« 星々の悲しみ | トップページ | 金魚的晩夏 »

2006年8月29日 (火)

禅とライムライト

欲とか所有欲とか禁欲について考える今日この頃。
つい先日も、散財を思いとどまるべく揺れる心情をココで吐露した
その舌の根も乾かぬうちに、誘惑に負けて秋冬素材の帽子を購入。
ええ、買ってしまいましたとも。

ねっとりした残暑の夕暮れ時、ここ数日の個人的懸案が無事済んだ
解放感に包まれながら、心は軽やかに、ヒールの足はダルく
てくてく歩いていたわけです。
そんなとき街角でふと立ち止まった雑貨屋のショーウィンドウに
嗚呼…みつけちゃった♥

なんかねー、帽子と目が合ったってゆーか。ほんと好きなんです。
ごくシンプルなやつ。高価でもないし、何も特別な帽子じゃない。
だけど私にとってはスペシャル、みたいな?

Hat_1

本やCDもできれば買って持っていたいタイプ。
所有欲、強いほうかもしれません。
レンタルも利用するけど、すぐ延滞しちゃうから向いてないと思う。
図書館も地理的にかなり不便で、学生時代の受験勉強以来
使ったことないなー。

あ、でも異性に対する所有欲はそんなに強くないと思います。
むしろ所有されたい、みたいな?
アナタ色に染めて、みたいな?

以前新聞で、世界主要各国の男性の精子の数について調査した
という記事を読んだことがあります。
日本の男性は他国に比べて精子の数が少ないらしいです。
その記事によると、理由として考えられるのは、人種以外では
”禁欲期間が長い為ではないか”って。

…ニッポン男児って禁欲期間が長いの? 妙に気になる。

まーなんにせよ、無欲な悟りの境地には程遠く、感覚で生きてる私。
禅寺へでも通うべきかしら。
ちなみに、チャップリンの映画『ライムライト』の中にはこんなセリフも。

「意味を求めたってはじまらないよ。人生は欲望だ。意味などどうでもいい」

意味とか目的とか欲望とか…。
きっと”正解”は自分の中にあるような気がする。

|

« 星々の悲しみ | トップページ | 金魚的晩夏 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 禅とライムライト:

« 星々の悲しみ | トップページ | 金魚的晩夏 »