サッカーW杯

2006年7月16日 (日)

頭突きの行方

FIFAがちゃんと調査してるらしいですね。
侮蔑発言を否定していたマテラッツィは一転して認めたとか。

堪え抜いたイタリアの優勝自体には文句ないけど、
”ジダン好き”としてはなんかもう後味悪すぎて悲しくなってたんです。
でもジダン本人も言うようにあれ(頭突き)は許される行為ではなく、
レッドもらっても仕方ない。
ボールと関係ないところで主審も見てなかったのに云々とも言われてるけど、
ルールに疎いのでそこら辺はよくわかりません。

しかし。
なんとも腑に落ちない。
でもよくわかんないから黙ってなりゆきを見守る私。

昨夜TVのサッカー番組でお笑いの土田晃之が
「ワタクシはジダンは全然悪くないと思います。
マテラッツィ、てめえ町で見かけたらぶっ飛ばしてやる!」
みたいなことを面白おかしくコメントしてて、
それ聞いて溜飲が下がる思いがいたしました。

だよねー! いろんな意見や考え方があると思うけどさ、
そういうふうに感じる人もいたっていいよねー!
私も「マテラッツィただで済むと思うなよ」的なこと思うよ!

何についても自信がなくて、仮に反発とか違和感を覚えても
あまり声高には口にできない性質なので、
その分誰かがはっきり言ってくれたりするとすごく安心する。
よくないですね、こーゆーの。
(べつに「そーだそーだ!」みたいに便乗して騒いだりはしないけど)

マテラッツィは”バカンスの予定があるので早くしてほしい”という理由で
前倒しでFIFAに出向いて聴取に応じたとか。
むぅ…いちいち癪に障る野郎だ。

ヤツにもどうか相応の処分が下されますように。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月 6日 (木)

三文の徳

イツVSイタリア戦、フランスVSポルトガル戦、
両方とも明け方起きて途中から観てました。

ま、頑張って早起きしたわけではなく、
独伊の朝は目覚ましの気まぐれだか故障だかによってエライ早く起こされ、
今朝は不眠の為、無意味にオール。

しかしどっちもいい試合だったなー!
決勝トーナメントはどれも本当に激戦ですね。観れてよかった♫
ってか、興奮して眠れやしない。
自分でもこんなにサッカー好きだったっけ?とか思ったり。

なんかさ、世界レベルの精鋭たちがさ、
持てる力をフル稼動させてヘトヘトになるまで戦ってさ、
喜びをほとばしらせたり、人目もはばからず涙したり
そりゃあ観てて素直に感動します。
イタリアの1点目入れたDFなんて、もう狂ったみたいに首振って走ってて
すんごく可愛かった。子犬みたい。

試合が終わって、まだ早朝の外にパジャマのまま(!)サンダル履きで出て、
深呼吸して清々しい澄んだ空気を吸って、
家の周りに咲いてる花とか携帯で撮ったりなんかしたりして。
テポドン発射の速報もリアルタイムで見れたし、
”早起きは三文の徳”ってこーゆーことかと思いました。

たまにはいいね。
毎朝は無理だけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月 4日 (火)

ピンクの下着

の勢いだとフランスが優勝さらっちゃいますかね?ね?

王者ブラジルは、大会を通して最後まで本調子が出ないまま敗退した感じ。
正直、もっと魅惑のプレーを観たかったです。残念。
選手も監督もサポーターも、こんなとこで終わるなんて
誰も思ってなかったんだろうなー。

フランス戦後半、もう残り時間がせまってる中で
あの、あのセレソンが焦って走り回ってる様子に
「えーマジで負けちゃうかも」ってちょっと鳥肌立ちました。
どっちを応援して観てたわけでもないけど、でもやっぱり私も
ブラジルがまさかここで敗れるとは思ってなかったから。

そして勝ったから言うわけじゃないが、ジダンはかっこいい♥
あの人ホントかっこいいよ!
昔、職場の隣の席の人に「○○さんってジダンに似てますよね」って言ったら
褒めたつもりが気分を害してしまいました。
たしかにたまたま頭部も似てたけど…。

実直な仕事ぶりや誠実そうな人柄について言ったのにな。
悪気はなかったの、マジで。

中田ヒデ引退宣言にも驚きました。
早いですよ、29歳ですよ。
30代でもバリバリやってる選手はいっぱいいるのに。
よく知らないけど、何か怪我を抱えてるとかじゃないんでしょう?

本人は半年前から決めてたらしく。
そう聞くと、あのブラジル戦終了後の仰向けに倒れてたのが
ものすごく納得というか、なんともいえず感慨深いです。


語弊があるかもしれないけど、不器用な人なんだろうなって気がする。
今後は指導者としての道を歩んでいくことになるとしたら、ズバリ。

あなたにはピンクの色が必要だと思う。

オーラの泉で美輪さんが言ってた。
ゲストがスピードスケートの岡崎朋美さんのとき、
「人を指導するには厳しさだけじゃなくて、時には優しさも必要でしょ?」って。

リストバンドとかね、何か一部分でもいいから採り入れるといいらしいです。
見えるとこじゃなくてもよくて、下着とかでもいいみたい。

中田にピンクのパンツを贈ろう!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月24日 (土)

Adeus, Zico

うとうニッポンの’06W杯が終わっちゃった。

時間がなくてTVはまだあまり見れてないけど、
WEBニュースでブラジル戦終了後の選手たちの声を少し読みました。

三都主の「ごめんなさい。すみません」ってひと言が…。
うぅぅ…ヤダもう。謝ったりする必要ないよ。
一番悔しい思いしてるのアナタたちでしょーに…(T-T)
いっぱい批判や批評が待ってるだろうけど、うつむかずに帰っておいで。

なんだか応援するほうも自問してしまう。
もちろん期待が”力”になって選手を後押しすることは大いにあると思うけど、
マスコミの報道に踊らされた、現実から目を逸らしたような過剰な期待は
逆に”重荷”にもなり得るというか。
柳沢をはじめ多くの選手が、プレッシャーに負けていた側面があった気がします。

それもこれも、はーあ
あの例の初戦惨敗!で一気に追い込まれちゃったんだろうな。
世界の壁は厚く、高かった。
監督のためにも有終の美を飾りたかったでしょうね、選手たち。
ジーコ最後だもんね。

とりあえず、みんなお疲れさま。

…まるでニッポンイレブンの母のような心境になってきました。
そんな歳じゃないっつーの。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月18日 (日)

負け方

っちゅう間にクロアチア戦。
さぁ、正念場ですね!

相手国の報道陣もやっと多少は関心をもってくれたニッポンの公開練習は
「これで大丈夫なのか」と思わせる内容だったらしく、
”ジーコの撹乱作戦?”とかタイトルのついたWEBニュースを読みました。

ほんとに撹乱なのー、なんて思うことからして
つまりまだ淡い期待を抱いているという逆説的証拠なわけで。

もちろん応援するさ。そりゃあ正座して応援するさ。
だけどやっぱり世界は甘くない。
ニッポンは実力とFIFAランクが見合ってないんじゃ…とさえ思ってしまう。

結果、もし負けたとしてもですね。
この前の豪州戦みたいなみっともない負け方はしないでくれよジーコぉ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月14日 (水)

顔に走る

奮冷めやらず、豪州戦の夜はあまり眠れませんでした。

ニッポンの逆転負けを受けて「驚いたね」(ロナウジーニョ談)
なんてコメントしてくれたブラジルの大勝を祈願し、
あとは残り3試合でニッポン選手がベストを尽くしてくれることを
ひたすら祈るしかないス。
まぁ、驚いてくれたのはジーコへの気遣いだろうけど…。

と同時に、イケメン軍団・イタリアを応援し始めてる自分がいる。
トッティ短髪も素敵~♥

こうして人は心のバランスを取りながら、たくましく生きてゆくのですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月13日 (火)

VS豪州、1-3

っくりした。後半の後半で3点も取られるなんて。
3点だよ?
初戦痛恨の黒星。

先制しても危なっかしくって、ずっと正座で手合わせて祈ってました。
時折奇声あげて。
あーあ、残り10分までDF頑張ってしのいでたのに。
なんでしょうか、ラストあの怒濤のごとき現象。
嫌でも過去ニッポン代表の苦い試合展開と重なるというか。

ジーコ、選手交代のタイミング遅くなかった…?

正座の姿勢から飛び上がって倒れたりのけぞったりしながら観てたら
左足首を痛めました。
12番目の選手として一緒に戦ったからね。
慎重にケアして次戦に備えます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月11日 (日)

貴公子よ、おまえもか

ングランドVSパラグアイ戦、観ました。
ベッカム目当てで♫

寒い寒いといわれていたドイツも、開幕とともに一気に夏日を迎えてるみたいで。
気温30℃超とかいって真夏じゃーん。
そんな中、かのベッカム様は
画面から見る限り汗をかいている様子もなく、いつもの涼しげな御姿をキープ。
さすがです。

まぁ、汗が噴き出してたってなんだってイイもんはイイ。
欲をいえば、もうちょっと激しい試合展開が見たかったなーなんて。
すいません、素人のくせに。

自身が強迫性障害(強迫神経症)だということを
少し前にTVインタビューで告白したそうですね。
ベッカム宮殿の冷蔵庫の中身は
飲み物がきっちり左右対称に並んでるらしいです。
物が奇数個あるとダメみたいで、例えばドリンクが3本あったら
1本は冷蔵庫から出して戸棚にしまうんだとか。

天が二物も三物も与えたもうた貴公子も
心の病というか心の障害というかに苦しんでたんだ、と知って
ちょっと違うけど私もうつ病を患ってる身として
小さな安堵にも似た親近感をもちました。

と同時に、そんな障害を抱えつつのあの活躍でしょ?
すごいスね。すごい。
一緒にすんなって怒られちゃうよね。
ゴメン。謝っとこ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月10日 (土)

ブルーからブルーへ

よいよドイツW杯開幕ですね!

怪我してる選手の回復具合が気になりますが、
とりあえずねー、無理して出して勝ち進んじゃったら後々困るからねー。
ほんと、やってくれるかもよニッポン。
わかんないけど。
あの絶品FKとか絶頂CKが観たいから
俊輔は万全で間に合うといいなー。

さぁ、私も豪州戦に向けて最終調整。
普段のどんよりダウナーな青い心をサムライブルーにスイッチして応援します。

暑い夏になりそう!

| | コメント (0) | トラックバック (0)