« 2007年5月 | トップページ | 2007年7月 »

2007年6月

2007年6月30日 (土)

生キャラメル+花菖蒲pt.3

海道のお土産もらった。生キャラメル。要冷蔵。

Nama_caramel_2 すんごく美味しかったー♥ 口に入れたら
アッという間にとろけちゃった!
あんまり旨かったもんで
花畑牧場を検索してみた。
タレントの田中義剛さんの牧場だって!

(←初めてサムネイルで画像添付)


++++++++

さぁ、花菖蒲ラストです☆ 白の菖蒲はほんとはもっと撮ってきたんだけど
光で飛んじゃってて上手く写りませんでした。しゃーない、携帯だし。

Hanashobu08

栄紫 ↓
Hanashobu11eishi

安積の夢 ↓
Hanashobu13azuminoyume

旭丸 ↓
Hanashobu16asahimaru

稔の秋 ↓
Hanashobu18minorinoaki

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年6月29日 (金)

ハムスターにヤラレタ+花菖蒲pt.2

の動画、ついつい何度もリピート♥ 可愛いにも程があるって!

 ピアノの上でポップコーンを食べるハムスター

こりゃ撮ってる人も笑うわな( ´ー`)

++++++++

えっと、花菖蒲パート2です。ホントいろんな種類があるねー。
一番上のが特に綺麗でしたよ✿

Hanashobu05
Hanashobu10

弥生鏡 ↓
Hanashobu04yayoikyo

朗月 ↓
Hanashobu17rogetsu

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月27日 (水)

ある旅人のきもち

紙が書けない
聞いてほしいことが山ほどあるのに
ペンを持っても
ただの一行も出てこない

いつでも待ってる
こちらからは連絡しない
でも、もっと利用して
もっとぼくを利用して

使わない機能は退化していく
ない腕が痛むように
存在は消えない
間に合わないのだ
いつも、いつも
自分次第のことはすべて

さっきの風は、
ちっともやさしくなかった
もう行かないと

Tanpopo

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年6月25日 (月)

科学と哲学の融合+花菖蒲pt.1

週で放送されてるみたい。面白いから毎週やってほしいのに。
金曜のNHK 『爆笑問題のニッポンの教養』、
今回のテーマは死についてでした。なぜヒトは死ぬのか   
難しかったけど面白かった!

細胞の中にある”死の遺伝子”というものを発見した教授との対談。
私たちの体は元々、自然と死ぬようにプログラムされているんだそうです。
”アポトーシス(自死)”という機能。

細胞のアポトーシスには、回数券的なものと定期券的なものがあるとか。
再生回数がある程度決まっていて、回数券を使い終わるように死んだり
長く生き続けるんだけど寿命がだいたい100年くらいと決まっていて
時が来ると定期が切れるように死を迎えたり。
自らDNAを細かく切断して死んでいくんだそうです。

田沼教授の研究棟では、爆問・田中さんの口の内側を
スプーンのようなものでこそぎ取って、その粘膜の中の細胞を
顕微鏡で実際に見ていました。
ほんとにみるみる細かくなっていく、まさに死にゆく細胞も見えた。
人体は約60兆個の細胞からできていて、そのうち数千億個が日々
死滅しては新たに生まれているんだそうな。

まず素朴に、なんで自ら死ぬようにプログラムされてるのって思うけど
逆にちゃんと死んでいかないと様々な病気になっちゃうんだそうです。
ガンはアポトーシスが機能しなくなってどんどん増殖し続ける病気。
教授は今、ガン細胞に失ったアポトーシス機能を加えることによる
ガン治療の研究も行なっているんだって。
自死を促すそれは副作用も抑えられる治療法だとか! 科学ってスゴイ!

昔々の大昔、生物にまだ ”性”がなかった時代には
死というものは存在しなかったそうです。
性がないって、オスもメスもなく細胞分裂して増えていくって意味かなぁ?
やがて ”性”が出現して、2つの遺伝子情報を受け継いだ個体が
生まれるようになって初めて、死が生まれた(って表現も変だけど)らしい。

例えば、母親のおなかの中で胎児が成長していく過程でも
手指の間の水かき部分の細胞がどんどん死んでいくことで
手が形成されていく。
つまり、生と死は両極ではなく表裏一体である。
生の中に死があり、死の中に生はある。

私が在るのは、かつての無数の死のおかげ   

日々顕微鏡でミクロの世界をのぞいていると、不思議なもので
そのうちそこに宇宙が広がっていく、と教授は言っていました。
全ての学問の上には哲学がある、と。
話を聞いていて、だんだん顕微鏡と望遠鏡が同じ道具に思えてきました。
星々を見るように細胞を見る。
爆問・太田さんも、理系(科学)と文系(哲学・文学・芸術)の
融合するところに、何か新しくて素晴らしいものがある気がする
って言ってた。

面白い。あらゆるボーダーライン上の興味は尽きない。

++++++++

今日は花菖蒲(はなしょうぶ)パート1です。ぱふぱふ♫

それぞれ名札が付いてたんだけど、近くに咲いててどれがどれだか
イマイチわからないのもあった。残念。
わかるものだけは自分用に名札も写してきました。

年配の方がちゃんと三脚を立てて集中して撮影している横で
キョロキョロと目移りしながら♪ピロリロリン♪ピロリロリンって撮ってきた。
そしたら、その音に返事するみたいにカエルが 「モー」って鳴いたのさ。
最初 「な、なにっ !?」とか思ったよ ( ´ー`)

花言葉は「嬉しい知らせ、心意気、優しい心、あなたを信じます」。

Hanashobu01

初衣 ↓
Hanashobu15hatsugoromo

揚羽 ↓
Hanashobu02ageha

田切川 ↓
Hanashobu06

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年6月24日 (日)

初夏に紅葉?

だ6月なんですよね。暑いなー(+_+) こりゃ先が思いやられる。
汗をかく夏場はアトピーの調子も悪くなりやすいので、今年こそは
先手を打つ!と思って、少し前にルイボスティをまとめ買いしました。
やかんで煮出して毎日持参。ほんとにかゆみが違うんだよー♥
クセがなく飽きのこない味だし。って回し者みたい。

今日は公園の風景。そこそこ遠いのでバスで行けばいいものを
なぜか自虐的な気分で、靴ずれを作ってまで徒歩で行ったとある週末。
午前中の早い時間帯に出かけたので、人も少なくて
のんびりお散歩できました。

全然知識がないので一瞬目を疑った。こういう種類なんでしょうか。
初夏なのに紅葉。冬なのにさまぁーず!みたいな。
葉はもみじの形してましたね。
今までも見たことがあったのかもしれないけど、たぶん以前の私は
気にも留めずに素通りしちゃってたんだろうなぁ。
ほんと、燃えるようだったよ。キラキラと眩しい緑との対比が新鮮☆

Komorebi1
Koyo_shoka1

池には鯉が。亀も泳いでた。でも潜っちゃって写せなかった。
近くの花菖蒲が咲く場所では、姿は見えなかったけど
「モー」って鳴くカエルもいました♫

Ike2
Ike_koi

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月22日 (金)

反作用について考える

に”リアクション”っていうのとはちょっと違うんだろうな。
ほぼ日コラム 『おとなの小論文教室。』の過去の回、”反作用をこらえる
を読んで。

1日の大半を過ごす職場における、自分以外の他者との関係性は
精神衛生上という意味でもちろん大事だし
第一、仕事自体の質もしくは進み具合に、良くも悪くも影響することがある。
誰だって余計な摩擦や消耗はできれば避けたい。
どうしても譲れない、曲げられないと思う部分についての
必要な衝突は別として。

私の場合、どうもこの山田ズーニーさんの言うところの”反作用”を
イチイチきっちり起こし過ぎるきらいがあるのかなぁ…と自己分析。
どうなんだろう。

そこに誤解があるなら、私の場合100%
「誤解を与えるようなことを言ってしまったのなら謝ります」とか言っちゃう。
もろに反作用。
その上で、くみとってもらえるかどうかはわからないにしても
”言うだけ言ってみよう、ダメならしょうがない”って思うから
自分の見解とか考えを一応相手に伝えてみる。
生来の臆病気質から、オドオドと遠慮がちに遠回しに若干まわりくどく。
でも無理っぽいと思ったらわりとすぐ引っ込む。

自分の欠点やミスを非難されたら、仮に何らかの事情があったとしても
やっぱりほぼ100% 「おっしゃるとおりです、ごめんなさい」的なことを
言ってしまう。これも反作用。
もう本当に情けないくらい自分に自信がないのが根底にあるからで
相手が振り上げたこぶしをどう下ろしていいか戸惑うくらいに
平に謝り倒しちゃったりする。
そういう作戦なわけじゃなくて、天然で。

結果それで穏便に事が運ぶケースもあるにはあるけど
より建設的にって考えると、この山田さんの”反作用をこらえた上で
自分の意見とかビジョンを述べる”っていう手段をとると
よりフェアな立場で物事を進められるのかなー。
上手くいけば、お互いの関係性にもプラスに作用しそう。
ありがちな優勢とか劣勢っていうのを超越した感じがする。

試みてみたい気はするんだけど、実際はどーも勇気が出ません。
だってその後の過程でいい仕事できるかどうか自信ないしさ…。トホホ。

++++++++

えー本日は雪の下(ゆきのした)、マーガレット、朝顔です✿

雪の下は生い茂るほかの植物の陰にひっそりと咲いていました。
日陰でも育つみたいです。ってか、むしろ日陰を好むのかな?
葉の上に雪のような白花をたくさんつけることからこの名がついたそうです。
葉は天ぷらにして食べたり、貼り薬としても利用されるんだって。
しかし変わった形してますなー。
自然を創りたもうた神様の気まぐれは面白い!

花言葉は「深い愛情、好感、切実な愛」。

Yukinoshita2

まーた八重ですよ(>_<) しかも菊科ですよ。難しい…。
色違いのタンポポみたいでぇー、ちょっと花びらが肉厚な感じでぇー
葉っぱからすると菊科っぽくてぇー、とか言ってまたもや人に尋ねました。
あっさり八重咲きのマーガレットでは?だって。なるほどねぇ…。
せめてこんな有名な花くらいは自力でたどり着きたいよ(-_-)


別名”木春菊(もくしゅんぎく)”。
元々は一重の白花が主だったことから、マーガレットという英名は
ギリシャ語の 「真珠」に由来するそうです。
花言葉は「心に秘めた愛、貞節、誠実、慈悲、真実、恋占い」。

Marguerite1
Marguerite4

芝生?の上にこ~んなふうに這わせてある朝顔を見かけました♫
垣根に蔦を絡ませて咲くのも素敵だし、こんなんもイイね。発想力。
花言葉は「愛情、平静、愛着」。

 一日のはじめ こわばる横顔(よこがお)を コロコロ笑う 夏の風物詩

Asagao_3

| | コメント (3) | トラックバック (1)

2007年6月21日 (木)

隅田の花火☆

ろんな種類が細かくたくさんあって、素人にはなかなか見分けるのが
難しい花が多い中、紫陽花もそのひとつ。
(ま、わかんないときは大きな括りで載っけちゃいますが)
いつも名前調べで大いに参考にさせていただいているサイトでも
紫陽花は別メニューのように独立したページを設けてあったりします。
初めて知るものばかりだし、それぞれに付いている名前にも趣があって
本当にただ眺めているだけで楽しい♫

”隅田の花火”という名の額紫陽花(愕紫陽花と書いたりいろいろ)。
これは特徴的だから間違いなかろうと! たぶん!
茎?が長めに伸び、八重の飾り花が四方に広がって咲く様子を
夜空の打ち上げ花火に見立てたんだそうです。なるほどー✿
まーるく咲くいわゆるスタンダードなのも大好きだけど、額紫陽花もいいネ。

紫陽花の花言葉は「辛抱強い愛情、元気な女性、謙虚」。

Sumidanohanabi1
Sumidanohanabi2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月20日 (水)

介護の幕開け

うかなりあちこちガタがきている模様。
祖母が入退院を繰り返しており、母は忙しく走り回っています…。

 脳梗塞で救急車、入院 →退院
 帯状疱疹+意識不鮮明で入院 →退院
 胃潰瘍で救急車、入院 →退院
 極度の低血糖による意識混濁で救急車、現在
入院中…

胃潰瘍は、薬の量と種類が増えたことで胃に負担がかかったとか。
しかも、血栓を溶かす意味の血をサラサラにする薬も飲んでるわけで
潰瘍は出血しやすく、かつ止まりにくい状態だったようです。

施設じゃないからいつまでもいられないのは仕方ないんだろうけど
ちょっと症状が改善するとすーぐ退院させられちゃうのね。
半日以上かけていろいろ検査した結果、極度の低血糖と判ったときも
点滴したらろれつが回復してきて、そしたら 「もう帰っていいですよ」って。
いやいやいや…おいおいおい…と一応は数日間入院させてもらうことに
なったそうです。

退院してきたかと思うと3日後くらいにすぐまた救急車呼んでるらしい。
自宅でも24時間態勢が必要なのかなぁ。
仕事しないと食べていけない貧乏一家にとって、これは深刻な問題。
先日入院したときは、母と叔母は仕事を休んで祖父母の家を大掃除して
(ベッドで粗相とかしてたらしいので本当に大掃除だったみたい)
来たる退院に備えているそうですが、うーむ。
母の話を愚痴ごと聞く程度しかできていない私…。

ちょうどコムスンのニュースを目にしますが、あの会長もねぇ。
ディスコでもクラブでもどっちでもいいけどさ、そういうことと介護福祉は
ビジネスとはいえ、やっぱ同じ土壌で語ってはいけないような気が。
和歌山県知事の発言はもっともだ。

まぁ、民間の有料サービスを受けるような経済的余裕はないので
我が家はたぶん自治体の公的サービスの利用にとどまると思います。
あとは身内でなんとか…って大丈夫なのか(>_<)

やっぱ結局は”お金”がモノを言うのかなぁ?

…いや、違う。それは違うよ (キッパリ
お金では買えないものがある。買えるものはマスターカードで。
健康と愛情と幸福はどれも pricelessなんだ。 ←キラキラした目で

++++++++

えーさて、今日はニゲラです。


花の周りをトゲトゲの葉がまるで飾っているかのようで、不思議な美しさ。
なんかこう、現実感がないような…。
2枚目で完成形かと思いきや、帰宅して調べてみたら
もう少し経つと真ん中がニョロっと育ってくるらしいじゃない。
なので後日再び同じ場所に行ってみたら、綺麗な青に咲きそろった花が
いくつも風に揺られていました✿
種が黒いらしく、別名は”黒種草(くろたねそう)”。
ニゲラの名も"niger(黒い)"に由来するそうです。

花言葉は「未来、夢で逢いましょう、密かな喜び、夢の中の恋」。
そうそう! 未来的な雰囲気!

Nigella2
Nigella1
Nigella3 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月17日 (日)

和製アル・パチーノ

ッコイイよなぁ~やっぱり。『Sma STATION』のゲスト・田村正和さん。
かなり珍しいロングインタビューで、映画のプロモとはいえ貴重かも。

時代劇や若い頃の映像とか見ると本当にハンサム。今もだけどさ。
『うちの子にかぎって』、懐かしいな…(遠い目)
もう椅子に座って慎吾くんのインタビュー受けてる姿からして
正和ワールド全開。でもご本人は結構普通な状態で
ああなんだろうなーと見ていて思いました。
どこか素でシャイな印象も受けた。
用意されたデザイン性の高い朱色の椅子にもしっくりハマっていて
トークをしながら左右のひじ掛けに交互に身を預ける様も、ん~、ダンディ。

アル・パチーノ主演の映画 『セント・オブ・ウーマン 夢の香り
みたいな作品を一緒にやりたいね、って慎吾くんと話してたけど
それ聞いてあぁなるほどと思った。イメージがかぶる。うんうん。
和製アル・パチーノだよ!

盲目で、年とってだいぶ気難しくなっちゃって家族も持て余してるような
退役軍人が主人公で、世話係のアルバイトにやって来た学生と
数日間行動を共にするんだけど、偶然その学生が思いを寄せている
女の子と会ったとき、主人公は盲目なのに
「いい女だ」みたいにちゃんと見抜いて、しかも盲目なのに
その女の子を誘ってホールで華麗なダンスを踊っちゃう。
最初に 「ホールの広さはだいたいどのくらい?」とか訊いておいて
あとはもう素晴らしいリードで。

ね、正和ワールドでしょ。

アル・パチーノも若かりし頃はほんとにカッコよかった。
何より、見た目だけじゃない実力者なところがいい。
『ゴッドファーザー』ももちろんいいけど、『スカーフェイス』は本気で絶品 !!

++++++++

今日は昼咲月見草(ひるざきつきみそう)とアネモネを。

月見草は夕方に花開いて朝しぼむけど、これは日中咲くので昼咲き。
上のほんのりピンクのものは”桃色昼咲月見草”というそうです。
単に昼咲月見草というと白花を指すみたい。
下のはその白花種だと…思います…たぶん。
花言葉は「自由な心、無言の恋、清純」。

Hiruzaki_tsukimiso1
Hiruzaki_tsukimiso3

花びらがいっぱいのアネモネでした✿
おっきく撮ってきたけど、サイズは小ぶりで矢車菊より少し大きい程度。
花の下方に支えるように水平に葉がついているのが特徴かも。
別名”牡丹一華(ぼたんいちげ)”。
色も様々、一重八重などいろんなタイプがあるようです。

ギリシャ神話では、恋人の死に美の女神アフロディーテが流した
悲しみの涙がこの花になったとか。
花言葉は「清純無垢、待望、無邪気、はかない恋」。

Anemone

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2007年6月15日 (金)

もっちり♡

近の小さなマイブーム。
ブルボン 『ちょこづつみ(ごまチョコレート)』。
発売されたのは最近ってわけじゃないみたいだけど、遅まきながら。
いやぁ~いい仕事してます、ブルボン。

柔らかおもちにチョコが包まれてます。チョコってゆーか、全くのゴマ。
おいすぃ~♫ 黒い食べ物って美味しいものが多いねー♥
ほかには抹茶、きなこ、柚子があって、きなこと柚子は未体験。
いかん、きなこ好きとしたことが…。
地元のコンビニにきなこ置いてないんだもん。

雪見だいふくとかを美味しいと感じる人なら、気に入ること請け合い。
今思ったけど冷やして食べても旨いかもー!

++++++++

今日はバビアナ(たぶん)と、デイジーを。

バビアナは別名”穂咲菖蒲(ほざきあやめ)”。
その名のとおり穂のように咲く、
紫がかった綺麗な青の花でした。
最近「たぶん」が多いのは、名前のわからないものを後回しにしていたら
たぶん的な花ばかりが残ってしまったからです。
イキシアかなぁ…?
ところで菖蒲と書いてあやめと読むのは本当に紛らわしい。

花菖蒲(はなしょうぶ)、休日に少し撮ってきたのでそのうち載せます✿


バビアナの花言葉は「友愛」。その他ちょっと切ない言葉が並んでた。

Babiana2
Babiana3

雛菊(ひなぎく)ことデイジー。丈夫で長期間咲き続けることから
別名”長命菊”とか”延命菊”とも呼ばれているとか。
よく 「スキ、キライ、スキ、キライ…」と恋占いをするのは
元はといえば花びらの多いこの花なんだそうです。
「よく」とかいって、したことないけどさ。

イタリアの国花。
花言葉は「慰め、無邪気、純潔、お人好し」。

Daisy

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年6月13日 (水)

中華の食の現場

曜の新聞に小さな記事で載っていた、中国の話。
飲食店の紙ナプキンやつまようじから、なんと大腸菌や結核菌などの
様々な病原菌が検出されたそうです。
どーゆーこと !? (驚

中国調理協会が昨年行なった調査をもとに、中国の有力紙 『南方週末』
が伝えた内容だそうで、低品質・低価格の紙ナプキンに
回収したゴミを漂白したものが使われているとのこと。
製紙工場に10年勤めた男性の証言によれば、「使用済の生理用ナプキンや
病院が廃棄したガーゼもある」だって。

ホ、ホントなの…?

色つきのナプキンはもっと恐ろしく、漂白剤すら使わずにゴミを着色して
ごまかしたものが。
つまようじは水で洗って乾かしただけのものを包装し直して使っていたり
これらのものからは大腸菌や結核菌、さらに肝炎ウィルスや
エイズウィルスまでが検出されたそうです。

…うーん(>_<) つくづくなんでもありな国だね。
食の基本”清潔”に気を配って配り過ぎることはないと思うんだけど
きちんと基本どおりに対応してさえいれば無用な流行を防げる病気を
率先して蔓延させてるわけでしょ。ひどい話。
旅先でレストランに入って紙ナプキン置いてあったら、私なら100%使うよ。
絶対口元ぬぐうよ。考えられないよ。論外だよ。ちゃんとしてよ。
北京五輪とか言ってる場合なの? 

でもこの記事読んどいてよかった~。もし今後中国に行く機会があっても
絶対絶対置いてあるつまようじや紙ナプキンは使わないっ。
布ナプキンすら怪しいもんだと思う。
日本にある中華料理店は大丈夫…ですよねぇ?

++++++++

今日は空木(うつぎ)とイソトマです


この空木は、ちょっと小ぶりの姫空木(ひめうつぎ)かもしれません。
確信をもって区別がつかなくて、なんとな~く空木にしとこっかな~?と。
雰囲気です。
いえ、総合的判断です。

目立つ花ではないけど、とっても綺麗✿ 清楚で淑やか。
幹(髄:ずい)が中空なことからこの名がついたそうです。
ニッポンでは昔から自生していたそうで、別名”卯の花(うのはな)”
として詠まれた和歌も多数あるとか。
どうも私すっかり気に入ってしまいまして
「大きいサイズで撮ってきてデスクトップの壁紙にしたかったなぁ

失敗したなぁ(T-T)」 と悔やんでいます。
私の行動範囲内ではあまり見かけず、これ以外には見ませんでした。
来季はもうちょっといろんなとこに足を伸ばして探したいです。

花言葉は調べたらいっぱいあって、どれも素敵だったよー♥
「深い思いやり、謙虚、古風、風情、秘密、夏の訪れ、秘めた恋」。

Utsugi

ちょっと光で飛んじゃってて見えにくいですが、イソトマは花びらの中央を
すっきりと一本のラインが通っています。
桔梗(ききょう)科だって。なるほど涼しげな容姿☆


ですが有毒だそうで、液汁に触れるとかぶれたり
目に入れば失明しちゃったりと、洒落にならない事態になるようです。
そのせいか、これも花言葉がいろいろで面白い。
「優しい知らせ、強烈な誘惑、神聖なる思い出、猛毒、心をひらく、狂愛」。
天使と悪魔が同居する!

Isotoma2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月10日 (日)

バイキンマーン

曜は朝起きたら両目とも真っ赤に充血してちょっと腫れていて
あら~と思って眼科に行ってまいりました。
週半ばからノドの横っちょに口内炎ができていて (口内炎はよくなる)
あーあ、また憂鬱だ、何食べてもしみる(>_<) と思ってたところで
加えて前日はたしかに左目がかゆかった。
アトピーがらみで目も慢性アレルギー性結膜炎なので
大体いつも少しかゆいんですけど、そういえば特に。

どうも口内炎との関係で 「ウィルス性の流行り目ですね」という話。
ノドから粘膜を通じて目へうつったと思われる、と。
そんな経路もあるんですね。
そしてかゆいからウーンと思って左目をこすった手で
きっと右目も触っちゃったんだ。
軽く鼻風邪ひいてるし、疲れとかで免疫力が落ちてたのかなぁ…。
まさに弱り目に祟り目(+_+)


医者いわく、昨日の今日で非常に感染力が強いそうなので
次の来院は 「できれば午前の診療の最後の時間帯とか
ほかの患者さんの少ない頃を見計らって来ていただけませんか」。
近くに小学校があったりして子供の患者が多い為
待合室でうつってしまうと集団感染に発展する恐れがあるとのこと。

えーでも平日は朝イチで来ちゃだめなんでしょうか?
「それなら、診察券だけ出して外で待っててもらえますか」。

…完全にバイ菌扱いです。

たしかに眼科の待合室で置いてある本や雑誌とかには
あまり触らないほうがいいって、小さい頃に言われた憶えがあります。
新たな菌をもらってきちゃうかもしれないからね。
ところが、いざ自分が当の病原菌的存在になった場合には
あっさり 「外で待ってて」なんて言われちゃうんだねー。

悲しい。
でも、ちょっと面白かった。

++++++++

本日は矢車菊(やぐるまぎく)です。

まぁよく見かけました、あちこちで。懐かしくて安心する花。
麦畑によく生えていたことから、英名は”コーンフラワー”というそうです。
元々は一重咲きの青色のみだったようですが、品種改良が進んで
いろんな色の八重タイプが出てきたみたい。
八重しか見たことないなー。

ドイツの国花。花の歴史は古く、ギリシャ神話にも登場。
そしてさらに、かのエジプトのツタンカーメンの墓からは
この花がドライフラワー状態で出てきたんだって。
スゴイ! 何千年前のだ!
古代エジプトで青い花は魔除けとされていたらしく
王のミイラの胸元に供えられていたとか。
「いつか必ず生き返る」という執念が花まで長らえさせたんでしょうか。

花言葉は「優雅、繊細、教育、信頼」。

Yagurumagiku2 
Yagurumagiku4
Yagurumagiku5
Yagurumagiku6

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年6月 9日 (土)

裏こそ大事

んかぁー、足裏の親指の元あたりの角質が厚くなっちゃっててぇー。
これをタコっていうのか? うーん。なかなかに痛みます(>_<)
軽石とか尿素配合のクリームとか使ってお手入れするんだけど
そもそも原因と思われるヒールの靴をやめないと効果は薄いっぽい。

さらに、圧迫されて炎症を起こしてるのが影響してるのか
逆に血流が滞ってて影響してるのか
親指の爪母のあたりまでちょっと痛くなってきちゃった。なんでここも?
好きなんですよね…多少ヒールのあるほうが。
って、そうも言ってられないかぁ…。はぁー。
かばうから歩きづらいし、早足で歩けないし、なんか常に気になる。
そういえば足裏マッサージはもうしばらく行ってない。

これからサンダルのシーズン本番なのに。
よし、とりあえず痛みがあるから皮膚科に行ってみよう!

++++++++

今日は、たぶんトリトニアとネモフィラです。たぶん。

ありそうで意外とあまり見ない橙色の花。これも判別が難しかった (+_+)
トリトニア、バビアナ、イキシア、スパラキシスあたりは…
なんせ実物をよく知らないし、どれがどれだか??
結局は茎なども撮った全体の写真をもとに人に尋ねました。
最近、人に訊くことを覚えてしまった…。
いや、訊く前に自力でなんとかわからないかとあれこれ調べますよ!
もちろんさ。それでも判明しなかったときに、です。

トリトニアの名はギリシャ神話の海の女神トリトンにちなんでいるそうです。
花言葉は「そんなに熱くならないで、私の愛は海のごとく」。
2つ目の言葉、素敵…♥

Tritonia3

よくガーデニングなどでたくさん咲いている花らしいのですが
私が見かけたコレは公園にぽつんと一輪だけ咲いていました。
周りにはなかったよ。ネモフィラで合ってる?
種が風にでも飛ばされてひょんなところに花開いたんでしょうか。

ネモフィラはギリシャ語の 「小さな森」と「愛する」が語源なんだって✿
花言葉は「どこでも成功、可憐、私はあなたを許す」。
ユルス、ユルシテ、ユルス…

Nemophila

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月 7日 (木)

踊らされる予感

し前に、au夏モデルの新機種ラインナップが発表されまして。
ちょうど1年前に今のに変えたし、特に機種変は予定してないんだけど
なんとなくチェックしてみた。
そしたら…

…ヤバイ、
W52Pのジュエルゴールドが…ううぅ…っく~可愛い♥

パネルを好みに合わせて着せ替えられる…のは、これだけならよくある。
でもスクリーンデザインも可愛い…。
嗚呼、そしてこのボディの色味が絶妙…チョー好み。こんなん好きです。

その他、CASIOから ”
EXILIMケータイ”なるものも登場。
カメラ機能がえらく特化している模様。ちょっとしたデジカメばり。
ふーむ、これもまた魅力的…。

発売後しばらく待って使い勝手とかの評判を訊いた上で、だけどもぉー
お財布と相談してどちらかに機種変しちゃうかも。
…なによ! 踊らされてるのはわかってんのよ、百も承知よ!
予定は未定なのよ!
auサイト見ちゃったばっかりに…バカバカ (>_<)

++++++++

今日はリムナンテスとカルミアです。

小ぢんまりとした端整な黄色い花。
調べてもなかなか名前がわからず、人に尋ねてようやく判明しました。
確認できるとスッキリするねー♫
リムナンテスは、花の中心部分が丸く黄色で周辺部分が白いタイプが
どうも主流のようです。
その姿が目玉焼きみたいなので、卵料理の名前がついてるんだって。
ポーチドエッグ、フライドエッグ等々…。や~ん、可愛い☆

私が見かけたこの全部黄色のタイプは、”サルファーイエロー”
という種類だそうです。
目玉焼きのほうも実物を見てみたいなぁ。
花言葉もまた可愛くて、「愉快な気分」。

Limnanthes1
Limnanthes2

面白い形~。花びらがまるでお皿のようなカルミア。
別名”アメリカ石楠花(しゃくなげ)”というそうです。
結構あちこちで見かけました。色は白、ピンク、赤や紫などもあるみたい。
つぼみは金平糖みたいな形をしているそうです✿

これがなんと躑躅(つつじ)科だそうで。へぇ~そうなんだ。
どこからどう見てもつつじには似てないのに…奥が深いです。
花言葉は「大志を抱く、野心、爽やかな笑顔」。

Kalmia2

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年6月 6日 (水)

かりゆし奨励

はもう結構暑いですね。しかーし、電車の中とかは寒い。
毎年毎年思うけど、なんであんなに冷房効かすんだろう? 寒いって。
STOP温暖化! クールビズしなよ。かりゆし着なよ。
ニッポンの全企業かりゆしにしちゃいなよ。よ~よ~ちぇけら。
今年の梅雨および夏の暑さはどんな感じなのかな。
過ごしやすい気候だといいなー。

えっと、今日は苧環(おだまき)をいくつか✿

変わった形。ネギの仲間みたいなイメージ(?)。
筒のように後方へ伸びています。
黄色いのはちょっと遠くてよく撮れてないけど、かなり細長く伸びてた。
苧環というのは、中を空洞にした糸巻きの意味だそうです。
別名”糸繰草(いとくりそう)”。
とても交雑しやすい花だそうで、どんどん雑種が生まれるようです。
だから色も形も様々。特に二番目の青いのを見てると
ガンダムに出てくる敵のモビルスーツを連想する。

…言うことに風情がないよ我ながら…(-_-)
ヲタクじゃないです、念の為。
花言葉は「贅沢、断固として勝つ」。

Odamaki1
Odamaki2
Odamaki3
Odamaki4

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月 4日 (月)

asian blue

近久しぶりにごくごく個人的な映画熱がキテます☆ 
ちょっとずつバイオリズムの波が上昇中。劇場、DVD等の新旧を問わず。
松ちゃんの作品はどうなんだろう? 大日本人。大佐藤。

新作で印象的だったのは、少し前に観た 『黒い眼のオペラ』。
目立たない単館上映だったけど、DVDかビデオが出たらもう一度観たい。
映像も本当に美しかった。官能的ながら、ささやかで切実で。
北野監督の初期の作品が”北野ブルー”とか言われていますが
アジア映画は個人的にはグレイッシュ・ブルーのイメージ。
この 『黒い眼のオペラ』も然り。
ぬくもりを求めるのに、男も女も関係ないのだ   

香港の 『傷だらけの男たち』も観に行くかも。
ラブ♥トニー・レオン&金城武。ってゆーか試写会当たんないかな。

タイトルは原題でも 『傷城(傷ついた街の意)』っていうらしいけど
なんかさ…予告編とかでもやたらと傷傷傷って言い過ぎでさ…(>_<)
なんかなー。痛みは観る人が感じればいいのに…。
トニーの演技で充分伝わるから、そんなに言わんでよろしいと思います。
あと、できれば主題歌はあゆじゃない人がよかったなぁ…うーん。

思うに、金城さんはニッポンよりもやっぱり香港や台湾や大陸が似合う。
実はコメディタッチの演技こそ彼の持ち味! パイナップル食べ過ぎ。
シリアスな演技のほうは…年輪を重ねてさらなる向上に期待しよう!
それにしても相変わらず綺麗な顔立ちしてるねぇ…絵になる。

トニーはもうギュ~~~~~ッて狂おしく抱きしめたい♥
抱かれてもいい。否、抱かれたいっ! 抱いてくれ頼む !!
インファナル・アフェア』 3部作、好きでした。
これも灰色がかったブルーの印象。
ハリウッドリメイク版の 『ディパーテッド』も観たけどぉー、個人的には
断然オリジナルのほうが好きだった。断然!
アジア独特の雑多な生々しい空気が不可欠な要素だったと思う。
米国の例えば路地裏や場末の店の雰囲気ともやっぱり異なるんだ。

『ディパーテッド』公開時、映画評論家がこんなふうにコメントしてた。
「オリジナルの詩情あふれる世界観はなく、別物として楽しむべきか」。
そそ、それなのよ。
私の感じたブルーの印象は、単語にすると”詩情”ってことなのね…。

もちろん、ただ青けりゃいいってもんじゃないです。

++++++++

今日は紫蘭(しらん)です。

その名のとおり明るい紫色のものを多く目にしますが
うちの近所の公園では、花壇に白い紫蘭も咲いていました。
ん~綺麗…☆ ”白花紫蘭(しろばなしらん)”というそうです。

紫蘭はニッポンの自生種なんだそうです。
下を向いて花開く清楚な姿ですが、とても丈夫ですくすく育つらしい。
蘭って普通めっちゃ手間かけて育てるようなイメージがあるけど
栽培しやすいってのは、私みたいな”
花好きだけどド素人”には嬉しい。
花言葉は「互いに忘れない」。

 行き先を 訊く必要も感じずに 君の匂いと 助手席の日々

Shiran1
Shiran3

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年6月 2日 (土)

新色、ほしい度がアップ

東は5月末日、大荒れの天気に見舞われました。
東京でも豪雨に落雷に、場所によっては雹(ひょう)まで降ったところも。
雷はゴロゴロゴロ…じゃなくてバキバキバキーッ!っていってました。

ところで、先日Nintendo DS Liteの新色発売が発表されたそうで。

既に持ってる人も多いけど、私は未だに持ってません。
だってチョー品薄状態が随分長いこと続いたでしょ?
もう今はそうでもないのかな。
秋葉へ行ったり早起きして店に並んだり定価以上払ってまで
欲しいとは思っていないからか、なんとなく買いそびれて現在に至る。
でも懸賞とかは応募してみたりして(笑) ちっとも当たんないけど。
このメタリックロゼが可愛いなー♫

++++++++

本日は白丁花(はくちょうげ)と…うーん…百合科の何かです。

よく生垣として、見過ごされそうに小さな花を咲かせている白丁花。
目立たない存在だけど、立ち止まってよく見たらすんごく可憐で。
紫色のつぼみとのコントラストもいい✿
花言葉は「純愛」。JUN-AI !!

Hakuchoge

百合科も本当に難しいっス。種類が多くて見分けがつかないっス。

いろいろ調べて、小さめだから姫萱草(ひめかんぞう)かな?とか思うけど
全然自信ない。わかんないの。もう無理っス。

百合はフランスの国花だそうです。こっくりとした濃い黄色が綺麗。
別嬪さんですねぇ☆
花言葉は「稀少、威厳、純潔、陽気(黄)」。


Lily2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年5月 | トップページ | 2007年7月 »