« 爛漫☆ | トップページ | 思い出いっぱいの果たし状 »

2007年4月 6日 (金)

夜にまつわる小話

のうち、という言葉が気象庁の天気用語から消えてしまうかも?という
少し前のニュース。
本来は夜6時頃~9時頃を指すそうですが、もっと遅い時間帯のことだと
誤解されている向きがあるので、よりわかりやすくする為に
準備期間をおいて「夜のはじめ頃」という表現に変更するんだそうです。
新聞のコラムで「それではなんだか味気ない」と取り上げられていました。
たしかに身も蓋もない感じがしますねぇ。

今夜は家の近所の公園に若者たちが何やら大勢集まっていて
結構遅くまで騒がしかったです。
とはいえ、夜中の12時前後には三々五々解散していったので
まだ比較的可愛いもんかなー。

以前、同じ公園で真夜中にギターをかき鳴らして大声で歌う若者がいて
(これがまた下手っぴーなんだ。ひどかったよ)
何日も何日も続いたんです。
ライブでも控えてるのかな、なんて思ってできる限り我慢してみたけど
1時半くらいになってもまだ歌ってる日があって、その夜はさすがに
「おい、明日も仕事だぞこっちは」と思って近くの派出所に通報しました。

すぐ目の前の公園なので、自分で出て行って注意することも考えたけど
まーねー、オッカナイ世の中ですからねー。
どんだけこっちが正当なことを言っても、逆恨みされちゃ割に合わない。
ブスッといきなり刺されちゃったりする時代ですから
やっぱこういうときは制服のチカラを借りるべきかと。

あれって、通報するとこちらの名前と電話番号も訊かれたりするのね。
「どうも練習してるみたいなんですけど、やるなら日中とか、せめて
もうちょっと早い時間で切り上げるように言ってもらえませんか」
そしたら電話に出たおまわりさんは
「何時くらいまでだったらOKですか」とか訊くんで
「え…。えっと…10時くらい?とかですか?」って適当に答えたら
「10時ですね?」って念を押されて、そう言われるとなんか不安になって
「いや、まぁ、んー、常識の範囲でっていうか…9時とか」
なんて言い直したりしました。

部屋の明かりを消してカーテンの隙間からこっそり様子を見ていたら
ほどなくチャリに乗ったおまわりさんがやってきました。
おまわりさんが来る前にあの若者が自主的に片付けて帰っちゃったら
どうしようかなとちょっと思ったけど
(いや、別にそれならそれでいいんだけど)
ヤツはそのときまだ調子っぱずれな声を張り上げて歌っていました。

すぐ歌は止んでしばらく静かな時間が流れて、話し終わったのか
そのうちにおまわりさんはまたチャリに乗って帰っていきました。
若者も大人しく帰ったみたい。
コスプレ用の婦人警官の制服とか用意しとこうかと思ったよ。威力絶大。
やれやれと思って布団にもぐったら、少し経っていきなり電話が鳴って
驚いて慌てて出たら派出所からでした。
「注意してきましたので」っていう報告の電話だった。いらん。

ちなみにその夜の若者、数ヶ月後にはまた夜中に出没して
ギターとガラガラ声がやはり数日間続き
懲りずに2時近くまで歌いやがるもんだから再び通報してやりました。
地球はキミを中心に回ってるわけじゃないんだ。
今度は2回目だからね、こっちも学習して、おまわりさんには
「あの、後ほど報告のお電話をいただけるんでしたら
携帯のほうでもよろしいでしょうか」ってちゃんと先手を打ちました。
家の電話は夜中に鳴ると心臓に悪いです。

|

« 爛漫☆ | トップページ | 思い出いっぱいの果たし状 »

コメント

おはよございます~!

あー、本当に鬱陶しいですよね、そういうヤツ。
近所の息子さんは元ヤンで(笑)、当時やっぱり2時3時まで花火やったりカーステがんがん。あまりに近所過ぎて通報も出来ず☆目ぇ突いたろかと何度思ったことか。

若いからって済まされることじゃないですもんねぇ。特にアーティスト気取りの奴はなーんか勘違いしてるし。馬鹿っ!

投稿: | 2007年4月 6日 (金) 08時48分

薫子さん、お久しぶりです。。。
派出所って、そんな感じの対応なんですねぇ。
確かに真夜中の家の電話は響くよねぇ。。。たまに間違い電話とかかかってきた時なんての勘弁して欲しい!
腹が立つより虚しくなるのは僕だけか??

投稿: kamedanji | 2007年4月 6日 (金) 21時44分

>翠さん

そう、夏場は花火やってるぅ(>_<) 彼らは今まさに青春のひと時なんだ…とか思ってなるべく辛抱するんだけど、眠らなくちゃとイライラすると余計寝付けなくなっちゃって。
あー、顔見知りだと困りますねぇ。でもおまわりさんはきっと「○×号室の□△さんから通報がありました」なんて言わないでしょうし、度が過ぎれば粛々と対応しちゃえ~!

>kamedanjiさん

「警察=信頼できる」って図式はもはや単純には当てはまらない昨今ですが、とりあえずうちの近所の交番は大丈夫そうです☆
ただ、おまわりさん相手だと、自分が悪いことしたわけじゃないのになんか緊張してしどろもどろで…。な、名前訊かれるの?みたいな。「時々通報してくる人物リスト」があって載ってたらどうしよう、とか。
夜中の間違い電話! それは本当に勘弁ですね!(>_<)

投稿: 薫子 | 2007年4月 8日 (日) 00時33分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 夜にまつわる小話:

« 爛漫☆ | トップページ | 思い出いっぱいの果たし状 »