« 心技体+百合pt.1 | トップページ | 今宵ぼくらは »

2007年8月12日 (日)

国盗人

んな気温って…こんな気温って…(+_+;) 体温でしょーに。
毎日毎日、ただ外に立ってるだけでホットヨガみたい。
やたら着替えるから洗濯も追いつかない。

++++++++

先日の夜、NHK教育でやってた野村萬斎演出の舞台
『国盗人 (くにぬすびと)』を観ました。
シェイクスピア原作 (『リチャード三世』)、河合祥一郎翻案。
『まちがいの狂言』も面白かったし、観に行きたかったけど
金欠であきらめた作品でした。
ついこないだまで舞台やってたのに、こんなに早くTV放映してくれるとは♥
ん~迫力あった。面白かった♫


戦乱の世のニッポンが背景? とはいえ、刀じゃなくて剣持ってた。
衣装はコシノ姉妹の誰かで、どこともつかない和洋折衷な雰囲気。

シェイクスピア劇は台詞量が膨大で、前半途中まではちょっと辛抱の時間。
退屈なわけじゃないけど、萬斎さん演じる主役・悪三郎(リチャード)の
独白がしばらく続く。


 赤バラ家と白バラ家の権力闘争が続く中、赤バラに父と末弟を殺された
 白バラの一郎、善二郎、悪三郎。
 三兄弟は赤バラ王と王子を殺し、長兄・一郎が新国王となる。

 せむし男で皮肉屋の悪三郎は、澱のような劣等感から
 自身の醜い容姿を呪い、平和な世の生きづらさを嘆く。
 もはや悪党になって生きるしかないと決意する。
 切れる頭、口の上手さ、生来の陽気さ、強烈な野心
 そして親兄弟を次々に殺しまくる残酷さを駆使して国王の座を手にするが
 やがて裏切りを恐れて疑心暗鬼に陥り、腹心にも裏切られて
 身を滅ぼしていく   


シェイクスピア原作よりは相当台詞が削ってあるらしいけど、それにしても。
すごい記憶力だよなぁ…しかしわかりやすいネーミングでいいな…
とか感心しつつ、かたや白石加代子さんは1人4役で。

 ①赤バラ王子の未亡人でのちに悪三郎の妻・杏(アン)
 ②赤バラ王妃・政子(マーガレット)
 ③白バラ王・一郎の王妃(エリザベス)
 ④悪三郎たちの母・皇太后。

冒頭と終幕に出てくる現代の白い日傘の女性を入れると、5役だ。
夏草や 兵どもが 夢の跡
諸行無常。綺麗な場面でした。
この人ほんと名女優ですね…。力強くて、なんかオーラがすごい。
萬斎さんが面をつけたシーンで、黒子が持つ衣装を白石さんが
次々羽織り替えて、ひらひらと、どろどろと4役を演じ分けるところとか
とってもよかったです。

脇役もかなり充実で、現代劇の芸達者が多数。
腹心・久秀(バッキンガム公)は狂言の石田さん。この人好き♥
次兄・善二郎(ジョージ)、右大臣(スタンリー)、
赤バラの理智門(リッチモンド/のちのヘンリー7世)と1人3役の今井さん。
長兄・一郎(エドワード4世)、市長と2役の山野さん。
左大臣(ヘイスティングス)の大森さんも、白塗り”麻呂”口調の女たらし役。
みんながっつり安心して観られました。

観客を民衆に見立てた 「てこでも動かない」シーンも面白かったし
遠くない未来に待つ破滅を暗示してるような影法師の演出も印象深かった。
じゅんじゅんさん演じる影法師が床に横たわって、萬斎悪三郎の動きに
合わせて動くんです。
日のあたる舞台中央をゆっくりと歩いていき、やがて影も立ち上がって
悪三郎と一緒にびっこをひきながら奥へと消える。

数々の奸計が成功して国王の地位を奪った悪三郎が大喜びで歌う
マツケンサンバみたいな宴のシーンは 「コラコラ(爆」と思いました。
金色マイクにツーステップって! 超笑った。
シェイクスピア作品のもつ、どこかコミカルな色を活か
したんでしょうか。

++++++++

はぁ~、再演あったら今度こそ行こう。
近いうちBSでノーカット放映もあるらしいんで、それも観よう。
その前に河合さんの新訳で原作読んどこう。
人物相関図がほしいよ…こんがらがる。
ってか、上のカッコ書きの人名もちゃんと合ってるんだかどうだか。

ここ最近は萬斎さんの本業を観に行くのもご無沙汰で
大曲 『釣狐(つりぎつね)』も結局見逃した。ちょっと後悔続きです…。

|

« 心技体+百合pt.1 | トップページ | 今宵ぼくらは »

コメント

こんにちは♪真禅寺です。
こちらのブログにコメント有難うございました。

悪三郎サンバ(?)はほんとに「こらこら」ですよね(笑)お遊びが過ぎたというか。
あれ、いつ思いついたのでしょうね萬斎さん。。
ちょっとお酒入ってるときに着想得たのかな(^^)
でも悪三郎音頭、大好きです。。

白石さんに女性の役を集約したのは良い演出だと思いました。
私は「杏」が好きです。

あと、度々「影」の話で申し訳ないのですが、
「破滅の暗示」というとらえ方も出来るのですね。なるほど。

余談ですが、リチャード三世はシェイクスピア作品で2番目に長ゼリフの作品だそうです。(多分。一番はハムレットだったかなぁ)

ではこれにて。

投稿: 真禅寺 | 2007年8月12日 (日) 17時37分

どうもいらっしゃーい☆
放映はTVの前で体育座りで観てたんですが、例の場面でミラーボールがチカチカして踊り始めたときは、ちょっと横にひっくり返りましたよ(笑) サービス精神ってことで、緩急があっていい、ということにしときましょう(^^)

>リチャード三世はシェイクスピア作品で2番目に長ゼリフ

そうなんですね! 台詞覚えたところからが本当の稽古スタートでしょうし、た~いへんですな~~…。みんなお疲れさま。

たしか短大の頃、シェイクスピアの講義があったと思うんだけど…私は選択してなかった気がする。今思うともったいないことしたなぁ…。

投稿: 薫子 | 2007年8月12日 (日) 23時27分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 国盗人:

« 心技体+百合pt.1 | トップページ | 今宵ぼくらは »