« 時の人 | トップページ | よさこいの友 »

2007年9月15日 (土)

サプライズ

やぁ、安倍式特大サプライズの余韻が。
ってか、こんなサプライズかよっ!

相当びっくりなタイミングだったけど、まぁいずれ来る限界って感じで
個人的には、よりによって今ですかぁー(+_+;) という
”時期”に関しての感慨があった程度で…。
辞意表明の会見では、一応政治的判断みたいなことを言ってましたが
うーん、く、くるしい(T_T)

「ひとえに個人的能力の事情です。とはいえ、近辺に足を引っ張る人間が
多すぎました。事後対処を誤ったせいで自殺者まで出しました。
多くの判断を誤り、時期を逃し、キャパはとっくのとうに越えていたけど
さすがにそれも限界です。無責任を承知で、いっぱい迷惑かけて
ほんとごめんなさい。おなかおかしいです。下血してます」

そうぶっちゃけて言えたら、安倍さんもどんなにすっきりするだろう。
国を司る立場じゃとても言えないだろうけど。

参院選の後、内閣改造の前、舛添さんは安倍さん批判というか
惨敗の責任をとるべきでは的なことを言ってましたが
TVで 「このままだと自民党はもたない。安倍さんも、もたない」というような
発言を当時していて、本当だなぁ、本当に現実にそうなっちゃったなぁと。

『NEWS ZERO』の村尾キャスター?でしたっけ?
あの人、番組内でさんざん安倍さんのこと辞任すべき辞任すべきって
ずっと辞めさせたがってたのにさ
いざ安倍さんが辞意を表明した夜、緊急出演した谷垣さんと中川さんに
「何があったんでしょうねぇ」なんてすっとぼけたこと訊いてたので
お茶の間で軽くつっこみました。
「なんでこのタイミング?」っていう話なら大いにわかるけど
「何があったの?」はないでしょーに。
野党はもちろん、党内からも、番記者からも、マスコミからも、国民からも
散々叩かれて針のむしろなのは誰が見てもわかる状況だったじゃん。
いや、同情するわけじゃないですけど。

味方の反感をも買う形での降板となった以上、今後、安倍さんは
一議員としての立場も危うい感が漂う。
政治的な意味でも、無理しすぎたんだから個人的な体調の意味でも
とにかく当面は引っ込んでたほうがいいんでしょうね…。
安倍内閣発足当初、高い支持率の一端を僭越ながら支えていたワタクシ
としましても、んまぁ非常に残念な結末ではありますが。

”限界”って時期とか関係なく来ちゃうからね…。
えてして最悪のときに来ちゃうんだ…。

かつて、しがない一般事務員があまりの忙しさに燃え尽きて持病が悪化し
ついに仕事に行けなくなって、他の女性事務員たちの理解を得られず
最終的に辞めざるを得なくなった、っていう話と
国家の総理大臣という要職にある人の話とを
まさか同列には語れないけども
個人的な心理でいえば、必ずしも”遠く想像が及ばない”ということもなく。

石破さんが言っていたように、「辞めていく人にあれこれ言いたくないけど」
っていうのはまったく同感。同情するわけじゃないけどさ。
もうこれ以上できないっつーんだもん、しょうがないよ ヽ( ´ー`)ノ

++++++++

さぁ、次だ次。福田さんが出るんなら、福田さんでどうでしょうか。
いいんじゃないの?

小泉内閣の官房長官時代の印象はとってもいいです、個人的に。
ただ、それはあの良くも悪くも強烈な小泉さんというキャラの女房役として
うまい具合に中和させる感じもあって印象がよかったのかな
この難局を先頭に立って牽引していくとなると、果たしてどうなのかな
物足りないことはないかな…なんてことも思ったり。
スイマセン、印象論止まりで(>_<)
まぁでも次はちょっと堅実なのが求められるやぁーねぇ。
麻生さんも嫌いじゃないけど、麻生さんはたぶんまだ
次の機会があるだろうし。
一度安倍さんのマイナスイメージを払拭しないと、党としてヤバそう。

ちなみに安倍さんの辞意表明以後、例の 『晋ちゃんまんじゅう』が
飛ぶように売れているんだそうです。もはやレアものってことで。
私もほしい。

|

« 時の人 | トップページ | よさこいの友 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: サプライズ:

« 時の人 | トップページ | よさこいの友 »