから、試してみようかなと思っています。

だって眠剤を飲まずに済むなら、なるべくそのほうがいいもんねぇ。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2007年8月19日 (日)

蔓紫

日は東京涼しかった~♫
おとといが午後から雷雨で、夜中も寝苦しくなく♫ 久々の耐えられる気温!
といっても30℃くらいなんだけどね。30℃で涼しいって…。

突然ですが、”蔓紫(つるむらさき)”ってご存じでしょうか??
私は恥ずかしながら今夏初めて知ったような気がするんですが
駅前のスーパーで最近売られている葉モノの野菜。
これ、ここ最近登場した野菜だよねぇ? 昔からあったのかな?

わりと手頃な値段で売ってるので、せっせと買ってはお浸しにしたりと
重宝してる。ちょっとしたマイブームです。
モロヘイヤみたいにネバがあって、なかなか栄養価も高いんだそうな。
夏バテにはもってこいかも☆
お浸し大好きだからいいんだけど、若干飽きてきたので
ほかの調理法を模索中。

++++++++

さて、今日は夏らしいガザニアを。

いろんな色があるし、花びらや全体の雰囲気も結構様々で
これもガザニアでいいの?なんつっていつもイマイチ自信がないです。
斑入りだったり、そうでないものもあったり。
葉で見当つけるしかないのかな。

別名”勲章菊(くんしょうぎく)”。たしかにー、いかにも勲章っぽい☆
見られてる!って感じがするから、カラスよけ効果とかもありそう…ないか。

花言葉は「身近な愛、あなたを誇りに思う」。

Gazania2
Gazania3
Gazania4

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年8月17日 (金)

気をつけねば+百合pt.2

アコン嫌いな祖父が軽い熱中症で病院行きになりました。
入院には至らなかったみたいですが、大丈夫なの~。

ゲートボールとかするので、まめに水分補給しなよって周りは口を酸っぱく
言ってきたのですが、屋外ではなく室内でなったと思われるようです。
エアコンは私も苦手で、強く効き過ぎる場所だと具合が悪くなるし
使いたくないっていう祖父の気持ちも多少わかるんだけども
この夏は逆に使わないほうが体に悪い…(>_<)
命にかかわるからね、ほんとシャレになんない。

ちなみに、あまりの暑さでゲートボールもメンバーがなかなか
集まらないらしいです。

++++++++

気分だけでも涼やかに百合パート2☆

黄色いカサブランカこと、コンカドール(たぶん)。
奥行きのある花壇で近づけなかったんだけど、スッと凛々しく咲いていて
目立ちました。いかにも高貴な麗しき花ですなー♥

Conca_dor

薮萓草(やぶかんぞう)。八重咲き。
照りつける夏の太陽にも負けない色味がいいですねぇ♫
ちなみに、一重咲きのものは”野萓草(のかんぞう)”というそうです。

Yabukanzo1

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年8月 4日 (土)

サルビア赤

つの間にか8月ですよ。
関東も梅雨が明け、寝苦しい夜が続きます。今日も暑いなー。
そしてアトピーがひどくて…。
久々に皮膚科でステロイド軟膏をもらってきました。
首から上だし、できることなら使いたくないけど、もう仕方ない。
ひどい状態のときこそメイクで隠したいのに、日焼け止めが精一杯なのが
精神的にキツイ。
毎度毎度のことだけど、醜い顔を人目にさらすのは一向に慣れません…。

++++++++

今日は赤いサルビアをふたつ☆
アップで撮ってきたけど、どちらも小さい花でした。


①salvia microphylla サルビア・ミクロフィラ。
別名”チェリーセージ”。もしかしたらサルビア・グレッギーのほうかなぁ。
どちらもチェリーセージという別名がついていて
見た目にもあまり区別がつかない。
違いが説明されているんだけど、読んでもよくわからなくて…。
日本語読解力の問題か(+_+)

ちなみにサルビア・ミクロフィラ”ホットリップス”という種類はコチラ

Salvia_microphylla

②salvia coccinea サルビア・コッキネア(コクシネア)。
別名”紅花サルビア(べにばな~)” or ”トロピカルセージ”。
おしべかめしべかわからないけど、触角のように伸びています。
そういえば、サルビアってどことなく昆虫っぽいねー。

Salvia_coccinea

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年7月 9日 (月)

介護再び

母が退院してきました。今回の入院はちょっと長かった。
母と叔母は、この間一人暮らし状態だった祖父の食事などの世話と
介護保険などの手続きでケアマネージャーと連絡をとったりしていました。

私、恥ずかしながら”民間”とか”公的”とかの認識が違ってたんですけど
介護認定に基づいて民間のサービスを受ける、って
わけなんですねぇ。
まだ認定は下りていないけど、おそらく「要支援」でしょうという話。
「要介護」より軽いとはいえ、食事や入浴の世話は必要だし
入院中は排泄に関しても、自力では難しくて管を通されていたそうです。
この先何年続くかわからない日々が始まるんだなぁ…。

++++++++

本日は撫子(なでしこ)です✿

前に載せた”石竹(せきちく)”と思われる同じ撫子科のものに比べて
これは花びらの切れ込みがひょろひょろと繊細なので
たぶん別名”大和撫子”の撫子そのものじゃないかと。たぶん。わからん!
”河原撫子(かわら~)”とか”美女撫子(びじょ~)”とか
調べる過程でいくつかの名前が出てきました。
違いまではわかりません(-_-) 広い括りで撫子科には違いなかろーて。

撫子の花言葉は「純愛、大胆、勇敢、貞節」。

Nadeshiko1_2
Nadeshiko2_1

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月25日 (月)

科学と哲学の融合+花菖蒲pt.1

週で放送されてるみたい。面白いから毎週やってほしいのに。
金曜のNHK 『爆笑問題のニッポンの教養』、
今回のテーマは死についてでした。なぜヒトは死ぬのか   
難しかったけど面白かった!

細胞の中にある”死の遺伝子”というものを発見した教授との対談。
私たちの体は元々、自然と死ぬようにプログラムされているんだそうです。
”アポトーシス(自死)”という機能。

細胞のアポトーシスには、回数券的なものと定期券的なものがあるとか。
再生回数がある程度決まっていて、回数券を使い終わるように死んだり
長く生き続けるんだけど寿命がだいたい100年くらいと決まっていて
時が来ると定期が切れるように死を迎えたり。
自らDNAを細かく切断して死んでいくんだそうです。

田沼教授の研究棟では、爆問・田中さんの口の内側を
スプーンのようなものでこそぎ取って、その粘膜の中の細胞を
顕微鏡で実際に見ていました。
ほんとにみるみる細かくなっていく、まさに死にゆく細胞も見えた。
人体は約60兆個の細胞からできていて、そのうち数千億個が日々
死滅しては新たに生まれているんだそうな。

まず素朴に、なんで自ら死ぬようにプログラムされてるのって思うけど
逆にちゃんと死んでいかないと様々な病気になっちゃうんだそうです。
ガンはアポトーシスが機能しなくなってどんどん増殖し続ける病気。
教授は今、ガン細胞に失ったアポトーシス機能を加えることによる
ガン治療の研究も行なっているんだって。
自死を促すそれは副作用も抑えられる治療法だとか! 科学ってスゴイ!

昔々の大昔、生物にまだ ”性”がなかった時代には
死というものは存在しなかったそうです。
性がないって、オスもメスもなく細胞分裂して増えていくって意味かなぁ?
やがて ”性”が出現して、2つの遺伝子情報を受け継いだ個体が
生まれるようになって初めて、死が生まれた(って表現も変だけど)らしい。

例えば、母親のおなかの中で胎児が成長していく過程でも
手指の間の水かき部分の細胞がどんどん死んでいくことで
手が形成されていく。
つまり、生と死は両極ではなく表裏一体である。
生の中に死があり、死の中に生はある。

私が在るのは、かつての無数の死のおかげ   

日々顕微鏡でミクロの世界をのぞいていると、不思議なもので
そのうちそこに宇宙が広がっていく、と教授は言っていました。
全ての学問の上には哲学がある、と。
話を聞いていて、だんだん顕微鏡と望遠鏡が同じ道具に思えてきました。
星々を見るように細胞を見る。
爆問・太田さんも、理系(科学)と文系(哲学・文学・芸術)の
融合するところに、何か新しくて素晴らしいものがある気がする
って言ってた。

面白い。あらゆるボーダーライン上の興味は尽きない。

++++++++

今日は花菖蒲(はなしょうぶ)パート1です。ぱふぱふ♫

それぞれ名札が付いてたんだけど、近くに咲いててどれがどれだか
イマイチわからないのもあった。残念。
わかるものだけは自分用に名札も写してきました。

年配の方がちゃんと三脚を立てて集中して撮影している横で
キョロキョロと目移りしながら♪ピロリロリン♪ピロリロリンって撮ってきた。
そしたら、その音に返事するみたいにカエルが 「モー」って鳴いたのさ。
最初 「な、なにっ !?」とか思ったよ ( ´ー`)

花言葉は「嬉しい知らせ、心意気、優しい心、あなたを信じます」。

Hanashobu01

初衣 ↓
Hanashobu15hatsugoromo

揚羽 ↓
Hanashobu02ageha

田切川 ↓
Hanashobu06

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年6月24日 (日)

初夏に紅葉?

だ6月なんですよね。暑いなー(+_+) こりゃ先が思いやられる。
汗をかく夏場はアトピーの調子も悪くなりやすいので、今年こそは
先手を打つ!と思って、少し前にルイボスティをまとめ買いしました。
やかんで煮出して毎日持参。ほんとにかゆみが違うんだよー♥
クセがなく飽きのこない味だし。って回し者みたい。

今日は公園の風景。そこそこ遠いのでバスで行けばいいものを
なぜか自虐的な気分で、靴ずれを作ってまで徒歩で行ったとある週末。
午前中の早い時間帯に出かけたので、人も少なくて
のんびりお散歩できました。

全然知識がないので一瞬目を疑った。こういう種類なんでしょうか。
初夏なのに紅葉。冬なのにさまぁーず!みたいな。
葉はもみじの形してましたね。
今までも見たことがあったのかもしれないけど、たぶん以前の私は
気にも留めずに素通りしちゃってたんだろうなぁ。
ほんと、燃えるようだったよ。キラキラと眩しい緑との対比が新鮮☆

Komorebi1
Koyo_shoka1

池には鯉が。亀も泳いでた。でも潜っちゃって写せなかった。
近くの花菖蒲が咲く場所では、姿は見えなかったけど
「モー」って鳴くカエルもいました♫

Ike2
Ike_koi

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月20日 (水)

介護の幕開け

うかなりあちこちガタがきている模様。
祖母が入退院を繰り返しており、母は忙しく走り回っています…。

 脳梗塞で救急車、入院 →退院
 帯状疱疹+意識不鮮明で入院 →退院
 胃潰瘍で救急車、入院 →退院
 極度の低血糖による意識混濁で救急車、現在
入院中…

胃潰瘍は、薬の量と種類が増えたことで胃に負担がかかったとか。
しかも、血栓を溶かす意味の血をサラサラにする薬も飲んでるわけで
潰瘍は出血しやすく、かつ止まりにくい状態だったようです。

施設じゃないからいつまでもいられないのは仕方ないんだろうけど
ちょっと症状が改善するとすーぐ退院させられちゃうのね。
半日以上かけていろいろ検査した結果、極度の低血糖と判ったときも
点滴したらろれつが回復してきて、そしたら 「もう帰っていいですよ」って。
いやいやいや…おいおいおい…と一応は数日間入院させてもらうことに
なったそうです。

退院してきたかと思うと3日後くらいにすぐまた救急車呼んでるらしい。
自宅でも24時間態勢が必要なのかなぁ。
仕事しないと食べていけない貧乏一家にとって、これは深刻な問題。
先日入院したときは、母と叔母は仕事を休んで祖父母の家を大掃除して
(ベッドで粗相とかしてたらしいので本当に大掃除だったみたい)
来たる退院に備えているそうですが、うーむ。
母の話を愚痴ごと聞く程度しかできていない私…。

ちょうどコムスンのニュースを目にしますが、あの会長もねぇ。
ディスコでもクラブでもどっちでもいいけどさ、そういうことと介護福祉は
ビジネスとはいえ、やっぱ同じ土壌で語ってはいけないような気が。
和歌山県知事の発言はもっともだ。

まぁ、民間の有料サービスを受けるような経済的余裕はないので
我が家はたぶん自治体の公的サービスの利用にとどまると思います。
あとは身内でなんとか…って大丈夫なのか(>_<)

やっぱ結局は”お金”がモノを言うのかなぁ?

…いや、違う。それは違うよ (キッパリ
お金では買えないものがある。買えるものはマスターカードで。
健康と愛情と幸福はどれも pricelessなんだ。 ←キラキラした目で

++++++++

えーさて、今日はニゲラです。


花の周りをトゲトゲの葉がまるで飾っているかのようで、不思議な美しさ。
なんかこう、現実感がないような…。
2枚目で完成形かと思いきや、帰宅して調べてみたら
もう少し経つと真ん中がニョロっと育ってくるらしいじゃない。
なので後日再び同じ場所に行ってみたら、綺麗な青に咲きそろった花が
いくつも風に揺られていました✿
種が黒いらしく、別名は”黒種草(くろたねそう)”。
ニゲラの名も"niger(黒い)"に由来するそうです。

花言葉は「未来、夢で逢いましょう、密かな喜び、夢の中の恋」。
そうそう! 未来的な雰囲気!

Nigella2
Nigella1
Nigella3 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月10日 (日)

バイキンマーン

曜は朝起きたら両目とも真っ赤に充血してちょっと腫れていて
あら~と思って眼科に行ってまいりました。
週半ばからノドの横っちょに口内炎ができていて (口内炎はよくなる)
あーあ、また憂鬱だ、何食べてもしみる(>_<) と思ってたところで
加えて前日はたしかに左目がかゆかった。
アトピーがらみで目も慢性アレルギー性結膜炎なので
大体いつも少しかゆいんですけど、そういえば特に。

どうも口内炎との関係で 「ウィルス性の流行り目ですね」という話。
ノドから粘膜を通じて目へうつったと思われる、と。
そんな経路もあるんですね。
そしてかゆいからウーンと思って左目をこすった手で
きっと右目も触っちゃったんだ。
軽く鼻風邪ひいてるし、疲れとかで免疫力が落ちてたのかなぁ…。
まさに弱り目に祟り目(+_+)


医者いわく、昨日の今日で非常に感染力が強いそうなので
次の来院は 「できれば午前の診療の最後の時間帯とか
ほかの患者さんの少ない頃を見計らって来ていただけませんか」。
近くに小学校があったりして子供の患者が多い為
待合室でうつってしまうと集団感染に発展する恐れがあるとのこと。

えーでも平日は朝イチで来ちゃだめなんでしょうか?
「それなら、診察券だけ出して外で待っててもらえますか」。

…完全にバイ菌扱いです。

たしかに眼科の待合室で置いてある本や雑誌とかには
あまり触らないほうがいいって、小さい頃に言われた憶えがあります。
新たな菌をもらってきちゃうかもしれないからね。
ところが、いざ自分が当の病原菌的存在になった場合には
あっさり 「外で待ってて」なんて言われちゃうんだねー。

悲しい。
でも、ちょっと面白かった。

++++++++

本日は矢車菊(やぐるまぎく)です。

まぁよく見かけました、あちこちで。懐かしくて安心する花。
麦畑によく生えていたことから、英名は”コーンフラワー”というそうです。
元々は一重咲きの青色のみだったようですが、品種改良が進んで
いろんな色の八重タイプが出てきたみたい。
八重しか見たことないなー。

ドイツの国花。花の歴史は古く、ギリシャ神話にも登場。
そしてさらに、かのエジプトのツタンカーメンの墓からは
この花がドライフラワー状態で出てきたんだって。
スゴイ! 何千年前のだ!
古代エジプトで青い花は魔除けとされていたらしく
王のミイラの胸元に供えられていたとか。
「いつか必ず生き返る」という執念が花まで長らえさせたんでしょうか。

花言葉は「優雅、繊細、教育、信頼」。

Yagurumagiku2 
Yagurumagiku4
Yagurumagiku5
Yagurumagiku6

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年6月 9日 (土)

裏こそ大事

んかぁー、足裏の親指の元あたりの角質が厚くなっちゃっててぇー。
これをタコっていうのか? うーん。なかなかに痛みます(>_<)
軽石とか尿素配合のクリームとか使ってお手入れするんだけど
そもそも原因と思われるヒールの靴をやめないと効果は薄いっぽい。

さらに、圧迫されて炎症を起こしてるのが影響してるのか
逆に血流が滞ってて影響してるのか
親指の爪母のあたりまでちょっと痛くなってきちゃった。なんでここも?
好きなんですよね…多少ヒールのあるほうが。
って、そうも言ってられないかぁ…。はぁー。
かばうから歩きづらいし、早足で歩けないし、なんか常に気になる。
そういえば足裏マッサージはもうしばらく行ってない。

これからサンダルのシーズン本番なのに。
よし、とりあえず痛みがあるから皮膚科に行ってみよう!

++++++++

今日は、たぶんトリトニアとネモフィラです。たぶん。

ありそうで意外とあまり見ない橙色の花。これも判別が難しかった (+_+)
トリトニア、バビアナ、イキシア、スパラキシスあたりは…
なんせ実物をよく知らないし、どれがどれだか??
結局は茎なども撮った全体の写真をもとに人に尋ねました。
最近、人に訊くことを覚えてしまった…。
いや、訊く前に自力でなんとかわからないかとあれこれ調べますよ!
もちろんさ。それでも判明しなかったときに、です。

トリトニアの名はギリシャ神話の海の女神トリトンにちなんでいるそうです。
花言葉は「そんなに熱くならないで、私の愛は海のごとく」。
2つ目の言葉、素敵…♥

Tritonia3

よくガーデニングなどでたくさん咲いている花らしいのですが
私が見かけたコレは公園にぽつんと一輪だけ咲いていました。
周りにはなかったよ。ネモフィラで合ってる?
種が風にでも飛ばされてひょんなところに花開いたんでしょうか。

ネモフィラはギリシャ語の 「小さな森」と「愛する」が語源なんだって✿
花言葉は「どこでも成功、可憐、私はあなたを許す」。
ユルス、ユルシテ、ユルス…

Nemophila

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧