« 泥の海 | トップページ | 日本語今昔 »

2007年3月 7日 (水)

小宇宙

ばらくぶりに連絡があった。
一瞬だけ躊躇して、折り返した。

この前はごめんのあとは
他愛ない、とりとめのない話。
装う無邪気。空元気。
私も空元気で
話せてよかったです、と言った。

お風呂場の排水口のドロドロみたいな存在でも
膨らんだり縮こまったりを絶えず繰り返す
宇宙を内包する。
もう無理だと思うのに。
生きていけないと何度も思うのに。
ほんの一押しなのに。

爆発したら
あとには星々が生まれるだろうか。
たとえ誰かが、針で刺されたほどの痛みを
瞬間でも感じてくれたとして
瞬間は瞬間。
日常にはかなわない。

何を願う資格も、ないのだ。

|

« 泥の海 | トップページ | 日本語今昔 »

コメント

 たとえ誰かが、針で刺されたほどの痛みを
 瞬間でも感じてくれたとして
 瞬間は瞬間。
 日常にはかなわない。

う。なんだかなぁ…。
 
 何を願う資格も、ないのだ。

うぅ~。キツイです。願う資格もないかぁ…。

なんかね、桜の花びらの舞うこのデザインがまた切ないね☆

投稿: | 2007年3月 7日 (水) 21時57分

>う。なんだかなぁ…。
>うぅ~。キツイです。願う資格もないかぁ…。

も、申し訳ない! なんか暗くなっちゃって…m(_ _)m
自分に嘘ついて元気なふりしても仕方ないとは思うのですが、昔の上司が「心身の調子が悪いときはあえて鼻歌を歌ったりする」って言ってたのを、とても印象深く覚えてます。外から内側を持ち上げるつもりで、って。
とりあえず、道歩いてるときに密かに実践中♫

投稿: 薫子 | 2007年3月12日 (月) 23時15分

いやん、謝らないで♡←何この口調(笑)

うん、なんかね、自分自身にあてはまる部分があって…好きだった人の事を思い出したりしました☆

ちなみに私は「頑張れ、アタシ!」と声に出すようにしてます。

投稿: | 2007年3月13日 (火) 10時17分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 小宇宙:

« 泥の海 | トップページ | 日本語今昔 »