« 和製アル・パチーノ | トップページ | 隅田の花火☆ »

2007年6月20日 (水)

介護の幕開け

うかなりあちこちガタがきている模様。
祖母が入退院を繰り返しており、母は忙しく走り回っています…。

 脳梗塞で救急車、入院 →退院
 帯状疱疹+意識不鮮明で入院 →退院
 胃潰瘍で救急車、入院 →退院
 極度の低血糖による意識混濁で救急車、現在
入院中…

胃潰瘍は、薬の量と種類が増えたことで胃に負担がかかったとか。
しかも、血栓を溶かす意味の血をサラサラにする薬も飲んでるわけで
潰瘍は出血しやすく、かつ止まりにくい状態だったようです。

施設じゃないからいつまでもいられないのは仕方ないんだろうけど
ちょっと症状が改善するとすーぐ退院させられちゃうのね。
半日以上かけていろいろ検査した結果、極度の低血糖と判ったときも
点滴したらろれつが回復してきて、そしたら 「もう帰っていいですよ」って。
いやいやいや…おいおいおい…と一応は数日間入院させてもらうことに
なったそうです。

退院してきたかと思うと3日後くらいにすぐまた救急車呼んでるらしい。
自宅でも24時間態勢が必要なのかなぁ。
仕事しないと食べていけない貧乏一家にとって、これは深刻な問題。
先日入院したときは、母と叔母は仕事を休んで祖父母の家を大掃除して
(ベッドで粗相とかしてたらしいので本当に大掃除だったみたい)
来たる退院に備えているそうですが、うーむ。
母の話を愚痴ごと聞く程度しかできていない私…。

ちょうどコムスンのニュースを目にしますが、あの会長もねぇ。
ディスコでもクラブでもどっちでもいいけどさ、そういうことと介護福祉は
ビジネスとはいえ、やっぱ同じ土壌で語ってはいけないような気が。
和歌山県知事の発言はもっともだ。

まぁ、民間の有料サービスを受けるような経済的余裕はないので
我が家はたぶん自治体の公的サービスの利用にとどまると思います。
あとは身内でなんとか…って大丈夫なのか(>_<)

やっぱ結局は”お金”がモノを言うのかなぁ?

…いや、違う。それは違うよ (キッパリ
お金では買えないものがある。買えるものはマスターカードで。
健康と愛情と幸福はどれも pricelessなんだ。 ←キラキラした目で

++++++++

えーさて、今日はニゲラです。


花の周りをトゲトゲの葉がまるで飾っているかのようで、不思議な美しさ。
なんかこう、現実感がないような…。
2枚目で完成形かと思いきや、帰宅して調べてみたら
もう少し経つと真ん中がニョロっと育ってくるらしいじゃない。
なので後日再び同じ場所に行ってみたら、綺麗な青に咲きそろった花が
いくつも風に揺られていました✿
種が黒いらしく、別名は”黒種草(くろたねそう)”。
ニゲラの名も"niger(黒い)"に由来するそうです。

花言葉は「未来、夢で逢いましょう、密かな喜び、夢の中の恋」。
そうそう! 未来的な雰囲気!

Nigella2
Nigella1
Nigella3 

|

« 和製アル・パチーノ | トップページ | 隅田の花火☆ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 介護の幕開け:

« 和製アル・パチーノ | トップページ | 隅田の花火☆ »