« 裏こそ大事 | トップページ | 中華の食の現場 »

2007年6月10日 (日)

バイキンマーン

曜は朝起きたら両目とも真っ赤に充血してちょっと腫れていて
あら~と思って眼科に行ってまいりました。
週半ばからノドの横っちょに口内炎ができていて (口内炎はよくなる)
あーあ、また憂鬱だ、何食べてもしみる(>_<) と思ってたところで
加えて前日はたしかに左目がかゆかった。
アトピーがらみで目も慢性アレルギー性結膜炎なので
大体いつも少しかゆいんですけど、そういえば特に。

どうも口内炎との関係で 「ウィルス性の流行り目ですね」という話。
ノドから粘膜を通じて目へうつったと思われる、と。
そんな経路もあるんですね。
そしてかゆいからウーンと思って左目をこすった手で
きっと右目も触っちゃったんだ。
軽く鼻風邪ひいてるし、疲れとかで免疫力が落ちてたのかなぁ…。
まさに弱り目に祟り目(+_+)


医者いわく、昨日の今日で非常に感染力が強いそうなので
次の来院は 「できれば午前の診療の最後の時間帯とか
ほかの患者さんの少ない頃を見計らって来ていただけませんか」。
近くに小学校があったりして子供の患者が多い為
待合室でうつってしまうと集団感染に発展する恐れがあるとのこと。

えーでも平日は朝イチで来ちゃだめなんでしょうか?
「それなら、診察券だけ出して外で待っててもらえますか」。

…完全にバイ菌扱いです。

たしかに眼科の待合室で置いてある本や雑誌とかには
あまり触らないほうがいいって、小さい頃に言われた憶えがあります。
新たな菌をもらってきちゃうかもしれないからね。
ところが、いざ自分が当の病原菌的存在になった場合には
あっさり 「外で待ってて」なんて言われちゃうんだねー。

悲しい。
でも、ちょっと面白かった。

++++++++

本日は矢車菊(やぐるまぎく)です。

まぁよく見かけました、あちこちで。懐かしくて安心する花。
麦畑によく生えていたことから、英名は”コーンフラワー”というそうです。
元々は一重咲きの青色のみだったようですが、品種改良が進んで
いろんな色の八重タイプが出てきたみたい。
八重しか見たことないなー。

ドイツの国花。花の歴史は古く、ギリシャ神話にも登場。
そしてさらに、かのエジプトのツタンカーメンの墓からは
この花がドライフラワー状態で出てきたんだって。
スゴイ! 何千年前のだ!
古代エジプトで青い花は魔除けとされていたらしく
王のミイラの胸元に供えられていたとか。
「いつか必ず生き返る」という執念が花まで長らえさせたんでしょうか。

花言葉は「優雅、繊細、教育、信頼」。

Yagurumagiku2 
Yagurumagiku4
Yagurumagiku5
Yagurumagiku6

|

« 裏こそ大事 | トップページ | 中華の食の現場 »

コメント

おはよございまーす^^。
流行り目ってそんなに感染力強いんだ!
私よく眼科行くけど(コンタクトしてるから)、
雑誌見るわ目触るわしてました…怖い。
目薬使いすぎるとドライアイになっちゃうし(←経験済み)
あまりお薬は使いたくないですよねぇ(*_*)
早く良くなってね~☆

投稿: | 2007年6月10日 (日) 08時39分

医者にはかなり脅されて帰ってきましたよぅ…。「(祖母の見舞いには)行っちゃダメ、病院で蔓延する」とか、「(涙がよく出るけど)ハンカチ禁止。ティッシュでその都度捨てること」などなど。目薬も2種類出されて、5分くらいの時間差でさしてとか言われて。面倒くさっ。
でもおかげさまでだいぶよくなってきました☆

投稿: 薫子 | 2007年6月13日 (水) 23時56分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: バイキンマーン:

« 裏こそ大事 | トップページ | 中華の食の現場 »