« 燃えるような | トップページ | 雨に濡れる秋桜 »

2006年9月13日 (水)

悠久の悠

雨のおかげで一段と涼しくなってきましたねー。
うっかり薄着だったせいで、昨夜
も東京は寒いくらいでした。
今朝もすんごく寒い…。

昼間はセミが「夏ももう終わりだ!」って感じでふりしぼって鳴いていて
夜には「さぁ本格的に俺たちの出番だ」と虫の合唱が。
こういう季節の変わり目は風邪ひかないように気をつけなくちゃ。
ストール持ち歩こう、と思ったけどクリーニング屋さんに取りに行ってない。

秋篠宮家の親王さまのお名前が「悠仁(ひさひと)」に決まったそうですね。
いいお名前~♫ 個人的にとっても好きな字なんです、”悠”。

今のところ、我が家に”悠”の字のつく者はいませんが、
もしも自分が将来どこかの誰かと結婚して子供を授かったとしてですね
それが男の子だったら名前に”悠”の字を使いたいなーなんて
ひとり勝手に夢みていた10代の頃。
もちろん実際は未だ見ぬダーリンと相談の上で決めたいと思っております。

国語辞典とか漢和辞典とか引いて、気になる字の意味や成り立ちを調べたり
そんなこと昔やりませんでした? 私だけ?
「男の子ならあんな名前もいいな、女の子だったらこんな名前が素敵。
あーでもこれじゃ冬生まれ限定だなー。逆算して春頃にガンバらないと!」

古い妄想がよみがえった初秋の候。

|

« 燃えるような | トップページ | 雨に濡れる秋桜 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 悠久の悠:

« 燃えるような | トップページ | 雨に濡れる秋桜 »