住まい・インテリア

2007年5月 2日 (水)

普通のでいいです

んなのみつけました。鎧兜(よろいかぶと)飾り
小さい子は夜中トイレに起きたとき泣くと思う…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年3月20日 (火)

脳天直撃!

で使っている机って、子供の頃に親が買ってくれた、折り畳んで
仕舞える机部分の上に本棚部分がくっついている一体型のものなんですが
ちょうどその下で体育座り風に座って本を読んでいたら、いきなり上から
本棚部分の引き戸のガラスが1枚落ちてきました。

頭直撃だわ、ガラスは割れて飛び散るわ、手は切るわ、おでこ切るわで
なんやねん !! 何ごとやねん !! (驚
あっぶな。びっくりしたー。
しばし放心の後、ガラス拾って念入りに掃除機かけたけど
ベッドにも破片が飛んでてちょっと心配。
おでこはヒリヒリ。

木が歪んでたのは随分前からで、引き戸はスムーズに開きませんでした。
うーん、たしかに収納スペースが限られてるから詰め込んであるんだけど
まさか外れるほどに歪んじゃってるとは。
急に奥から昔の本引っ張り出したりして、最近頻繁に開けたり閉めたり
してたからかなぁ…。

わかったよ。BOOK OFFに売るよ。
ウサギ小屋じゃ僅かな蔵書もままならないのね。しょんぼり。

ちょっと驚きすぎて気が昂ってます。ホントびっくりした。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2007年2月 7日 (水)

赤ちゃんもきっと泣き止むよ

願の羽毛布団(ただし安物)を導入して早半月以上が経ちました。
ってゆーか、思い立ってから買うまでが時間かかり過ぎなんですけども。
快適ですマジで☆

それまでずっと使ってた昔ながらの古い布団と比べて、軽さにはやはり驚き。
拍子抜けなくらい、なんかわかんないけど罪悪感を覚えるくらいかるっ!
ただ、その軽さに付随してちょっぴり心配だったのが”密着度合い”。
京極夏彦さんの『魍魎の匣』に出てくる隙間恐怖症じゃないけど、やっぱ
布団と自分の体との間に空間が空いちゃうと寒いしなんか不安。
ピッタリ包まれてないとどうもなー。

でも、これはわりと原始的な感情だと聞いたことがあります。
例えば、赤ちゃんってそもそもグズる生き物ですが、タオルケットのような
大きめの布地に包んで抱っこすると泣き止んで大人しくなるっていうのを
以前TVか何かで見た記憶があります。
”おくるみ”っていうのかな? 日本でも昔からよくある?

で、羽毛布団は軽いからその点どうなんだと、当初は若干心配でした。
しかーし! それは杞憂だった!
意外にしっとりと適度に体にフィットしてくれるんです。
いいよ、これいいよ、思いのほか♫

あとやっぱり何より暖かい。
靴下履こうが腹巻きしようが、特に手足が芯から冷たーくなっちゃってて
それだけでもなかなか眠りに落ちていけないことは冬場珍しくなかったけど
下手すれば寝汗かくぐらいの暖かさ。
…あ、暖冬のせいかも。

まー様々な理由でぐっすり熟睡はできてないけど、金・土は眠れてる…かな。
土曜はホントに心が平穏。わっかりやすい。
連休に向けてもうひとふんばりだ!

| | コメント (5) | トラックバック (1)

2007年1月18日 (木)

住環境整備

手頃価格の羽毛布団セット、届きました。持ち上げたら軽ーい。
これで暖かいんでしょ?
天日干しできてないからまだ使えないけど、楽しみ。
早く包まって昼まで眠りたい♥って感じです(”昼まで”が大事)。

1、2年前には枕を替えました。低反発のやつ。

これも高いのじゃなくてお買い得のやつね。
テン○ュールなんて手が出ませんぜ。
視力が悪いせいもあるのでしょうが、以前から肩凝りが結構辛くて。
ストレッチやらお風呂でマッサージやら、思いつくことは数々試しているものの
なかなかねー。
とりあえず前に使ってた枕よりはイイ具合です。
寝違えることがだいぶ少なくなりました。ってこれは寝相の問題か?

少しずつですが、着々と住環境を整えつつあります。ひきこもり態勢バッチリ。
たぶん前世は冬眠する動物だったような気がする。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年1月17日 (水)

太陽の匂い

気のいい日に干した布団の、ふっくらと太陽の匂いがする様というのは
ささやかな幸せの象徴のような感じがしますが、
いまや干してもふっくらとはならなくなってきました。

子供の頃から使っている布団は、綿もよれて表面の布もところどころ破けてるし
もういい加減いいだろうと。
充分天寿は全うしただろうと。
延命装置、外してやろうよ。

ということで、先日ベルメゾンで安い羽毛布団を肌掛けと併せて2枚注文。
まだ届いてないけど、楽しみー♫
羽毛布団デビューです。
軽いっていうけど、ずっと昔ながらの重たい布団を使ってきた身には
最初少し物足りなさを感じるかもしれない。でもやっぱり暖かいらしいですね。
体調によってすぐ不眠が出たりと、睡眠リズムを崩しやすいもので
そこらへんの効果も期待したりなんかして。

今日の東京はしとしと雨が降りました。乾燥してたからちょうどいいのかな。
週末は晴れるといいなぁ✿

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年11月25日 (土)

あれやこれや

いっ! ということで、今冬初のオイルヒーター登場。
テンプレートも変えてみました✿

デロ○ギは高くて手が出なかったので、ちょいお手頃な”もどき”を昨年購入。
充分です。あったか~い♫
アトピーとかアレルギー持ちなので、ファンを使わず埃が舞わないというのは
非常にありがたい重要ポイントです。

そのほかにもぉー、ニットの靴下でしょ、レッグウォーマーでしょ、フリースでしょ
寝るときは腹巻きでしょ、もう既に完全防備。
東京っつってもね、都心と都下じゃ平気で2~3℃違ったりするんだから。
特に朝晩なんてなめたらいかんよ。
腹巻きのところで「色気のかけらもねぇーな」と思ったそこのあなた!
風邪は万病の元! インフルエンザも狂犬病も死の病なのよ!
あなどってはダメ!

小学生のとき親戚の家で犬に手首をかまれ、火がついたように大泣きしました。
痛みよりびっくりしたほうが大きかったんじゃないかと思う。
犬とか猫とか飼ったことがなかったので、その犬が警戒した低い声で
「ウーウー…」って唸ってたのに全然気づかず、頭なでようとしたんですよね。
そしたらガブリと。

泣きながら連れていかれた病院で傷口を「縫う」って聞いた途端、さらに絶叫。
廊下で待ってた親戚は「よっぽどひどい怪我なのか」と思ったって。
母親は横でなだめるのに必死。
ヤダヤダ言ってパニクってて、頼むから大人しくしてくれと医者も困ってました。
そのとき、狂犬病のワクチンもちゃんと注射された記憶があります。

なんかさ、いずれは誰もがどんな形にしろ必ず死ぬんだけどさ、
致死率ほぼ100%の病気って…しかも早い時期にワクチン接種を受ければ
防げたかもしれないと思うと…。

急性アレルギー反応の一番重篤なやつ、なんていうんでしたっけ。
アナフィラキシー?
あれも処置がちょっとでも遅れると死んじゃったりするでしょ。

どんなに許せないひどいいじめを受けてても、その苦しい空間から逃れる手は
必ず必ず何かあるはずだから、せっかく生ある身、自ら死ぬこたぁないんです。
周りを全部巻き込んで事をおおっぴらにしてやりゃいいんです。
なんにも気づいてない能天気な大人には知らしめてやりゃいいんです。
子供の自分では考えつかなかった対処法を誰かが教えてくれるかもしれない。
さらに「隠そう、ないことにしよう」なんていう悪い大人がもしいたら、
もっと上のほうに訴えて事態の深刻さを公にしてやる。
そして逃げるときは逃げる(これ大事)。

なんつって。
一度本気で「もう生きていけない。無理だと思う。朝までもたない」
と思った夜のある者の戯言です。
当然ひとりでは立ち向かっていけないからね。精神的に参っちゃってるし。
だからまず誰かに話を聞いてもらって、寄り添ってくれそうな人を先に
探すとよいと思います。真剣に耳を傾けてくれる人を。
親でもいいし、学校の先生でもいいし、友達でもいいし。
友達がいなければ病院の先生でもいいし、誰でもいい。
誰かいるから、絶対。

そして繰り返すけど、何も必ず戦わなきゃいけないってわけじゃないんです。
「この人たち日本語通じない。これ以上関わってたらこっちの身がもたない」
と思ったら逃げる。
逃げると、ろくに事情も知らずに「逃げてないで向き合おう。乗り越えよう!」
とか言ってくる暑苦しいお節介さんがいるんですが、そういう人からも逃げる。
逃げるのは必ずしも悪いことじゃないです。

散々泣いたんです、私。
体中の水分が全部なくなっちゃうんじゃないかと思うくらい泣き続けたんです。
もし近くに「女はすぐ涙を武器にする」とか嫌味を言う人がいたとしても
抑えることなんてできなかったです。
だって泣こうと思って泣いたわけじゃないから。
どうしようもなく溢れてきて止められなかっただけだから。

それで、泣くとヘトヘトに疲れるんです。
脇とか背中とかに汗びっしょりかいてるんです。
すごいエネルギーを使ってるというか、体からエネルギーを発してるというか
なんか、ただただつらくて涙ばっかり溢れてきてひたすら泣いてるときが
実は人間って一番”生きてる”んじゃないかと
上手く言えないけど、あとになってふと思ったりしました。

うーん…今日は話があちこち飛んだのでタイトルをどうするか思案中。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年7月 3日 (月)

捨てたいんです

にかく捨てたいんです、いろんなものを。
捨てまくりたい。過去を清算したい。
”一からやり直したい病”にかかってます。

まずはねー、タンス。
っていきなりデカイけど。
だってベビータンスですよ? ウン十年選手ですよ。
丈の長いコートとかワンピースとか全然入らないし、使い勝手が悪すぎて。
もう充分すぎるくらいお世話になりました。
もういいっしょ。詰めこみすぎて扉部分とか壊れてるもん。

で、その入りきらないコートやワンピースはどうしてるかというと、
これが出しっぱなしなんですねー。アハハ。
まさに”片付けられない女たち”みたいな部屋になってます。

タンスを処分したら、クローゼットロッカー?っていうんですか?
あーゆーのを買いたい。幅や高さが調節できるやつ。
出しっぱなしのが全部収納できたらスッキリするぞー。
そうなると、他のいろんなことまでヤル気出てくる感じがする!

環境って大事。
ましてや住環境って本当に大事。
とりあえず明日、役所に電話して粗大ゴミ収集を依頼します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)