2008年9月14日 (日)

荒野へ Into The Wild

日観てきました。ショーン・ペン監督の新作 『Into The Wild』。
公開が待ち遠しく、試写会も結構な数応募したにもかかわらず当たらなかった。でも、入れ換え制の劇場では事前に購入したチケットのおかげで、ど真ん中の最高の席で観れました。

(てか、どーでもいいけど公式HPかなり重たいです…)

ワシントンDC郊外の裕福な家庭で育ったクリストファー・マッカンドレスは、大学を優秀な成績で卒業。ロースクールへの進学も決まりかけていた彼は、卒業祝いに新車を買ってやるという両親の提案を頑なに断り、誰にも、仲のよかった妹にさえ行き先も告げずに黙って旅に出る。学費としての貯金を慈善団体に寄付し、身分証、クレジットカードの類にハサミを入れ、中古の愛車ダットサンでひとり揚々と。
アラスカの荒野を目指す、クリスにとって人生最大の、そして結果的には最後の、最期の旅へ  


++++++++

まずですね、これはひとりで観に行ったほうがいいんじゃないかと思います。もちろんお友達、恋人、家族等々、誰かと一緒でもいいけどさ、なんかやっぱり存分に入り込んで観たい感じの作品じゃない? いかにも。

始まって比較的すぐ、Trailerでも流れていた、美しい大自然を前にクリスが感激して目を潤ませるシーンでこっちもウルッときて、それからしばらくは普通に観ていたのですが、やっぱ知らず知らずに入っていってたんでしょうねー。後半になったらなんだか壊れちゃった蛇口みたいに涙がほろほろと止まらなくなりました。

結末はわかっているのに、クリスは死んでしまうことがわかっているのに、「死なないでほしい」と思いました。「いなくなるのは寂しい」と。「なんとか生き延びてほしい」と。「また会いたい」のだと。 "I miss you. I missing you." と。

主演のエミール・ハーシュは今後ますます楽しみな役者さんですねー♥ いい表情してました。青空のような清々しい若さと悲しみ。聡明で繊細な、それゆえの苦悩。そして個人的に私もとても共感したのですが、自分のルーツである両親の不仲や欺瞞は、子供にとって自身の根幹を揺るがしかねない、時には何歳になっても乗り越えることができるとは思えないほどの大きな大きな苦しみであるという、その、なんとゆーかそういうところです。愛されながらも、愛することができない。打ち解けながらも、奥底まで受け入れることができない、とかそういうところ。

唯一のゴールは 「ゆるす」ことだと、たぶんクリスくらい頭のいい人だったら、たとえ旅に出ていなかったとしてもじきに知ったんじゃないかと思う。でもそれは 「頭で」。植木等さんですよ。わかっちゃいるけどって。
いわゆる理性で知るのではなく 「カラダで」実感する生を、自分の存在を、クリスの言うところの 「真理」を、アラスカ行きはそれを得るための大切な旅だったのだと、観ていてなんとなく感じました。そしてついに、求めていたその凝縮したひとしずくのエッセンスを、彼は命と引き換えに知り得たのだと感じました。それはきっと涙みたいなものかもしれない。そんなふうにも思った。

なぜアラスカなのかとか、無謀すぎる、愚かだとか、批判はたくさんあると思う。実際愚かだもの。無茶すぎるし。だけど…。
当時全米がクリスの死に関心を寄せたように、とにかくそそられる。惹きつけられる。無下に 「ただの阿呆だ」とは切り捨てられない何かが。どうしてだろう。自分探しの旅へ出かけたイラクで殺されてしまった日本人のニュースのときにも少し感じたけど、それ以上に強烈に。いったい何の違いだろうこれは?
死因。餓死と殺害。あとは場所。かたやアラスカの大自然の中、かたや殺伐とした情勢下のイラク。それにあの日本人の青年のときはあまりにリアルタイムすぎて、「そそられる」なんて不謹慎なことはとても口にできない雰囲気だった。最悪の結果になってしまう前から、ひたすら自己責任、自己責任の声。青年の無謀さに対する露骨な不快感と、下手すれば嘲笑の向きさえあった。なんなんだろう。国民性の違いだろうか。こんなこともちょっと考えさせられました。


エミール・ハーシュはラストシーンに向けて20kg近くも減量したそうです。その甲斐あったと思うよ。よかったよ、とっても。

ジョン・クラカワーの原作 『荒野へ』は未読ですが、ぜひ手にとってみたい。あのロンじいさんのその後とか、ヒッピーカップルのその後とか気になる。トレイシーはたぶん私と同年代です。みんな今も元気なのかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月 9日 (月)

取り返しのつかないこと

をもつ気なんて1ミリもない。まさしく言語道断だと思う。被害者には何の落ち度もない。

事前に凶器を用意して車を借りて、わざわざ時間をかけて日曜の東京の、人出の多い街を選んで出てきて、自分以外の人生の背景や歴史や、未来の可能性を何もかも無視して、人を殺したんだ。

マスコミの煽りに乗らないようにしなくちゃ、まんまと乗せられないようにしなくちゃと強く思いつつも、こんな大事件がたとえば3日にいっぺんとかの頻度であってたまるかと思いつつも、それでもやっぱり、下手すると 「ニッポンは終末に向かっているんじゃないか」的な暗澹たる気持ちにとりつかれる。


町村長官の言うようなナイフ所持の取り締まりを強化するのも結構だけど、それを強化しただけで終わっちゃいそうなのがなんか怖い。冗談じゃないよ。根っこにはびこる暗闇を見て見ぬ振りして、表面的な対策だけ講じてもこの手の暴発は防げない。政治家が、行政こそが必要な手を打たないと、市井の人々レベルでいったい何をどうやって気をつければいいっていうのか。周囲の人間はみんな敵だと思えって? もう誰も信じるなって?

犯人は凶行の直前までの経過を携帯サイトに書き込んでいたというニュースを見て、その独り言のような書き込みを読んで、絶対どこかで思いとどまりたかったんだって感じた。もしかしたらそれは当の本人も自覚していないかもしれないけど。自分の恐ろしい決心を着実に実行に移していこうとする冷めた落ち着きの向こう側に、「戻れるものなら戻りたい」とでもいうような、「こんなこと本当はやりたくてやるわけじゃない」とでもいうような、人間としてごく当たり前の、その残るかけらがまだあの書き込みの時点では微かに垣間見えた。少なくとも私にはそう思えた。

だけど、もう何もかも取り返しがつかない。
自殺も、他殺も、絶対に取り返しはつかない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月12日 (水)

眠りにまつわるあれこれ

ッズ対ACミラン、楽しみですねー☆
いいんですいいんです、けちょんけちょんに負けたって。練習試合ではなく、本気と書いてマジと読む試合でいったいどんだけの力の差があるのか、身をもってそれを味わうのはニッポンのサッカー界のこれからにとってすごく大きな意味があるんじゃないかと思うのです。

ところで、今日まで 『ほぼ日刊イトイ新聞(ほぼ日)』で連載されていたコラムを毎回楽しみに読んでいました。
ほぼ日の睡眠論 <ねむりと記憶。>ってやつ。
あまり眠れないことが日々の悩みのひとつで、少なからず悩んでいる身としては、とても興味深いテーマ。海馬の研究者・池谷博士
と糸井さんの対談コラムです。

やっぱねー、生き物は寝ないでいると死んじゃうんだ、とか、深い眠り、すなわちノンレム睡眠のときに脳は記憶の圧縮をする、とか、寝ずに勉強したグループとたっぷり眠ったグループとでは、テスト結果が後者のほうがよかった、とか、どこかで見聞きして頭では知っていたことも、改めて専門家の口からわかりやすく語ってもらえるのは非常にためになる。なるほど。
やっぱり徹夜のお勉強はよくないわけですよ。

そして個人的に目からウロコだったのが、もしも眠れなくても、最悪、部屋を暗くして情報を遮断した状態でジーッと過ごせば、こと”記憶”という機能にスポットをあてた脳的な意味では睡眠をとったのと同じ効果が得られる、という話。そーなんだ!
まぁただこの先生も言っているように、それは”記憶”という側面に限った話のようですが。

そう、眠れない時間って何もしないで何も考えないでいることができない。人にもよるだろうけど、私は怖い想像、悪い想像が止められなくて苦しいし、脳も体もちっとも休まらないまま空が白んでいくあの焦り。眠れていないから当然、昼間の作業効率は明らかに悪いし、断続的な睡魔には襲われるし、とにかく現実的に困る。

連載コラムがすごく面白かったので、この池谷さんの著作を読んでみたくて早速 amazonさんで注文。
いつもノンフィクションのこれ系の本はお風呂で読みます☆

今回の<ねむりと記憶。>のひとつ前のコラムでは、味の素(株)でアミノ酸と睡眠に関する研究を行なっている人が登場。
「ねむり」に満足してますか?> こっちも面白かったです。
グリシンというアミノ酸の一種が、質の良い眠りに効果的という話。ちょっと前からいろんなメディアで見聞きして興味があったんだけど、味の素から発売されている 「グリナ」っていう粉末サプリみたいなのが、これがエラい高いんだよなー。とても続けられっこない価格。

ってことでほかのメーカーから出てないのかと調べたらあるのね、あった。楽天で安く買えるみたいだから、試してみようかなと思っています。

だって眠剤を飲まずに済むなら、なるべくそのほうがいいもんねぇ。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2007年12月 6日 (木)

東京

風に手指をかばう
待つとも待たないともいえぬ朝まだき
冷え切った空気が
空高くから透明に降りて
ちいさな公園の
遊具に残る最後のぬくもりを絶やす
ほぅ、と湿った息を吐く


団地の側面上部に凍える
番地表記の数字を
低い陽射しがゆっくり
ゆっくりと撫でる
融かしていく
暖色の白
どこかで鳥はみつめる


ゆうべりんごをむいたら
蜜がたっぷりだったよ
毎晩 死んで
毎朝 生きる
とても正しいと思う
そんなことも たしかに
あった気がする


滲ませてしまおう ラインなど
いくつもの
忘れられないものごとで
この体はできている
眠れない夜のあいだに
凝り固まった背中を
眼から
耳から ゆるめて


冷たく真新しい空気は
胸の途中までしか吸えず
血のかよわない指先までは届かない
遠く かすかに電車の音が聴こえる
額やこめかみで
脈打ちつづける記憶
早朝の陽射しをあびて
黄金色に輝く木々の
どこかで鳥がさえずり
わたしは暖かく湿った息を吐いて
忘れていたものごとを
ほんのすこし 思い出す


そういうふうにできている
たぶん
それでもいいのだと思う


Kibana_cosmos
Cosmos

++++++++

8月に撮った黄花秋桜(きばなこすもす)と、10月に撮った秋桜。
cosmosはギリシャ語で 「秩序、飾り、美しい」という意味だそうで、星が綺麗に揃う宇宙を、花びらが整然と並ぶこの花を、ともにcosmosと☆

黄花のほうも可愛らしいなぁ。ほかに橙色や朱赤色もあるとか。普通の秋桜のほうも、色味は濃い紅色から淡い黄色までさまざま。チョコレート色でしかもチョコレートの香りがする、その名も”チョコレートコスモス”なんて種類もあるそうです。嗅いでみたい…。

花言葉は「繊細な愛(黄花)、美麗、調和、愛情、乙女の純潔、真心」。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月27日 (火)

『点と線』第二夜

やぁ、しかし見応えあったなぁ… (・・*)。。oO(回想中)
端役までをも実力俳優が演じていて、ちょっとこれ配役ミスでしょ的なのがほとんど見受けられない。

安田の妻・亮子役の夏川結衣さん、よかったなー♥ 病床に訪れた鳥飼刑事から詰め寄られるシーンのあの表情。おそらく寸分違わず当たっている推理を聞かされるうちに、みるみる目が潤んで、今にもこぼれそうな涙は最後までこぼさず、鳥飼さんの視線から目をそらさず、すべて最愛の夫の為。
ありゃあイイ女でっせ。極上でっせ☆
鳥飼さんじゃなくても 「綺麗だ」って思う。

政治の裏の闇の構図なんて元来興味ないほうなんですが、例えば捜査当局の手が迫っている政治家の秘書が突然自殺したりとか、そういうのフィクションじゃなく実際過去にもあったことだもんね。
東京オリンピック前、昭和30年代という時代も知らないし、ましてや戦争も経験していないからわからないけど、戦時中に上官と部下の関係だった原大臣(江守徹)と安田(柳葉敏郎)の固い絆というか忠誠心というか、「先生にご迷惑はおかけしません」と。最期まで真相を語らず、言葉どおり墓場まで持っていく。
上司を守る為、なんだろうか。命令だから、なんだろうか。
自分を守る為、なんだろうか。
組織は決して下々の者を守らず、最終的には自殺に追い込まれるか、自殺と見せかけて殺されるかして切り捨てられる。時代は変われど、人間はいつまでも愚かなまま、歴史は繰り返すっていうことでしょうか。

あと一歩のところで、何もかもを知る被疑者を死なせてしまった捜査員の痛恨と怒りは、どこに向くでもなく、それぞれ自分自身と、自分の属する組織自体に向いていて、だけどラスト、警視庁から博多の鳥飼家まで報告に訪れた三原刑事(高橋克典)に、目の前で土下座して詫びるその彼に対して、彼が悪いわけではないと知りながらも、溢れ出る腹立ちをぶつけずにはいられない心境。
父のその怒りをそばで聞きながら、捜査の詳細などわかりもしないのにとにかくなぜか涙が出てくる娘役の内山理名さんもよかった。すごく。
三原刑事に少し惹かれてたのにね。叶わなかったね。

捜査の過程で鳥飼さんが、最愛の亡き奥さんの手作りの帽子を失くしてしまったことが悲しかったです。いつもかぶってたのに。
鳥飼さんが悲しんでいるのが、私も悲しかったよ(>_<)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月25日 (日)

『点と線』第一夜

ャスティングが決まった頃から、もう放送が楽しみで楽しみで…♥
ビートたけし×松本清張 『点と線』第一夜。待ってました!
近年、テレビ朝日の単発ドラマにさりげなく良質な作品が多いと感じるのは私だけでしょうか。

原作は結構な長編だし、細やかに丁寧に描こうと思ったらそりゃ2時間程度じゃ収まりきらないですよね…。かなーり前に人に借りて読んだ覚えがあるけど、手元にない。

それにしてもまぁ豪華な顔ぶれ! 脇役のなんと芸達者揃いなことか! 橋爪さんとか大好きだよ! 市原さんとかやっぱりスゴイ引き込まれる。すぐ死んじゃう役の大浦龍宇一さんは、実は学生時代好きだった人に似てるし (何
内山理名ちゃんも演技上手だしねー☆ 安心して見ていられる。

たけし演じる鳥飼刑事の 「悪い人捕まえて給料もらってるんだろうが…!」みたいな台詞がありましたけど、基本なんですよねこれが。初心。
たぶんどんな仕事にもそういう”基本”みたいなところが必ずあって、入社したてとか始めたての頃はもちろん胸に抱いているんだけど、それなりに長くなってくると、徐々にいろんな葛藤とか余計なしがらみが増えていき、胸の温度はいつしか下がってしまう。

汚いものは半端なく汚い世の中において、それをはねのけて、かわして、時にはひっかぶりながらも、染まることなく生きていきたいとすごく思うけど、やっぱりそれは本当に簡単なことではなくて、だから定年間際までそれを維持し続けてきた鳥飼さんの純粋さがまぶしいのです。
地味だけど尊い。普通で、だからこそ尊い。

ちょっと違うかもしれないけど、例えば人間関係などでも 「なんかなー、なんであたしこんなことで悩んでるんだろー」みたいな、「こんなことで思い煩うことなくただ仕事に集中したいのに」みたいな
そう思うことがなきにしもあらず。じゃあ、いっそ機械相手の職場とか選べばいいじゃん?って話なんですが、それがねぇ…(-_-)
自分で思うに、煩わしいんだけどぉ、でもどこか人間が好きなんですね。だってもちろん、どれもこれも鬱陶しい人間関係ばかりじゃないもの。救われるような気持ちになることだって多々ある。
…な~んてことをあの台詞から考えたりしました。

いわゆる達者な演技ではない、地味で不器用なごく普通の人が普通にしゃべってる、みたいなたけしの演技が、過剰ではなく心地いい。
映画 『Dolls』に出演した菅野美穂さんは、撮影当時たけし監督から 「演技しないで」みたいなことを指示されて悩んだ、っていう話を何かで読んだことがあります。「演じようとしないで」みたいな。
当時既に若手演技派として評価の高かった女優さんに演じるなと指導する、その興味深さとゆーかなんとゆーか。考え方にものすごく共感する反面、もし自分が役者の側だったらと思うと、そりゃあ難しい注文だっただろうなぁ…と。

とにかくとにかく、第二夜の放送が楽しみです♫

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年11月16日 (金)

がんばって…!

シム監督、助かってほしい。一命をとりとめてほしい。どうかどうか。回復を祈っています。

Ageratum

アゲラタム。別名”郭公薊(かっこうあざみ)”。撮影は8月です。

暮れ始めた時間帯に写したので、ちょっと色味が実際と違うかも。明るいラベンダー色でした。色は白、ピンク、濃紫などもあるみたい。小さい花がふわふわっと。
別名は、葉が郭公に、花が薊に似ているからだそうです。

花言葉は「楽しい日々、幸せを得る、信頼」。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年11月11日 (日)

紫雲

こしの未来から
この腕の中へ
孕みきれずに通り抜ける風
逡巡の末に口をついた言葉は
よるべなく
冷えた石畳へ滲み込んでいく
たった十五センチの命


声が 風にのるのは
あとすこし
空気が澄んでからのこと
知らぬ間にしなやかに射抜かれた
僅かな胸の血で木の葉は紅く染まり
一枚ずつ色づいて
それもまた
ひらひら、と風に舞う

そのいさぎよさが欲しい


ふたりになる
ことで
いつしか色彩を帯びはじめた孤独
一秒とて同じ色はない
日暮れの空の低いところに
飲み込んだため息のような
うすい半月が
放たれて


はるか遠く あるいは近く
紫にたゆたう雲
その下に降る雨は
永らえた なけなしの冷静に似て
視界の隅に 執拗に馴れ親しみ
見送りつづけてきた時間の発露


とても静かな
とどまる景色のはずれで

濃縮されたしずくが滴り落ちる

草木の、アスファルトの、灯りの、その気配の、


燃え残る夕日に透けた
ちぎれた胸の
今はない輪郭を見ている
流れてしまった半身のわたし
浮かび上がるもう片方の影が
いずれ降りつもる宵闇にとけて
思うだけは自在でいさせて、と
ただそれだけを
口にする間さえもたないとしても



Torenia4
Torenia3
Torenia2
Torenia5

++++++++

あー、気がつけば今年も残すところ1ヶ月半 (゚o゚☆) ナント! あんまり体調もすぐれず、ぼちぼちいくしかないようです。
べつにね、いーんだよね、大富豪になりたいわけじゃなし。人に崇められるような名誉を特に得たいわけでもなし。

8月に撮影したトレニア。別名は”夏菫(なつすみれ)”とか”花瓜草(はなうりくさ)”。可愛い花。去年も今年も何枚も撮っちゃいました。
花言葉は「温和、可憐、愛嬌」。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月24日 (月)

暑さ寒さも彼岸まで

いぶ涼しく過ごしやすい気温になってきました。朝晩は特に。ということで早速風邪気味です。ノドやられたー(>_<) けど梨が旨い♫ 今日も午後はちょっと蒸したけど、ときどき降る雨ですぐに解消。いよいよセミの声が終わり、徐々に虫の音のほうが勝ってくる頃ですね。

さて、今日は千日紅(せんにちこう)を。

長い時期咲き続けることと、長く色褪せない為によくドライフラワーで使われることがその名の由来とか。
別名”ゴンフレナ”。色は白、薄桃、紫、朱など。”ストロベリー・フィールド”なんていう可愛い名前の園芸種もあるそうです。そういえばイチゴっぽい♥

花言葉は「不屈、不朽、変わらぬ愛、終わりのない友情」。

Sennichiko

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007年9月22日 (土)

更正と刑罰

れでもしも、もしも結果”無期懲役”なんかになってしまったら、本村さんやお義母さんでなくても、ニッポンの司法や社会正義への不信が、また一気に増大することになると思う。

…なんつって、ちょっと大きなこと言ってみた。この事件に限ったことじゃないとは思うんですが。
(以前書いた記事はコチラ

被告の元少年側のこんなデタラメな主張や弁護方針が、まさか通るわけがないと信じているけど、本当に本当に大丈夫だよね…?とか思う気持ちもなきにしもあらず。一抹の不安というか。

だいたいですね、 「ナメないでください」なんて台詞どっから出てくんの…。人ふたり殺しておいてよくもまあそんな口がきけるもんだよ。
加えて、審理が終わった後の弁護団の会見…。なんだあれ?(>_<) TVで見ていてどうにも違和感。どうにも
不快。橋下弁護士に言いたいことがあるなら、どうぞ直接言ってくださいよ。

現行の少年法の”更正を目指す”という方針は、それはそれでいいんじゃないかと個人的には思うんですけど、だけど真に更正させる為には、自身の犯した罪の重大さと取り返しのつかなさを、まず被告に認識させることが絶対欠かすことのできないプロセスだろうし、そこがないと心からの後悔や反省という、最低限の人間らしい感情にはとても至らないし、まずそこまでに至らなければ、いくら口で償いますとか言っても、いったい何をどう償うのって話で。

そこに至らせる為のプロセスは、何も結審を待って刑務所だか少年院だかに移ってから始まるプロセスというわけではなく、事件後すぐにでも始まるはずだし、
裁判の過程で被告と最も接する機会のある弁護側が担うべき、大きな責務のひとつじゃないかと。
現時点で元少年は、そのプロセスを充分に経てきているとは思えない。全然足りない。全く足りていない。
人を殺すってことの絶対的な深刻さを、認識できているとは思えない。

前の弁護団はきっとこのプロセスでつまづいちゃって無理だったのかな…。新しい今の弁護団は、プロセス自体をないがしろにしてるし。

あと、人を殺めるに至った元少年のゆがみとかねじれをひも解いて、方向を是正する”更正”とは別に、犯した罪相応の”罰”は必要だと思う。別にというか、同時に。平行して。ここが現法の不十分なところだと思うんです…。
未成年は成人に比べて善悪などの判断が未熟であるからして、必要なのは刑罰よりも更正させることであるぅ?

…大きな不満点であります。甚だ疑問。

更正も大事だけど、それと刑罰とは相殺されるものではないと思う。求められるのは更正だけじゃないでしょ、どっちかの問題じゃないでしょ、と。むしろ未熟なら逆に成人より長い期間をかけて、より丁寧に事にあたる必要があるんじゃないの?と。更正がうまくいった後に刑罰でもいいんじゃないの?とまで思う。

極刑を免れないような大罪を犯してしまったのなら、平行してそのふたつを進めることができないという、結果として形が”更正<刑罰”になるのは、現状ではやむを得ないことなんだろうけど。

自分がもしも遺族だったら、というのを想像するのは本当に難しいけど、被告には、自身が犯した罪の重さに押し潰されて苦しんで苦しんで、苦しんで苦しんで苦しんで、心身に凄まじい変調を来たして、最終的な発狂の寸前で処刑されてほしいと思う。
殺されることの恐怖を味わい尽くして死んでいってほしいと思う。
自身の生育環境を呪ってもいい。親を呪っても構わない。そんなのはこっちにはまったく関係ない。

きみの事情は
殺された人間や我々には
露ほども関係ない。
「生きて償いたい」
「本村さんは本当のぼくを見ていない」
「いつか誤解がとけるように」って言うけど
厳然たる結果を見なよ。
自分のしたことの顛末を知りなよ。
自分自身のことを誤解しているのは
自分の中に確かにある一面を
「これは本当のぼくじゃない」って思おうとしているのは
きみのほうだ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

«主演オーランド・ブルーム♡