おすすめサイト

2007年12月12日 (水)

眠りにまつわるあれこれ

ッズ対ACミラン、楽しみですねー☆
いいんですいいんです、けちょんけちょんに負けたって。練習試合ではなく、本気と書いてマジと読む試合でいったいどんだけの力の差があるのか、身をもってそれを味わうのはニッポンのサッカー界のこれからにとってすごく大きな意味があるんじゃないかと思うのです。

ところで、今日まで 『ほぼ日刊イトイ新聞(ほぼ日)』で連載されていたコラムを毎回楽しみに読んでいました。
ほぼ日の睡眠論 <ねむりと記憶。>ってやつ。
あまり眠れないことが日々の悩みのひとつで、少なからず悩んでいる身としては、とても興味深いテーマ。海馬の研究者・池谷博士
と糸井さんの対談コラムです。

やっぱねー、生き物は寝ないでいると死んじゃうんだ、とか、深い眠り、すなわちノンレム睡眠のときに脳は記憶の圧縮をする、とか、寝ずに勉強したグループとたっぷり眠ったグループとでは、テスト結果が後者のほうがよかった、とか、どこかで見聞きして頭では知っていたことも、改めて専門家の口からわかりやすく語ってもらえるのは非常にためになる。なるほど。
やっぱり徹夜のお勉強はよくないわけですよ。

そして個人的に目からウロコだったのが、もしも眠れなくても、最悪、部屋を暗くして情報を遮断した状態でジーッと過ごせば、こと”記憶”という機能にスポットをあてた脳的な意味では睡眠をとったのと同じ効果が得られる、という話。そーなんだ!
まぁただこの先生も言っているように、それは”記憶”という側面に限った話のようですが。

そう、眠れない時間って何もしないで何も考えないでいることができない。人にもよるだろうけど、私は怖い想像、悪い想像が止められなくて苦しいし、脳も体もちっとも休まらないまま空が白んでいくあの焦り。眠れていないから当然、昼間の作業効率は明らかに悪いし、断続的な睡魔には襲われるし、とにかく現実的に困る。

連載コラムがすごく面白かったので、この池谷さんの著作を読んでみたくて早速 amazonさんで注文。
いつもノンフィクションのこれ系の本はお風呂で読みます☆

今回の<ねむりと記憶。>のひとつ前のコラムでは、味の素(株)でアミノ酸と睡眠に関する研究を行なっている人が登場。
「ねむり」に満足してますか?> こっちも面白かったです。
グリシンというアミノ酸の一種が、質の良い眠りに効果的という話。ちょっと前からいろんなメディアで見聞きして興味があったんだけど、味の素から発売されている 「グリナ」っていう粉末サプリみたいなのが、これがエラい高いんだよなー。とても続けられっこない価格。

ってことでほかのメーカーから出てないのかと調べたらあるのね、あった。楽天で安く買えるみたいだから、試してみようかなと思っています。

だって眠剤を飲まずに済むなら、なるべくそのほうがいいもんねぇ。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2007年6月29日 (金)

ハムスターにヤラレタ+花菖蒲pt.2

の動画、ついつい何度もリピート♥ 可愛いにも程があるって!

 ピアノの上でポップコーンを食べるハムスター

こりゃ撮ってる人も笑うわな( ´ー`)

++++++++

えっと、花菖蒲パート2です。ホントいろんな種類があるねー。
一番上のが特に綺麗でしたよ✿

Hanashobu05
Hanashobu10

弥生鏡 ↓
Hanashobu04yayoikyo

朗月 ↓
Hanashobu17rogetsu

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月22日 (金)

反作用について考える

に”リアクション”っていうのとはちょっと違うんだろうな。
ほぼ日コラム 『おとなの小論文教室。』の過去の回、”反作用をこらえる
を読んで。

1日の大半を過ごす職場における、自分以外の他者との関係性は
精神衛生上という意味でもちろん大事だし
第一、仕事自体の質もしくは進み具合に、良くも悪くも影響することがある。
誰だって余計な摩擦や消耗はできれば避けたい。
どうしても譲れない、曲げられないと思う部分についての
必要な衝突は別として。

私の場合、どうもこの山田ズーニーさんの言うところの”反作用”を
イチイチきっちり起こし過ぎるきらいがあるのかなぁ…と自己分析。
どうなんだろう。

そこに誤解があるなら、私の場合100%
「誤解を与えるようなことを言ってしまったのなら謝ります」とか言っちゃう。
もろに反作用。
その上で、くみとってもらえるかどうかはわからないにしても
”言うだけ言ってみよう、ダメならしょうがない”って思うから
自分の見解とか考えを一応相手に伝えてみる。
生来の臆病気質から、オドオドと遠慮がちに遠回しに若干まわりくどく。
でも無理っぽいと思ったらわりとすぐ引っ込む。

自分の欠点やミスを非難されたら、仮に何らかの事情があったとしても
やっぱりほぼ100% 「おっしゃるとおりです、ごめんなさい」的なことを
言ってしまう。これも反作用。
もう本当に情けないくらい自分に自信がないのが根底にあるからで
相手が振り上げたこぶしをどう下ろしていいか戸惑うくらいに
平に謝り倒しちゃったりする。
そういう作戦なわけじゃなくて、天然で。

結果それで穏便に事が運ぶケースもあるにはあるけど
より建設的にって考えると、この山田さんの”反作用をこらえた上で
自分の意見とかビジョンを述べる”っていう手段をとると
よりフェアな立場で物事を進められるのかなー。
上手くいけば、お互いの関係性にもプラスに作用しそう。
ありがちな優勢とか劣勢っていうのを超越した感じがする。

試みてみたい気はするんだけど、実際はどーも勇気が出ません。
だってその後の過程でいい仕事できるかどうか自信ないしさ…。トホホ。

++++++++

えー本日は雪の下(ゆきのした)、マーガレット、朝顔です✿

雪の下は生い茂るほかの植物の陰にひっそりと咲いていました。
日陰でも育つみたいです。ってか、むしろ日陰を好むのかな?
葉の上に雪のような白花をたくさんつけることからこの名がついたそうです。
葉は天ぷらにして食べたり、貼り薬としても利用されるんだって。
しかし変わった形してますなー。
自然を創りたもうた神様の気まぐれは面白い!

花言葉は「深い愛情、好感、切実な愛」。

Yukinoshita2

まーた八重ですよ(>_<) しかも菊科ですよ。難しい…。
色違いのタンポポみたいでぇー、ちょっと花びらが肉厚な感じでぇー
葉っぱからすると菊科っぽくてぇー、とか言ってまたもや人に尋ねました。
あっさり八重咲きのマーガレットでは?だって。なるほどねぇ…。
せめてこんな有名な花くらいは自力でたどり着きたいよ(-_-)


別名”木春菊(もくしゅんぎく)”。
元々は一重の白花が主だったことから、マーガレットという英名は
ギリシャ語の 「真珠」に由来するそうです。
花言葉は「心に秘めた愛、貞節、誠実、慈悲、真実、恋占い」。

Marguerite1
Marguerite4

芝生?の上にこ~んなふうに這わせてある朝顔を見かけました♫
垣根に蔦を絡ませて咲くのも素敵だし、こんなんもイイね。発想力。
花言葉は「愛情、平静、愛着」。

 一日のはじめ こわばる横顔(よこがお)を コロコロ笑う 夏の風物詩

Asagao_3

| | コメント (3) | トラックバック (1)

2007年3月21日 (水)

エッセンス

始から9年ほども経つらしいこの長寿サイトを、恥ずかしながらつい最近
偶然知りまして。
既にご存じの方も多いことでしょう。

ほぼ日刊イトイ新聞』、略して『ほぼ日』。

好きでよくのぞく、とあるHPで先日ここの記事が紹介されてたんです。
リンクで飛んでみると…
わーい、いろんなページがあって見どころ満載☆

あ、”言いまつがい”ってここのコーナーのことなんだぁ、へぇー、ほぉー。
とにかく読みでがあるのですが、まずは”おとなの小論文教室。”
というコーナーと、糸井さんの”ダーリンコラム”の過去ログを
それぞれ面白く感慨深く拝読しているところです。

自分よりうんと年上の人が、これまでの経験で微かにわかってきたことや
未だにわからずにいること、折々で感じたことなどを書き綴っていて
そういう文章に触れられるのって、嬉しいし、楽しい。
いわば言葉のエッセンス。
自分の混乱は結局は自分自身でどうにかするしかないものだと思うけど
何かのヒントやキッカケみたいなものは、ちょっとした拍子に
あまり身近でない他者から得られる場合も、あるように思うのです。

それにしても冷える日が続きますねぇ。おまけに強風。
部屋は建てつけが悪いから窓がガタガタ言うしさ。
うまく眠れないまま朝になって、目覚ましが鳴る前に
小鳥のさえずりがチュンチュン聴こえ始めると
あくびしながら、あぁ今日もまた寝不足だと観念します。

 風が泣く 寒のもどりに かじかむ手 もの思ふとて 明けぬ夜はなし

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年2月 6日 (火)

ひとまず目で楽しむ

中は暖かくても、朝晩が結構冷え込みます。寒い。
と言っても2月だから当たり前かー。

こんなんみつけました。全国各地の鍋特集
どれも美味しそう…! レシピも載ってるから、ひとつずつ作ってみよっかな♫

なんてとりあえず思ってみた。実際作るかどうかは気分次第。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年1月27日 (土)

クセを知るものなんだって

に知り合って間もない人から、例えば血液型の話とかされるのが
ちょっぴり苦手。

だってさ、聞かれるからまぁ普通に「O型です」って答えるでしょ?
そうすると、「Oって意外と頑固だって言うよねー」とか言う人や
「え~絶対Oじゃないよ~、Oには見えない」なんて勝手に否定する人もいて

なんなん!? 私の何を知ってるの!? Oだっつってんじゃん!と (熱

まーそんなに目くじら立てるほどのことでもないんですけども。
ちょっと熱くなった自分がハズカシイ…。

話題の取っ掛かりとして軽~く話すのさえ嫌っ!なんてわけじゃないんです。
そんな、いくら私の精神年齢が中学生レベルとはいえ
そこまで大人気なくはない。
ただ、なんでこう他人を安易に分類したがるのかな?と思う気持ちもあり
会話の方向によっては微妙に不快感を覚える場面も…なきにしもあらず。
OにもいろんなOがいるんだよーう。

人格形成には、育った環境の影響のほうがよっぽど大きい気がします。
例えば長男長女とか末っ子とか、貧乏か金持ちかとか
どんな人と出会えたかとか。
そして必要なことも余分なことも含めて、ペタペタと身につけていくんだ。

というわけで、”あなたのコミュニケーションのクセを知るモノ”だそうです。
「なんだかんだ言って自分も分類したがりぃ~じゃん」というそこのご指摘
ごもっとも。甘んじて受けます。
  オモテゲノム=SMART
  ウラゲノム=K I F      の薫子でした☆

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年6月29日 (木)

こんなんみつけました

きでよく見ているテキスト系サイトで、最近こんなんが紹介されてました。

俺の先祖は恐ろしい人物かも知れない・・・
俺の先祖は恐ろしい人物かも知れない・・・2

ドキドキしたよ…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)