ゲーム

2007年7月 3日 (火)

人間関係の参考に

間防衛相、辞任ですね。それこそ 「しょーがない」んじゃないかなぁ…。
口が軽々しいってのはやっぱ政治家としては致命的かと。
べつに政治家じゃなくても、人の上に立つ人間として。
語彙の多少と口の軽い重いは、別の問題だと思う。
この方、失言騒ぎはこれが初めてじゃなかったしね。

えーさて、梅雨の最中にちょっとひと息☆

 
タイプ別性格診断

よくある、数10問の質問にYES/NOで答えていくやつです。
16通りのタイプがあって、読んでみるとなるほど興味深い。

ちなみに私は 「 I N F P 型」でした。
16通りの”タイプ別プロフィール”よりも、その前の”タイプの説明”のほうが
職場の人間関係や親子関係などにおける例え話も紹介されていて
なかなか面白く読めました。
苦笑いしちゃうけど、たしかに参考になるかも。お試しあ~れ☆

++++++++

今日は花菱草(はなびしそう)と、毒痛み(どくだみ)。

花の中央が少し濃く色づいていて可愛いです♫
別名”カリフォルニア・ポピー”。
行ったことないけどカリフォルニアっぽいかも (テキトー
近所の商店街脇の花壇に咲いていて、風になびいていました。

花言葉は「希望、和解、私を拒絶しないで」。

Hanabishiso1
Hanabishiso3

チョーいろんな場所に咲いてる! いたるところに!
別名”十薬(じゅうやく)”はそのまま生薬名にもなっているそうで
ニッポンでは古くから薬として用いられてきたようです。
あんまりいい香りがしないらしい。嗅いでみなかった。

白い花って汚れちゃいやすいけど、毒痛みは小さいからか
日陰で風などから守られているからか、綺麗なまんま咲いていました✿
花言葉は「白い追憶、野生」。

Dokudami

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2007年6月 2日 (土)

新色、ほしい度がアップ

東は5月末日、大荒れの天気に見舞われました。
東京でも豪雨に落雷に、場所によっては雹(ひょう)まで降ったところも。
雷はゴロゴロゴロ…じゃなくてバキバキバキーッ!っていってました。

ところで、先日Nintendo DS Liteの新色発売が発表されたそうで。

既に持ってる人も多いけど、私は未だに持ってません。
だってチョー品薄状態が随分長いこと続いたでしょ?
もう今はそうでもないのかな。
秋葉へ行ったり早起きして店に並んだり定価以上払ってまで
欲しいとは思っていないからか、なんとなく買いそびれて現在に至る。
でも懸賞とかは応募してみたりして(笑) ちっとも当たんないけど。
このメタリックロゼが可愛いなー♫

++++++++

本日は白丁花(はくちょうげ)と…うーん…百合科の何かです。

よく生垣として、見過ごされそうに小さな花を咲かせている白丁花。
目立たない存在だけど、立ち止まってよく見たらすんごく可憐で。
紫色のつぼみとのコントラストもいい✿
花言葉は「純愛」。JUN-AI !!

Hakuchoge

百合科も本当に難しいっス。種類が多くて見分けがつかないっス。

いろいろ調べて、小さめだから姫萱草(ひめかんぞう)かな?とか思うけど
全然自信ない。わかんないの。もう無理っス。

百合はフランスの国花だそうです。こっくりとした濃い黄色が綺麗。
別嬪さんですねぇ☆
花言葉は「稀少、威厳、純潔、陽気(黄)」。


Lily2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月24日 (日)

リアルでもバーチャルでも

Merry Merry Christmas ♫♬♫ 各色シクラメンをどうぞ♥

このモデムのアホゥがまたおかしくなってまして、ネットできませんでした。
でも繋げたとしても、仕事が忙しくてくたびれてできなかったかもしれない。
人間関係的なギクシャク系のストレスって特にあんまり免疫ないので
少しのことでもこたえますね。
まー気にしすぎな面も大いにあるんだろーけどなぁ。
なんか半分シカトされるみたいな状況になっちゃってます。
まったく…。やっぱり女性は怖いです。

っつーかね、転職したての一番短い人間にほかの人の仕事チェックさせて
”本日のerror report”とか出させること自体、いびつで軋轢を生むんだよ…。

意地悪な気持ちなんてもちろんあるわけないし、仕事と思ってやってるだけ
だけど、私のreportメールを見て後ろで小声で話してるのが聞こえるわけです。
「ってゆーかさぁ、これ今日上げるか明日上げるかの違いだから全然
errorじゃないんだよ。気にしなくていいから」とか聞こえよがしに。

あ~私がトンチンカンなreportしちゃったんだな…と思って気になりつつも
仕事終わんないから手を休めるわけにもいかず、黙々と。

それでもやっぱり気になって、その人たちの帰り際に勇気を出して
「ごめんなさい、私よくわかってないから変なreport出しちゃいましたよね」
とか声をかけたら、「前に教えたよね?」って一言が。

ええ、覚えてます、覚えてます。教わったし、メモったノートだってちゃんとある。
だけどよくわかんなかったから一番長くいる女性に一応質問したんだよー。
独断でやったわけじゃなくて、その指示が間違ってたのー。

だけどそれはさすがにその場では言えないスよ…。

昨日は昨日でやっとモデムが復帰してネット繋がったもんで、
暇にまかせて夜どうぶつの森タイプのオンラインゲームしてたら、
道で出会ったおそらく若い女の子であろうキャラにいちゃもんつけられて
「わたしのアイテムとらないで!!!!!」とか
「持ってきて、早く!!!!! ここに置いて!!!!!」とか
「そこじゃない、もっと下!!!!!」とか
なんで命令されてんの私…と思いながら
横取りしようとしたわけじゃないの、ごめんね、2つのアイテムを同時に
運んでる最中だったから行ったり来たりしてただけで、誤解だよって
辛抱強く説明しても「ハァ?」とか言われて
しまいには「ってか、奥さんくさい話し方すんなよ!!!!!」だって。
いちいち語尾に!!!!!がいっぱいついてんの。なんか怒ってる~(>_<)
「奥さんくさい」て、まだ×もついてない嫁入り前だよ…。

そもそも、どうぶつの森タイプのゲームですよ?
どっちか言ったら癒しを求めてやってるのに、まさか凹んでログアウトする
羽目になるとは。
なんだかなー、リアルでもバーチャルでも…。
人を怒らせたりイラつかせたりする天賦の才でもあるのかなと思っちゃう。
しょんぼりだよ。

ま、一番しょんぼりなのはイブを含む週末に家でゲームとかしてることですが。
しかもいい年してゲームに癒しを求めてる場合か!!!!!

Cyclamen_1 
Cyclamen_2_1
Cyclamen_3

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年8月31日 (木)

30万円

計とかとってるわけじゃないから本当のところはわからないけど、
印象として親殺し・子殺しの件数が増えてる気がしてならない。
親への不満から自宅に放火して兄弟が亡くなった事件とかも含めて。

稚内の事件、30万円で殺人を請け負う側も側だけど、
依頼したのが被害者の息子だったとか
もう小説やドラマにすらならない世界。
だってさー、ちょっとした腕時計でもザラにある金額だよ。
「金がほしかった」って、人を(しかも友人の親を)殺してまで得た30万で
いったい何がしたかったんだろう。

家出するとかじゃなくて放火や殺人っていうのが…。
想像でしかないけど、リセットしたいんだろうか。
現代の一つの傾向ではあるような気がする。恐ろしい傾向。

他人事みたいに言ってるように思われるかもしれませんが、
その怖い傾向に私自身も含まれてるという危機感があります(キッパリ

虐待の末の子殺しとか言語道断で、鬼親が子供たちにしたことと
おんなじ目に遭わせてやればいいんだ!って思う。
さらに解せないのが、虐待する親に限って結構何人か子供いたりしてさ
ちょっとは避妊したらどーなのさー。
殺すために産んだのかと思っちゃうよ。

憎しみの連鎖とか暴力の連鎖があるけど、虐待にも連鎖があって
親本人の資質だけの問題じゃない場合も多いと思う。
幼い頃に自身も虐待を受けていたケースだってあると思う。
「私は今、子供を虐待してる」って自覚しながら虐待してる親は
もしその自覚と苦悩と悲しみ
があるなら、絶望しないで
どうにか周囲に救いを求めたりして防ぐ道もあるんじゃないかって思う。
簡単なことじゃないのかもしれないけど
微かに希望の光はあるように思う。

でも、捕まって「しつけの為にやった」とかほざいたり、怪我を負った子供を
収容先の病院から無理矢理引き取って帰っちゃうような親には、
少なくとも新聞やニュースで見る限りでは、希望の光は見出せない。
連れ帰った家の中でまた同じようなことが行なわれるのは目に見えてるし
次も子供の命が助かるという保証はない。

虐待にもネグレクトとかいろんなタイプがあるみたいですね。

以前TVで専門家が話してたんですが、ネグレクトを含む虐待を行なう親は
傾向として、子供を手元から放したがらないんだそうです。
素人考えでは、そんなに疎ましいんなら自らどこか施設へ預けるとか
そういう選択肢もあっていいんじゃないかと思っちゃうけど
そう単純にはいかないみたい。

つまり、親は親で、虐待をすることで子供にある意味”依存”していて、
だから手放したくはない、そばにいてもらわないと困る。
そんな心理が働いてるらしいんです。
そして虐待は続き、挙げ句の果てに死なせてしまう。

運良く死なずに生き延びたとしても、そんな劣悪な環境で
子供の人格形成が正しくなされるはずもなく
その子が”大人”と呼ばれる年齢に達する頃に、自分の歪みに苦しんだり
別の新たな悲劇が生まれないとも限らない

まさに連鎖。

”最初から親なわけじゃない。子を産み育てることで親になっていくものだ”
とはよく言われるし、きっとそれはそのとおりなんだろうと思う。
だけどゲームじゃあるまいし、人生に今回も次回もないっていうか、
「あーちくしょー、うまくいかねぇな。よし、(リセットして)次はクリアするぞ」
とかいう問題じゃない。

みんなさ、ぼくの夏休みとかどうぶつの森とかにしておけばいいのに。
RPGの怖いやつとかは、例えばR20指定にして。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月20日 (火)

私の成分

題の成分解析やってみました。遅まきながら。

  ****の成分解析結果 :

  ****の64%はカテキンで出来ています。
  ****の26%は雪の結晶で出来ています。
  ****の4%は税金で出来ています。
  ****の2%は魔法で出来ています。
  ****の2%は電力で出来ています。
  ****の2%は呪詛で出来ています。

すごーい! アハハ、おもしろい!
お茶大好き人間だからねぇ<カテキン。妙に納得。
最後の”呪詛”って…これもねー。怖いけど当たってるかも!
むかーし他人から言われた嫌な言葉とか、いまだに忘れられません。
べつに呪っちゃいないけど、執念深く憶えてはいます。

いろいろ入力して遊ぼー♫

| | コメント (0) | トラックバック (0)