« 東京 | トップページ | 取り返しのつかないこと »

2007年12月12日 (水)

眠りにまつわるあれこれ

ッズ対ACミラン、楽しみですねー☆
いいんですいいんです、けちょんけちょんに負けたって。練習試合ではなく、本気と書いてマジと読む試合でいったいどんだけの力の差があるのか、身をもってそれを味わうのはニッポンのサッカー界のこれからにとってすごく大きな意味があるんじゃないかと思うのです。

ところで、今日まで 『ほぼ日刊イトイ新聞(ほぼ日)』で連載されていたコラムを毎回楽しみに読んでいました。
ほぼ日の睡眠論 <ねむりと記憶。>ってやつ。
あまり眠れないことが日々の悩みのひとつで、少なからず悩んでいる身としては、とても興味深いテーマ。海馬の研究者・池谷博士
と糸井さんの対談コラムです。

やっぱねー、生き物は寝ないでいると死んじゃうんだ、とか、深い眠り、すなわちノンレム睡眠のときに脳は記憶の圧縮をする、とか、寝ずに勉強したグループとたっぷり眠ったグループとでは、テスト結果が後者のほうがよかった、とか、どこかで見聞きして頭では知っていたことも、改めて専門家の口からわかりやすく語ってもらえるのは非常にためになる。なるほど。
やっぱり徹夜のお勉強はよくないわけですよ。

そして個人的に目からウロコだったのが、もしも眠れなくても、最悪、部屋を暗くして情報を遮断した状態でジーッと過ごせば、こと”記憶”という機能にスポットをあてた脳的な意味では睡眠をとったのと同じ効果が得られる、という話。そーなんだ!
まぁただこの先生も言っているように、それは”記憶”という側面に限った話のようですが。

そう、眠れない時間って何もしないで何も考えないでいることができない。人にもよるだろうけど、私は怖い想像、悪い想像が止められなくて苦しいし、脳も体もちっとも休まらないまま空が白んでいくあの焦り。眠れていないから当然、昼間の作業効率は明らかに悪いし、断続的な睡魔には襲われるし、とにかく現実的に困る。

連載コラムがすごく面白かったので、この池谷さんの著作を読んでみたくて早速 amazonさんで注文。
いつもノンフィクションのこれ系の本はお風呂で読みます☆

今回の<ねむりと記憶。>のひとつ前のコラムでは、味の素(株)でアミノ酸と睡眠に関する研究を行なっている人が登場。
「ねむり」に満足してますか?> こっちも面白かったです。
グリシンというアミノ酸の一種が、質の良い眠りに効果的という話。ちょっと前からいろんなメディアで見聞きして興味があったんだけど、味の素から発売されている 「グリナ」っていう粉末サプリみたいなのが、これがエラい高いんだよなー。とても続けられっこない価格。

ってことでほかのメーカーから出てないのかと調べたらあるのね、あった。楽天で安く買えるみたいだから、試してみようかなと思っています。

だって眠剤を飲まずに済むなら、なるべくそのほうがいいもんねぇ。

|

« 東京 | トップページ | 取り返しのつかないこと »

コメント

こんばんは~♪
なかなか眠りにつけない派の翠です。
そしてやはりマイナス思考に走ります…なので眠れないときは眠らない。睡眠不足が直接死亡原因にはならないだろうから(多分)、その直前くらいまで行っちゃえばいつかは眠れるさっ!などと思える楽天家でもあるけど☆
そのかわり肌も髪も内臓もボロボロになるけどね~^^;

投稿: | 2007年12月13日 (木) 18時03分

私は、楽天的にはなれないから辛いです。「怖い想像」というのはマイナス思考という意味ではなくて、例えば包丁で胸をざくざくと何度も何度も突き刺すことだったり、首をかき切ることだったり、夜中の間に台所で包丁を手にしたら、刃を内側に向けて握ったら、もう自分は終わりだろうという想像です。恐ろしいことを実行してしまうかもしれない、取り返しのつかないことを、ついにしてしまうかもしれないという想像です。包丁を握ったらもう止められないと思う。怖くて怖くて涙が止まらないし、頓服の抗不安剤を飲んでもほとんど効果がないし、死にたくない、生きたいと思うんです。生きたいのに、自分はこのままでは到底生きていけないと思ってしまう、「怖い想像」とはそういう意味です。だから「眠れなくても死にゃあしないよ」というのは、今の私には励ましにも慰めにも気休めにもなりません。

不幸自慢とか病気自慢と受け取られてしまうのが嫌で、もう自分のことはあまり他人に話さないようにしようと決めたし、だから今回も込み入った内面までは書いていなかったのですが、やっぱり不快なものは不快で、どうしても…。すみません。

自分は人より不幸だとか言いたいわけではなくて、そんなふうに思っているわけではなくて、本当に薄情かもしれませんが、むしろ人様のことを気にできる余裕などないというのが正直なところです。私が苦しんでいるのは自分自身が何もかも間違った生き方をしてきたからだし、自業自得だし、こうして人を傷つけて自分を傷つけて、このままではこれから先を生きていけないと、どうしても思うんです。

辛い辛くないは相対的な話ではなく、ごくごく個人的な話であって、追い詰められている人に向かって「みんな同じだよ。そんなもんだよ」と言うのはとても暴力的な酷いことだと思います。比較してどうこう言える類の話ではないと思っています。少なくとも今の私には、もしかしたらそれほどの意味は込められていないかもしれない言葉を、ひょっとしたら厚意かもしれない言葉を、厚意と受け取ることができません。言葉を発した側にも当然いろいろな来し方があったでしょうが、そういった背景に思いを馳せたり想像を働かせたりする余裕がありません。例えばいじめにしても、する側が「どんなつもりだったか」ではなく、される側が「どう感じたか」が肝心なように、言葉は受け取る側がどう感じるかによって意味合いが180度違ってしまうことは大いにあり得ると思います。

曲解してすべて悪いように捉えてしまう私が間違っているので、あまり気にしないでください。ただ苦しいだけです。今回の記事にいただいたコメントはもしかしたらあとで削除させていただくかもしれません(もちろん私のこのコメントも)。

投稿: 薫子 | 2007年12月14日 (金) 01時28分

削除の件、了解です^^。

人それぞれ捉え方があるのが当然ですから、全然なんの問題もないですよ!
私の場合はどんぞこ状態で出た不眠に関しての結論がそれだったので、もちろん薫子さんに当てはまるとは限りませんものね^^。
自分なりに辛かった時期は数年前にとりあえず通り越えられた(多分)ので、なんかお気楽な感じに書いてしまいましたね^^; 

薫子さんのコメントに「生きたい」という言葉を見つけてうれしかったです。

ではでは☆

投稿: | 2007年12月14日 (金) 08時55分

お久しぶりです。。そして遅ればせながら今年もよろしくお願いします・苦笑
「眠り」については、私もとても興味があります。
薫子さんの記事を読んでなるほどと思いました。とても興味深いお話ですね**

投稿: 真禅寺忍月 | 2008年1月20日 (日) 13時18分

>真禅寺忍月さん

たいっへん遅ればせながら、こちらこそ今年もよろしくお願いします(>_<) おそっ!
『ほぼ日』サイトは、これ以外にもいろいろ興味深いコラム企画とか対談などがあって、過去の文章も検索してほとんど全部読めるので、ほんと面白いです。就職論とかも私は楽しく読みました。

ところで、蜷川さんの 『わが魂は輝く水なり』、観に行く予定でおります♡

投稿: 薫子 | 2008年3月16日 (日) 13時19分

そういえば糸井さんの「海馬」は読んだこと有ります^^
(たしか「海馬」のもう一人の著者:池谷先生は「MANSAI◎解体新書」に招待されたことがありますね☆・・・嗚呼行きたかった・・。)

糸井さんのコラムは面白いですね♪
「海馬」も、読んでいてとても得るものがありましたし・・。
一度会って話してみたい方の一人です・苦笑

「わが魂~」ご覧になるのですか!!
う・・・羨ましい限りです。
私は今年受験生なので行けないのです・・涙
私の友人も(萬斎ファン)行くと言ってました。
是非楽しんできてくださいね♪

投稿: 真禅寺 | 2008年3月18日 (火) 18時39分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178748/17351068

この記事へのトラックバック一覧です: 眠りにまつわるあれこれ:

« 東京 | トップページ | 取り返しのつかないこと »