« 事実は小説よりも奇なり | トップページ | 暴走箱 »

2006年6月 7日 (水)

ゲド戦記「テルーの唄」

CMでも最近耳にする、映画『ゲド戦記』の挿入歌がとてもお気に入り♥
ジブリのHPで予告編を繰り返し観ては、その澄んだ歌声に聴き入っています。

萩原朔太郎の詩「こころ」から着想を得て、宮崎吾朗監督が自ら作詞。
歌は無名の新人・手嶌葵(てしまあおい)。

ただ者でない感じがします。
まだ10代らしいです。ほんとかよー。
なんていうか、スレてないところがすごくいいと思います。

『千と千尋の神隠し』のエンディングテーマも好きでした。
♪呼んでいる~ってやつ。
作品を観終えたラストに流れてくるとやっぱり格別で、胸に染み入った憶えがあります。
だけど今回はなー。まだ公開前だよ?
相当キテますよ。映画観る前から泣きそうだもん。
はぁー、早く観たいなー。

いつか誰かのお嫁さんになって、もしも子供を授かったら
そのときはこの歌を子守唄として歌ってあげたいなーなんて思います。
いや、マジで。

|

« 事実は小説よりも奇なり | トップページ | 暴走箱 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ゲド戦記「テルーの唄」:

» ゲド戦記映画化!! [知らんとよ]
テレビのCMでもおなじみのゲド戦記。 CM中に手嶌さんが歌ってるテルーの唄がかなり気に入って、いつも歌ってます。 [続きを読む]

受信: 2006年6月 7日 (水) 16時11分

« 事実は小説よりも奇なり | トップページ | 暴走箱 »