« 『点と線』第一夜 | トップページ | 東京 »

2007年11月27日 (火)

『点と線』第二夜

やぁ、しかし見応えあったなぁ… (・・*)。。oO(回想中)
端役までをも実力俳優が演じていて、ちょっとこれ配役ミスでしょ的なのがほとんど見受けられない。

安田の妻・亮子役の夏川結衣さん、よかったなー♥ 病床に訪れた鳥飼刑事から詰め寄られるシーンのあの表情。おそらく寸分違わず当たっている推理を聞かされるうちに、みるみる目が潤んで、今にもこぼれそうな涙は最後までこぼさず、鳥飼さんの視線から目をそらさず、すべて最愛の夫の為。
ありゃあイイ女でっせ。極上でっせ☆
鳥飼さんじゃなくても 「綺麗だ」って思う。

政治の裏の闇の構図なんて元来興味ないほうなんですが、例えば捜査当局の手が迫っている政治家の秘書が突然自殺したりとか、そういうのフィクションじゃなく実際過去にもあったことだもんね。
東京オリンピック前、昭和30年代という時代も知らないし、ましてや戦争も経験していないからわからないけど、戦時中に上官と部下の関係だった原大臣(江守徹)と安田(柳葉敏郎)の固い絆というか忠誠心というか、「先生にご迷惑はおかけしません」と。最期まで真相を語らず、言葉どおり墓場まで持っていく。
上司を守る為、なんだろうか。命令だから、なんだろうか。
自分を守る為、なんだろうか。
組織は決して下々の者を守らず、最終的には自殺に追い込まれるか、自殺と見せかけて殺されるかして切り捨てられる。時代は変われど、人間はいつまでも愚かなまま、歴史は繰り返すっていうことでしょうか。

あと一歩のところで、何もかもを知る被疑者を死なせてしまった捜査員の痛恨と怒りは、どこに向くでもなく、それぞれ自分自身と、自分の属する組織自体に向いていて、だけどラスト、警視庁から博多の鳥飼家まで報告に訪れた三原刑事(高橋克典)に、目の前で土下座して詫びるその彼に対して、彼が悪いわけではないと知りながらも、溢れ出る腹立ちをぶつけずにはいられない心境。
父のその怒りをそばで聞きながら、捜査の詳細などわかりもしないのにとにかくなぜか涙が出てくる娘役の内山理名さんもよかった。すごく。
三原刑事に少し惹かれてたのにね。叶わなかったね。

捜査の過程で鳥飼さんが、最愛の亡き奥さんの手作りの帽子を失くしてしまったことが悲しかったです。いつもかぶってたのに。
鳥飼さんが悲しんでいるのが、私も悲しかったよ(>_<)

|

« 『点と線』第一夜 | トップページ | 東京 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178748/17200618

この記事へのトラックバック一覧です: 『点と線』第二夜:

« 『点と線』第一夜 | トップページ | 東京 »