経済・政治・国際

2007年9月15日 (土)

サプライズ

やぁ、安倍式特大サプライズの余韻が。
ってか、こんなサプライズかよっ!

相当びっくりなタイミングだったけど、まぁいずれ来る限界って感じで
個人的には、よりによって今ですかぁー(+_+;) という
”時期”に関しての感慨があった程度で…。
辞意表明の会見では、一応政治的判断みたいなことを言ってましたが
うーん、く、くるしい(T_T)

「ひとえに個人的能力の事情です。とはいえ、近辺に足を引っ張る人間が
多すぎました。事後対処を誤ったせいで自殺者まで出しました。
多くの判断を誤り、時期を逃し、キャパはとっくのとうに越えていたけど
さすがにそれも限界です。無責任を承知で、いっぱい迷惑かけて
ほんとごめんなさい。おなかおかしいです。下血してます」

そうぶっちゃけて言えたら、安倍さんもどんなにすっきりするだろう。
国を司る立場じゃとても言えないだろうけど。

参院選の後、内閣改造の前、舛添さんは安倍さん批判というか
惨敗の責任をとるべきでは的なことを言ってましたが
TVで 「このままだと自民党はもたない。安倍さんも、もたない」というような
発言を当時していて、本当だなぁ、本当に現実にそうなっちゃったなぁと。

『NEWS ZERO』の村尾キャスター?でしたっけ?
あの人、番組内でさんざん安倍さんのこと辞任すべき辞任すべきって
ずっと辞めさせたがってたのにさ
いざ安倍さんが辞意を表明した夜、緊急出演した谷垣さんと中川さんに
「何があったんでしょうねぇ」なんてすっとぼけたこと訊いてたので
お茶の間で軽くつっこみました。
「なんでこのタイミング?」っていう話なら大いにわかるけど
「何があったの?」はないでしょーに。
野党はもちろん、党内からも、番記者からも、マスコミからも、国民からも
散々叩かれて針のむしろなのは誰が見てもわかる状況だったじゃん。
いや、同情するわけじゃないですけど。

味方の反感をも買う形での降板となった以上、今後、安倍さんは
一議員としての立場も危うい感が漂う。
政治的な意味でも、無理しすぎたんだから個人的な体調の意味でも
とにかく当面は引っ込んでたほうがいいんでしょうね…。
安倍内閣発足当初、高い支持率の一端を僭越ながら支えていたワタクシ
としましても、んまぁ非常に残念な結末ではありますが。

”限界”って時期とか関係なく来ちゃうからね…。
えてして最悪のときに来ちゃうんだ…。

かつて、しがない一般事務員があまりの忙しさに燃え尽きて持病が悪化し
ついに仕事に行けなくなって、他の女性事務員たちの理解を得られず
最終的に辞めざるを得なくなった、っていう話と
国家の総理大臣という要職にある人の話とを
まさか同列には語れないけども
個人的な心理でいえば、必ずしも”遠く想像が及ばない”ということもなく。

石破さんが言っていたように、「辞めていく人にあれこれ言いたくないけど」
っていうのはまったく同感。同情するわけじゃないけどさ。
もうこれ以上できないっつーんだもん、しょうがないよ ヽ( ´ー`)ノ

++++++++

さぁ、次だ次。福田さんが出るんなら、福田さんでどうでしょうか。
いいんじゃないの?

小泉内閣の官房長官時代の印象はとってもいいです、個人的に。
ただ、それはあの良くも悪くも強烈な小泉さんというキャラの女房役として
うまい具合に中和させる感じもあって印象がよかったのかな
この難局を先頭に立って牽引していくとなると、果たしてどうなのかな
物足りないことはないかな…なんてことも思ったり。
スイマセン、印象論止まりで(>_<)
まぁでも次はちょっと堅実なのが求められるやぁーねぇ。
麻生さんも嫌いじゃないけど、麻生さんはたぶんまだ
次の機会があるだろうし。
一度安倍さんのマイナスイメージを払拭しないと、党としてヤバそう。

ちなみに安倍さんの辞意表明以後、例の 『晋ちゃんまんじゅう』が
飛ぶように売れているんだそうです。もはやレアものってことで。
私もほしい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月24日 (日)

短命政権?

倍次期首相をなんとなーく雰囲気で応援する一般庶民のひとりとしては
来年の難局らしき参院選などがある為に短命政権で終わるんじゃないか
なんて囁かれてるのが気がかりです。

政治って全然わからないので、今日はあくまで”雰囲気”で。

拉致問題とかさー、対中・対韓・対北のアジア外交とかさー
あとは雇用問題っていうの? 正社員と派遣・バイトの賃金格差問題とか
社会保障制度の不安とか、いろいろやってほしいことが山積み。
できればある程度長く続けて、腰据えて取り組んでほしいなーと思う。
そういう時間を安倍さんにあげたい気がする。
「やってみてほしい」って思う。

小泉さんも当初はすんごい期待感の中で誕生した首相でしたねー。
良い面と悪い面の両方をちょっと極端にもたらした人という印象だけど
それももっと歳月が経ってみないと、何が正しくて何が間違ってたのかが
判明しないと思うし、そこが政治の難しさなのかなぁ。

安倍さんは小泉さんと一緒にやってきた分、そばでいろいろ見てきたはずで
前任者の悪しき面まで単純に踏襲するようなことはしないで
少し違った角度から取り組んでくれるんじゃないでしょうか。
経験の不足は否めないだろうから、周囲にどんなブレーンを配置するのかも
興味ある。

前にTVタックルで誰かが言ってました。
自民は造反組の党復帰を積極的に受け入れないと参院選は厳しいのに
現幹事長の認識が甘い、みたいな。

勝たなきゃ長く政権を続けられない=政策を実行に移せないっていうのは
頭ではよくわかるんだけど、どうしてもそこら辺の”数集め”の作業に
うっすらと嫌悪感を覚えてしまうんです。
私もまだまだ青いッス。
根回しって大事なことだと思うんですけどね。
必ずしも悪いことじゃないのに、なんとなく違和感。
そもそも郵政造反組をそれだけの理由で切る必要があったのかどうかも
よくわかりません。

誰が総理大臣をやるにしても、今ニッポンが抱えている諸問題を全部
任期中にクリアするなんてことはまず無理な話だろうし
どの首相も”成し遂げたこと” ”やり残したこと”の両方があるのは当然。
だからこそ安倍さん、あなたに時間をあげたい!

”壊し屋”小泉さんの後って、先送り懸案は山積みだし
確かにやりにくさも多々あるでしょうけど、作り上げていく意味で
反面すごくやりがいもありそうに思うんですが、さてどうでしょーか。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年8月17日 (木)

命懸けの釣り

海侵犯があったのかどうか、段階を経た警告の末の銃撃だったのか、
詳しい事実関係はまだわからない。
ロシア側と日本漁船、双方の言い分も微妙に食い違ってたり。
だから、今の時点でのごく個人的な感想ですが。

かたや魚だかカニだかを釣ってる漁師が銃殺・拿捕されて、
かたや東シナ海域では中国船の明らかな確信犯的領海侵犯行為に
日本は事実上、手をこまねいている状態。
なんスか、この違和感。
このアンバランス。

どっちの対応が国際社会的にスタンダードなの?
それとも、どっちも極端なの?
今度中国が日本領域にチョロチョロ入ってきたら、撃っちゃっていいわけ?
殺っちゃっていいわけ?

対露、対中、対韓、対朝…
それぞれにきっと対策が異なる繊細な問題なんだろうと思うけど、
なんかなー。どうも釈然としない。
素人考えだけど…日本政府の外交がちょっとヌルいような気がしてならない。
ロシアは今件の以前から北方周辺での領海侵犯について
「日本政府に再三警告してきた」って言ってるでしょ?
そういうのを政府はいったいどう受け止めて、
地域の漁師たちにどう指導してきたんだろう。

東シナ海ガス田に至っては、”開発進めちゃったもん勝ち”みたいなことに
なってないだろうか。
べつに私、自分が”タカ派”だとは思わないんだけどなー。
「やっちゃえ、やっちゃえ」なんて物騒なこと言わないけどさー。
今回の漁師は撃たれて怪我したとかじゃないんだもの。
何も殺さなくても…って思います正直。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月 3日 (土)

経済素人

ぶの素人、かつ基本的に興味ない人間によるごく狭い見解ですが、
”経済”ってなんでかすごくわかりにくい…。なんでだろ。
死角とか抜け穴とか、どうしても腹黒っぽい印象をもってしまうのは
私だけでしょうか。

強気な発言をしていた村上氏率いるファンドが
地検の聴取を受けてるとか聞くと、
経歴からも法律には精通してそうに思えるのにナゼ?
と不思議。
東大法学部卒って…すごいなー


知っててあえて法を犯したのかな。
みんなやってることなのかな。
捕まらないと思ったのかな。
それとも、抵触しないと思ったのかしら。

んなわけないか。

阪神との交渉の行方とあわせて、捜査の今後をお茶の間から
面白半分に見守りたいなと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)