文化・芸術

2007年9月17日 (月)

よさこいの友

休はの~んびり。友人とご飯食べたり。
親子で”よさこい”にハマっている友人がいて、「こないだ3位入賞したの♥」
って言ってた。規模がよくわかんないけど、とにかくスゴイじゃん!

本場・高知から全国に広まった”よさこい”は、今あちこちで密かなブーム
という記事を、最近新聞で読みました。
うちの近くの商店街の広場でもたま~にやってる。
何がキッカケで”よさこい”を始めたのか、訊いてみたことはないんですが
まぁなんでも楽しんで取り組める趣味があるっていいですよね。
ましてや親子揃って、なんて。

あーそれにしても、もはや週休3日がスタンダードでいいんじゃないかと
思う今日この頃。

++++++++

さて、今日は夾竹桃(きょうちくとう)を。

一重咲きと八重咲きのものがありました。鮮やかなピンク色☆
公害などに強いそうで、よく街路樹として植えられています。
色は白もあるみたいだけど、見たことないなー。
葉が竹に似て、花が桃に似ていることからこの名がついたとか。

綺麗な花だけど、なかなかどうして有毒だそうです。
だからかな、花言葉は「友情、恵まれた人、用心、油断大敵」。

Kyochikuto1
Kyochikuto2
Kyochikuto5

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月 2日 (日)

4×400男子惜しかったねー

っきダイジェストで見たんだけど、世界陸上の男子競歩決勝ですか?
トップ争いにかんでいたニッポンの山崎選手が、係員の誘導ミスによって
なんと1週足りないままスタジアムに入ってしまい、そのままゴール。
途中棄権とみなされて失格なんだって…?

ひ  ど  い  !!! (怒

どーしてくれんの、バカ係員。
靴が脱げちゃって遅れたとかいうレベルじゃないのよ。
取り返しつかないじゃんか。失格はアンタだよっ!

…と憤りのため息をつきつつチャンネル変えたところ、BSでやっていた
『秋田大曲・全国花火競技大会2007』なるものを発見。ラストちょこっと見た。

すご~い綺麗でした☆ なんだ、知らなかったよ、最初から見たかったよ。
毎年全国の花火師が新作を披露する有名な大会らしいです。
圧巻。色も大きさも種類も高さも時間も数も、本当に様々。
あんなの近くで見たら泣いちゃうかもなぁと思いました。


Sunflower
Sunflower2

++++++++

ザ・サマー✿サンフラワー、向日葵(ひまわり)。
ギリシャ語でもまさに 「太陽の花」という意味が語源だそうです。
別名には”日車(ひぐるま)”とか”日輪草(にちりんそう)”などがあり
ロシアの国花。

いろんな品種が作られているらしく、チョコレート色とかレモン色のものや
下の写真のように八重(万重?)咲きのものも。
名前も”ゴッホの向日葵”とか”ゴーギャンの向日葵”、
”モネの向日葵”なんてのがある。実物見てみたーい。

花言葉は「憧れ、熱愛、あなただけを見つめる、愛慕、崇拝、光輝」。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年8月12日 (日)

国盗人

んな気温って…こんな気温って…(+_+;) 体温でしょーに。
毎日毎日、ただ外に立ってるだけでホットヨガみたい。
やたら着替えるから洗濯も追いつかない。

++++++++

先日の夜、NHK教育でやってた野村萬斎演出の舞台
『国盗人 (くにぬすびと)』を観ました。
シェイクスピア原作 (『リチャード三世』)、河合祥一郎翻案。
『まちがいの狂言』も面白かったし、観に行きたかったけど
金欠であきらめた作品でした。
ついこないだまで舞台やってたのに、こんなに早くTV放映してくれるとは♥
ん~迫力あった。面白かった♫


戦乱の世のニッポンが背景? とはいえ、刀じゃなくて剣持ってた。
衣装はコシノ姉妹の誰かで、どこともつかない和洋折衷な雰囲気。

シェイクスピア劇は台詞量が膨大で、前半途中まではちょっと辛抱の時間。
退屈なわけじゃないけど、萬斎さん演じる主役・悪三郎(リチャード)の
独白がしばらく続く。


 赤バラ家と白バラ家の権力闘争が続く中、赤バラに父と末弟を殺された
 白バラの一郎、善二郎、悪三郎。
 三兄弟は赤バラ王と王子を殺し、長兄・一郎が新国王となる。

 せむし男で皮肉屋の悪三郎は、澱のような劣等感から
 自身の醜い容姿を呪い、平和な世の生きづらさを嘆く。
 もはや悪党になって生きるしかないと決意する。
 切れる頭、口の上手さ、生来の陽気さ、強烈な野心
 そして親兄弟を次々に殺しまくる残酷さを駆使して国王の座を手にするが
 やがて裏切りを恐れて疑心暗鬼に陥り、腹心にも裏切られて
 身を滅ぼしていく   


シェイクスピア原作よりは相当台詞が削ってあるらしいけど、それにしても。
すごい記憶力だよなぁ…しかしわかりやすいネーミングでいいな…
とか感心しつつ、かたや白石加代子さんは1人4役で。

 ①赤バラ王子の未亡人でのちに悪三郎の妻・杏(アン)
 ②赤バラ王妃・政子(マーガレット)
 ③白バラ王・一郎の王妃(エリザベス)
 ④悪三郎たちの母・皇太后。

冒頭と終幕に出てくる現代の白い日傘の女性を入れると、5役だ。
夏草や 兵どもが 夢の跡
諸行無常。綺麗な場面でした。
この人ほんと名女優ですね…。力強くて、なんかオーラがすごい。
萬斎さんが面をつけたシーンで、黒子が持つ衣装を白石さんが
次々羽織り替えて、ひらひらと、どろどろと4役を演じ分けるところとか
とってもよかったです。

脇役もかなり充実で、現代劇の芸達者が多数。
腹心・久秀(バッキンガム公)は狂言の石田さん。この人好き♥
次兄・善二郎(ジョージ)、右大臣(スタンリー)、
赤バラの理智門(リッチモンド/のちのヘンリー7世)と1人3役の今井さん。
長兄・一郎(エドワード4世)、市長と2役の山野さん。
左大臣(ヘイスティングス)の大森さんも、白塗り”麻呂”口調の女たらし役。
みんながっつり安心して観られました。

観客を民衆に見立てた 「てこでも動かない」シーンも面白かったし
遠くない未来に待つ破滅を暗示してるような影法師の演出も印象深かった。
じゅんじゅんさん演じる影法師が床に横たわって、萬斎悪三郎の動きに
合わせて動くんです。
日のあたる舞台中央をゆっくりと歩いていき、やがて影も立ち上がって
悪三郎と一緒にびっこをひきながら奥へと消える。

数々の奸計が成功して国王の地位を奪った悪三郎が大喜びで歌う
マツケンサンバみたいな宴のシーンは 「コラコラ(爆」と思いました。
金色マイクにツーステップって! 超笑った。
シェイクスピア作品のもつ、どこかコミカルな色を活か
したんでしょうか。

++++++++

はぁ~、再演あったら今度こそ行こう。
近いうちBSでノーカット放映もあるらしいんで、それも観よう。
その前に河合さんの新訳で原作読んどこう。
人物相関図がほしいよ…こんがらがる。
ってか、上のカッコ書きの人名もちゃんと合ってるんだかどうだか。

ここ最近は萬斎さんの本業を観に行くのもご無沙汰で
大曲 『釣狐(つりぎつね)』も結局見逃した。ちょっと後悔続きです…。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年7月28日 (土)

夏は怪談

夜は 『爆笑問題のニッポンの教養』の後、NHK教育でやってた
歌舞伎の 『白雪姫』を観たりなんかして。

結構オールキャストで豪華なメンバーでした。若手から大御所まで。
白雪姫は玉三郎? 意地悪な継母は団十郎。団十郎の女形って!(珍
そして団十郎が 「鏡よ、鏡」って訊くシーンでは、鏡に映る継母の役は
息子の海老蔵。これも女形は珍しい。

森の動物たち(若手)や、七人の小人ならぬ七人の童(大御所)のシーンは
なんか幼稚園のお遊戯みたいな雰囲気で(笑
やってる当人たちも楽しんでちょっと半笑いみたいな感じでした。
鏡のシーンでも、団十郎が手ぬぐいを出して鏡を拭くんだけど
せがれをからかって手を上下左右にハイスピードで動かしたりして(笑
ついていけない海老蔵は苦笑い。
気軽に楽しめた作品でした。面白かった( ´ー`)

++++++++

歌舞伎つながりでいえば、この夏観たい邦画が!
こないだ新聞にも載ってた、もうじき公開の菊之助主演 『怪談』。

三遊亭円朝の落語 『真景累ヶ淵(しんけいかさねがふち)』が原作。
”累(かさね)伝説”って実在するんだね! お墓まである…知らなかった。
映画は世界各国でも公開予定。
キャスト、スタッフとも皆ニッポン人みたいだし、中途半端なニッポンを描いた
『SAYURI』みたいな作品を観てなんかウーンo(>_<)o って地団駄を踏んだ
者としては、そこらへんちょっと期待してます。

どこの国でもそうだろうけど、その国の浅からぬ伝統を真面目に描きたいなら
やっぱりその国で生まれ育ったいい役者を使わなきゃ…ねぇ?
探す手間を惜しんで知ってる役者で済まそうとするから、外国人の芸者とか
所作からしてどうにもヘンな感じに仕上がっちゃうんだよ…。

今作の主人公・新吉役の菊之助には、監督も 「惚れ惚れしながら撮影した」
みたいなこと言ってるようです。色っぽいもんねー菊之助♥
てゆーか何、また主題歌あゆなんだ! うーん…o(>_<)o ジタバタ...

++++++++

今日は姫檜扇水仙(ひめひおうぎずいせん)と、羽毛鶏頭(うもうげいとう)を。

水仙とはいっても文目(あやめ)科。
別名”モントブレチア”または”クロコスミア”。
ちなみに、姫が付かない”檜扇水仙”は別物で”ワットソニア”という花
だそうです。

夏らしい橙色の花だけど、葉も茎も花も華奢で繊細なので、最初は
「暑すぎて弱ってるのかな…」なんて思ってしまった。
細いのにかなり丈夫みたい。
乾燥した花をお湯に入れると、サフランの香りがするんだって☆

花言葉は「素敵な思い出、芳香、誠実、謙譲の美」。

Himehiogizuisen3 

赤くて背の高いいわゆる普通の鶏頭は前に載せたことがありますが
今回のはプルモーサ系という種類だそうで、小柄で色とりどり♫
同じ花の一種だとはねぇ。
かつては草染めの原料としても使われていたそうです。

鶏頭の花言葉は「おしゃれ、個性、情愛、色褪せぬ恋」。

Umo_keito1_2

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年5月 2日 (水)

普通のでいいです

んなのみつけました。鎧兜(よろいかぶと)飾り
小さい子は夜中トイレに起きたとき泣くと思う…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)