« 愛と純潔の朝 | トップページ | 星々の悲しみ »

2006年8月27日 (日)

ファンキーな夜

っきまでBSで久保田利伸20周年のスーパーライブ観てました。

ライブ映像の合間合間に、本人がこれまでの来し方について語ってて
それがとても正直に本音で話してる感じが伝わって
前から好きだったけど、もっと好きになりました。
年下の私が言うのもナンですけどもー、たくさんいろんな経験をして
すごくイイ男になったんだなーと思いました。

個人的には、男性は30代後半~40代前半くらいが一番いいっスね♥
脂がのってる感があって。

懐かしい初期の頃の曲から最近の曲まで
バラードからファンキーナンバーまで
あーおなかいっぱい堪能。ライブ行きたくなっちゃった♫
最後には、客席にいたナイナイの岡村さんがステージに呼ばれて登場して
観客と一緒にみんなで踊ったりして。
すんごく楽しそうでした。

トークの中で、久保田さんがこんなふうなこと言ってたんです。

「”あーコイツ未だにこういうとこ変わってないんだ、変わってねーなー”
って、そういう部分をこれからも持ち続けていきたい」

なんかそれ聞いたら泣けてきちゃって(マジ)。
だってさ…私は自分の未熟なところやアンバランスな面を
なんとか変えたくて、変えなきゃいけないんだと思ってて
っつーか、変わらなきゃこの先ちゃんと生きていけないとすら思っていて
それを彼は”そんなとこもひっくるめた自分でありたい”
って肯定してるわけで。
でもそう思えるようになるには、それまでの半生を
そのときそのとき精一杯生きてこそなわけで。

あーあ、この自己否定の傾向をなんとか変えたいな。
…ってほらね、すぐ「変えたい」とか思うー(T-T)

改革とか向上はいくつになっても大切ですよ。
ただ、それと同時に”足るを知る”というか、現状の恵まれた部分に
目を向けて感謝する心、そんなんもやっぱり絶対必要なんだろうと思う。
それが私はすごく不得意なんだと思うんです。

自分を好きになる努力をする。肯定してやる。
物事は0か100かじゃない。
20できたら、20の分は自分を褒めてやる。
よく手紙とかの最後に「ご自愛ください」って表現を使うけど
まさにそんな感じ。

言うは易しでねぇ。道のりは遥か遠く。
でも久保田さんに「そんなとこもありじゃん」と言ってもらえたような気がして
私も40になる頃にはイイ女になっていたいな、と思った夏の夜でした。

|

« 愛と純潔の朝 | トップページ | 星々の悲しみ »

コメント

初めまして☆私も、久保田のBS放送見ました!自分の変わらないところを褒めるのも大切なことですよね。あとは、仲間をいつも大切にしている久保田も当たり前のことなんだけど、かっこいいなぁなんて思いました。
よかったら私のブログにも遊びに来てみてください☆

投稿: ashuri-kubo | 2006年8月27日 (日) 08時18分

ashuri-kuboさん、はじめまして! コメントありがとうございます♡
そう、あの仲間たちとのいい関係性も見ていて清々しかったですよね。羨ましいくらい。
そして、地道に築き上げた実力に裏打ちされた自信を持って歌ってる姿が、なんともかっこいいなーと思いました。
身近にあーゆーイイ男がいないものかしら…。
そちらのブログにもぜひ遊びに行かせていただきます♫

投稿: 薫子 | 2006年8月27日 (日) 19時51分

こんにちは☆ブログの方来ていただいてありがとうございました。身近にそんな男の人がいたら幸せですよね!
最近、久保田のファンクラブに入って、今日会報が届きました。また、いろんな一面が発見できて嬉しいです☆これからも今までの久保田でいながら、また突き進んで進化していくことを期待しちゃいます。

投稿: ashuri-kubo | 2006年8月28日 (月) 17時35分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ファンキーな夜:

« 愛と純潔の朝 | トップページ | 星々の悲しみ »