« 今日は長いぞー | トップページ | 帽子との関係 »

2006年8月17日 (木)

命懸けの釣り

海侵犯があったのかどうか、段階を経た警告の末の銃撃だったのか、
詳しい事実関係はまだわからない。
ロシア側と日本漁船、双方の言い分も微妙に食い違ってたり。
だから、今の時点でのごく個人的な感想ですが。

かたや魚だかカニだかを釣ってる漁師が銃殺・拿捕されて、
かたや東シナ海域では中国船の明らかな確信犯的領海侵犯行為に
日本は事実上、手をこまねいている状態。
なんスか、この違和感。
このアンバランス。

どっちの対応が国際社会的にスタンダードなの?
それとも、どっちも極端なの?
今度中国が日本領域にチョロチョロ入ってきたら、撃っちゃっていいわけ?
殺っちゃっていいわけ?

対露、対中、対韓、対朝…
それぞれにきっと対策が異なる繊細な問題なんだろうと思うけど、
なんかなー。どうも釈然としない。
素人考えだけど…日本政府の外交がちょっとヌルいような気がしてならない。
ロシアは今件の以前から北方周辺での領海侵犯について
「日本政府に再三警告してきた」って言ってるでしょ?
そういうのを政府はいったいどう受け止めて、
地域の漁師たちにどう指導してきたんだろう。

東シナ海ガス田に至っては、”開発進めちゃったもん勝ち”みたいなことに
なってないだろうか。
べつに私、自分が”タカ派”だとは思わないんだけどなー。
「やっちゃえ、やっちゃえ」なんて物騒なこと言わないけどさー。
今回の漁師は撃たれて怪我したとかじゃないんだもの。
何も殺さなくても…って思います正直。

|

« 今日は長いぞー | トップページ | 帽子との関係 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 命懸けの釣り:

« 今日は長いぞー | トップページ | 帽子との関係 »