« ゲド戦記「テルーの唄」 | トップページ | ブルーからブルーへ »

2006年6月 9日 (金)

暴走箱

レベーターに乗るのがちょっと怖くなってきました。

とりあえず足腰に不自由のない体なら、まだ階段使うなりなんなり
他の手段があるものの、例えば車椅子の人とか年配の方とか
エレベーター使わざるを得ない人には深刻な話です。

米国では100件以上?訴訟をおこされてるらしい
シンドラー社
最近では、乗っていた子供が
前触れもなくいきなり開いたドアから転落、死亡…なんて事例も。

ちょっと、数がねぇ。
多すぎやしませんか。
おまけに管理会社の責任みたいに言ったり、事故調査にも協力的とはいえない
姿勢をみせたり…。うーん。

外で乗るとき、いちいち「○○社製」なんてチェックしないもんなー。
高層階だったら乗らないわけにはいかないし。

原因が解明されて然るべき処置が施されるまでは
ハードめのエクササイズと思って階段頑張るか(ムリ)。

|

« ゲド戦記「テルーの唄」 | トップページ | ブルーからブルーへ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 暴走箱:

« ゲド戦記「テルーの唄」 | トップページ | ブルーからブルーへ »