« 西洋風蝶草 | トップページ | ドゥーッ! »

2006年9月24日 (日)

短命政権?

倍次期首相をなんとなーく雰囲気で応援する一般庶民のひとりとしては
来年の難局らしき参院選などがある為に短命政権で終わるんじゃないか
なんて囁かれてるのが気がかりです。

政治って全然わからないので、今日はあくまで”雰囲気”で。

拉致問題とかさー、対中・対韓・対北のアジア外交とかさー
あとは雇用問題っていうの? 正社員と派遣・バイトの賃金格差問題とか
社会保障制度の不安とか、いろいろやってほしいことが山積み。
できればある程度長く続けて、腰据えて取り組んでほしいなーと思う。
そういう時間を安倍さんにあげたい気がする。
「やってみてほしい」って思う。

小泉さんも当初はすんごい期待感の中で誕生した首相でしたねー。
良い面と悪い面の両方をちょっと極端にもたらした人という印象だけど
それももっと歳月が経ってみないと、何が正しくて何が間違ってたのかが
判明しないと思うし、そこが政治の難しさなのかなぁ。

安倍さんは小泉さんと一緒にやってきた分、そばでいろいろ見てきたはずで
前任者の悪しき面まで単純に踏襲するようなことはしないで
少し違った角度から取り組んでくれるんじゃないでしょうか。
経験の不足は否めないだろうから、周囲にどんなブレーンを配置するのかも
興味ある。

前にTVタックルで誰かが言ってました。
自民は造反組の党復帰を積極的に受け入れないと参院選は厳しいのに
現幹事長の認識が甘い、みたいな。

勝たなきゃ長く政権を続けられない=政策を実行に移せないっていうのは
頭ではよくわかるんだけど、どうしてもそこら辺の”数集め”の作業に
うっすらと嫌悪感を覚えてしまうんです。
私もまだまだ青いッス。
根回しって大事なことだと思うんですけどね。
必ずしも悪いことじゃないのに、なんとなく違和感。
そもそも郵政造反組をそれだけの理由で切る必要があったのかどうかも
よくわかりません。

誰が総理大臣をやるにしても、今ニッポンが抱えている諸問題を全部
任期中にクリアするなんてことはまず無理な話だろうし
どの首相も”成し遂げたこと” ”やり残したこと”の両方があるのは当然。
だからこそ安倍さん、あなたに時間をあげたい!

”壊し屋”小泉さんの後って、先送り懸案は山積みだし
確かにやりにくさも多々あるでしょうけど、作り上げていく意味で
反面すごくやりがいもありそうに思うんですが、さてどうでしょーか。

|

« 西洋風蝶草 | トップページ | ドゥーッ! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 短命政権?:

» 安倍晋三as自民党総裁as総理大臣 [瞬★旬!キーワード〜このヒトだあれ?]
政治家。 母方の祖父は、元首相岸信介、大叔父に元首相佐藤栄作鐔ど磴漏位蛎膺丹打椰限析此� まさに政界のサラブレッド。 このたび、自民党の総裁選で、6割以上の票を勝ち取り圧勝。 ここに安倍政権が誕生した。 [続きを読む]

受信: 2006年9月25日 (月) 10時27分

« 西洋風蝶草 | トップページ | ドゥーッ! »